電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

かるらえん
迦楼羅炎


データ



情報体に外的なダメージを与えることを目的とした、「炎」の独立情報体?による対妖魔術式?


ミカエラ?から飛び出したパラサイトに対して幹比古が行使した際、達也は『精霊の眼』で、「燃焼」の概念を持ちつつも「何かを燃やす現象」として具現化せず、現象と切り離された情報体として投射された魔法式パラサイトにダメージを与えるものとして、この術を知覚した。


通常の精霊魔法と異なる点は、物質次元に現象として具現化するのではなく、非物質次元(イデア)に情報として具現化する点にある。
魔法理論?の土台を成す「現象には情報が伴い、現象に伴う情報は情報の次元に記録される」というシステムを利用して、現象に伴う情報のみを発生させることで物質次元に干渉せず情報次元だけに干渉するもので、現実の世界では生じていない「燃焼」が、情報次元では「そこにあるものが燃える」という情報の書き換えを引き起こしている。

(出典:10巻114〜116P,11巻299・300P)


      

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます