電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

よつば・げんぞう
四葉元造



基本データ



四葉家の初代当主。故人。
リーダーとして立ち上がって一族を率い、四葉家としての形を作り上げた人物。
管理人推測:おそらく第四研の支配から独立した。(12巻290P,16巻112P)

深夜真夜の父親で、英作夢女元輔の兄、黒羽家?先代当主・重蔵の義兄。
達也らにとっての曾祖父世代の長女・彩夢の長男。
達也深雪の祖父で、英嗣?陽人?の伯父、亜夜子文弥の大伯父にあたる。

生年は不明だが、津久葉家?の前当主・彩歌の10歳年上の従兄である。

真夜大漢拉致事件?の復讐として、大漢および崑崙方院への攻撃(大漢復讐戦?)を決定。
復讐戦開始から半年後、自ら崑崙方院本部に乗り込み、崑崙方院の総院長や大漢政府の軍務長官を含めた多数を暗殺した。
その際、魔法の過剰行使?により死亡した。

元造の死後、四葉家当主は弟の英作に引き継がれた。

(出典:8巻265・272・273・279・283〜285P,16巻2・112P,21巻88P,)



外見・雰囲気

性格

  • 娘たちや一族の者を愛していた。
  • 魔法師は兵器であっても奴隷ではない、という考えを持っている。
(出典:8巻268・271〜273・279・282・285P,)

魔法技能

(出典:16巻74P,)

人間関係

家族関係

達也・深雪

スキル(魔法・魔法技術・体術など)

No.名称分類1分類2分類3分類4事象現象タグ登場巻
526死神の刃〈グリム・リーパー〉魔法現代魔法系統外精神干渉系暗示認識操作8巻279・283〜285P
10巻158・159P

略歴

時期不明

2049年度

2062年

年表

時期不明

2049年度

2062年

登場ページ

8巻44・265〜273・279・281〜285P
10巻139・158P
13巻196P
14巻81・82P
16巻2・74・112・189P
17巻199P
21巻88P

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます