電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

バトル・ボード


九校戦の競技種目のひとつ。通称「波乗り」。

長さ165cm、幅51cmの紡錘形ボードに乗って人工水路を走破する競技で、その着順を競う。
水路に統一規格は無く、九校戦では全長3kmの水路を3周するコースが指定されている。
元々は海軍の魔法師訓練用に考案された。

九校戦会場には、男女別にコースが1本ずつ作られているが、男女で難易度に差は無い。
1レースの平均所要時間は15分で、最大速度は30ノット超(55〜60km/h)に達する。非常に強い向かい風を受けるため、選手は相当な体力を消耗する。
選手の体やボードに対する攻撃は禁止されているが、魔法で水面に干渉することは禁じられていない。
ボードの上げ下ろしや水路の点検、魔法で損傷した個所の修復などに時間を要するため、1時間に1レースのスケジュールで試合が組まれている。

本戦と新人戦が行われ、新人戦のポイントは本戦の半分となる。
新人戦は、94年度までは男女の区別がなかったが、95年度は男女別々に行われた。


94年度本戦女子では、渡辺摩利黒木理沙三高)が優勝を争った。

95年度は、本戦では、男子は三高選手が優勝、服部刑部少丞範蔵が準優勝した。3位・4位は記述されていない。
女子は三高選手が優勝、九高選手が準優勝し、小早川景子が3位に、二高選手が4位に入賞した。また、無頭竜?の工作により、準決勝第2レースで渡辺摩利黒木理沙三高)が試合中に事故に遭い、それぞれ棄権と失格に追い込まれた。
新人戦では、男子は優勝・準優勝・3位・4位について記述されていない。
女子は光井ほのかが優勝した。準優勝・3位・4位は記述されていない。

96年度は競技種目変更により実施されなかった。


95年度ルール


(出典:3巻16・37・39・317・318・407・409・414・429P,4巻69・150P,アニメ12話)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます