電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

担任制度


21世紀末の日本?において、大半の高校では担任制度はとられていない。
これは情報端末が充実した結果である。
学内ネットに接続している学校用の情報端末が生徒1人に1台ずつ与えられており、魔法理論一般科目などの座学は全て、各自の机に埋め込まれた端末を用いて行われる。

また、担任制度が無くなることによって、クラスメイト同士の交流は深まり、結びつきはむしろ強くなった。

なお、生徒が悩みを相談する場であった担任がいなくなった代わりに、カウンセリング体制が敷かれるようになった。

(出典:1巻42P,3巻26P,)


 
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます