電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

エイドス・スキン


魔法師が無意識に展開している、他者の魔法から自分の身体を守る『情報強化』の防壁。

魔法師が他の魔法師に魔法を作用させることは一般に難しく、これは魔法師がエイドス・スキンによって守られているためである。


ケース・スタディ
  • 分解』以外の魔法では干渉力が弱い達也は、将輝スターダストの隊員らのエイドス・スキンによって魔法を防がれている。
  • エイドス・スキンの壁を越えて人体に魔法を作用させる将輝の『爆裂』や、光宣?が行使した他人の体内電流に干渉する放出系魔法の難度は高いと言える。
  • 達也の『トライデント』は直接人体を『分解』しているわけではなく、対象のエイドス・スキンを『分解』したのちに人体を『分解』している。
  • 魔法師は、幻影体による偽りの攻撃(催眠術と同じ理屈の攻撃)をエイドス・スキンによって無効化することができるが、エイドス・スキンを持たない非魔法師はそのダメージをそのまま被ってしまう。
  • 横浜事変当時、将輝は敵全員に『叫喚地獄』を行使し、エイドス・スキンによって『叫喚地獄』に耐えた敵の幻術使いを特定した。
  • 達也の『再成』は、エイドス・スキンを突破して人体を復元することができる。

(出典:4巻306・418〜423P,7巻235・246P,8巻172P,14巻187P)


   

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます