電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

人造魔法師実験


魔法師ではない人間の意識領域?に、人工の魔法演算領域を植え付けて魔法師の能力を与える実験。
四葉家当主・四葉真夜?によって計画され、当時6歳の達也を被検体として、達也の母・司波深夜の固有魔法『精神構造干渉魔法』によって実行された。

達也の場合は、意識領域?内で最も強い想念を生み出す「強い情動?を司る部分」をフォーマットして、魔法演算を行うエミュレータを植え付けられた。
その結果、達也は強い怒りや深い悲しみ、激しい嫉妬、怨恨、憎悪、過剰な食欲、行き過ぎた性欲、盲目の恋愛感情といった「我を忘れるような衝動」を、兄妹愛を除いて喪失した。
また、人工魔法演算領域の性能は先天的な魔法演算領域の性能に著しく劣っており、『分解』と『再成』以外では辛うじて弱い魔法が使える程度になった。

(出典:3巻155P,8巻196〜198P)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます