電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

さえぐさ・こういち
七草弘一


十師族七草家の現当主で、『八重唱〈オクテット〉』を操る魔法師
真由美香澄泉美の父親で、真夜のかつての婚約者。
2048年生まれ(47年度もしくは48年度生まれ)。
片目が義眼で、常にサングラスをかけている。


2062年、14歳のときに真夜大漢拉致事件?に遭遇し、抵抗した結果、右眼を喪った。
救出された真夜が生殖能力を喪失していたため、婚約を解消した。
10代のころは「眼帯の少年魔法師?」という異名をとった。


真夜および四葉家に並々ならぬ執着を見せており、常に何らかの陰謀を巡らせている。

真由美には「狸親父」として嫌われているが、香澄泉美には嫌われてはいないらしい。




【以下確認中・編集中、推測含む】
  • 弘一が情報部?に割り込みをかけたことを知った真夜七草家に対する態度を硬化。
    弘一に探りを入れさせないため、11月6日、達也風間に当面接触を控えるよう通達する。

  • 一方で、弘一は達也四葉家の間にある情報を引き出すために監視と揺さぶりを続けている。
    • 2096年2月、達也の監視および護衛として修次を派遣させ、また配下に達也スターズの戦闘を監視させる。
    • 2096年2月、達也たちとパラサイトの戦闘に介入して達也を捕縛しようとする。
    • 真夜への執着から、四葉家が関心を見せているパラサイトを奪取したりする。
    • 2096年4月、達也国防軍?の癒着をリークすることで達也の行動に制限をかけ、四葉家の力を削ごうというプランを実行に移そうとするが、達也恒星炉公開実験?により失敗に終わる。

  • とコンタクトをとって反魔法師運動?の火消しを図ろうとした。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます