電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

精神構造干渉魔法


データ



人の精神構造を作り替える、深夜の固有魔法。

被術者が高齢であるほど副作用が強い一方で、自我の形成が未発達な子供には副作用はあまり見られず、魔法の定着度合いも強い。
その原因について、自我が精神構造に対する干渉を拒むため、と深夜は解釈している。

達也出生前、四葉の一族の者たちは、胎児に対してならば、いくらでも精神の在り方を変え、精神の力を生まれつき強大なものとできるのではないか、と考えていた。


大漢拉致事件?後に真夜の記憶を造り変える際や、達也人造魔法師実験達也魔法演算領域深雪魔法力制御を受け入れるためのバックドアを造る際などに行使された。

(出典:3巻155P,8巻269・270・273〜278P,16巻193P)


        

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます