電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

(魔法師の)国際評価基準


日本?をはじめとする多くの国で適用されている、魔法師管理のための評価基準。
世界から集められた学者が、手間と時間を十分にかけ、知恵を絞って作り上げた。

A〜Eの5段階の区分があり、魔法式構築・実行速度規模干渉力で評価され、想子保有量?多変数化などは評価されない。

魔法師が受ける仕事の難度に応じて必要とされるライセンスが指定されており、高ランクのライセンスを持つ魔法師ほど高い報酬を受けることができる。

(出典:1巻189P,5巻8・336P)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます