電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

キャスト・ジャミング


データ



無意味な想子波を大量に散布し、魔法式エイドスに働きかけるプロセスを阻害するノイズを放つ無系統魔法
このノイズは四系統八種全ての魔法を妨害することができるもので、「アンティナイト」という特殊な鉱石に想子を流し込むことで作り出される。


このノイズについては、魔法師が自身の演算によって同様のものを作り出すことも理論上は可能とされているが、『キャスト・ジャミング』の影響下では自身の魔法発動が阻害されてしまう。
それゆえ、魔法師本人の意識がノイズを構成しようとしても、無意識下では本能的にそれを拒否するため、実行は事実上困難であり、『キャスト・ジャミング』の行使にはアンティナイトが必須となる。
『キャスト・ジャミング』は魔法を無効化するという点で、また魔法師でなくても使えるという点で、魔法に大きく依存している国防・治安において脅威となり得るものだが、アンティナイトは産出量が少なく、また軍事物資でもあり民間には流通していないため、現実的な脅威とはなっていない。


また『キャスト・ジャミング』のノイズは、本来は魔法師にダメージを与えるものではないが、想子感受性が高い魔法師に対しては、ノイズによって吐き気や目眩を引き起こす。

また、このノイズは魔法式の作用経路を塞ぐものだが、作用経路は発動対象だけでなく、発動している魔法師無意識領域に存在する魔法演算領域にもつながっており、魔法を発動する瞬間は経路が開いているため、特別に想子感受性が高くなくても魔法発動中は影響が避けられない。

(出典:2巻27・28・34P,8巻167〜169P,9巻141P,19巻28〜33・37・39・40P)



管理人考察



(出典:)


           

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます