電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

吉田家


古式魔法の名門の一族。
宗教法人ではなく、魔法の修行道場(私塾)である。


精霊魔法」に分類される系統外魔法を伝承する古い家系?で、伝統的な修行方法を受け継いでいる。
正統的な宗教から足を踏み外し、伝統的な宗教者からは「邪教の徒」と誹られることがある。

自然現象の化身たる精霊?の最上位に竜神?を置いており、他の精霊?を使役する術、大規模精霊(神霊)に干渉する術は全て、最上位精霊たる神・竜神?へ至る術法の足がかりと捉えている。


祖先は雨乞いの祈祷師だったと伝えられており、その子孫たちは旱魃に対抗する術を模索し続け、旱魃の克服には結局水を呼ぶ必要があるという結論に至った。

水を常に湛えている場所を探し、海から呼べるはずだと考えた。
そこで、海の化身・海神そのものである竜、つまり竜神?こそが降雨の理そのものだと悟り、竜神?を御する術を求め、全国各地を回って竜に関わる社を訪ねた。
やがて、竜神?へ至る術法を見出すことそのものが目的となり、その結果として「古式魔法の名門」と呼ばれる名家となった。



毎年旧暦7月7日の夜に「星降ろしの儀?」という重要な儀式を行っている。
かつてはこの儀式で最も優れた技を示した者が家督継承者に選ばれていたが、そのせいで儀式が血生臭いものになってしまった時期があり、そのため現在では原則として長男が当主を相続すると定められている。

ただし、弟や従兄が長男より格段に優れた技を示し続けた場合は、その者に継承権を譲るのが長男の徳とされる不文律もある。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます