電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

特化型CAD


データ



多様性を犠牲にする代わりに、魔法の発動速度を重視したCAD
特定の魔法式を得意とする魔法師が好んで使用する。

CADのハードウェアに依存する2つの要素(「起動式の展開速度?」と「格納できる情報量」)のうち、「展開速度?」を重視したものである。
照準補助用のサブシステムと一体化している物が主流。
攻撃的な魔法の起動式が格納されていることが多い。

系統の同じ組み合せの起動式を9種類しかインストールできないという欠点がある。
これを補うため、起動式を簡易に入れ替えるためのストレージが開発されている。

また、照準補助サブシステムによって使用者の負担が軽減され、より高速に魔法を発動できるようになっている。


照準補助システムは、実弾銃の銃身にあたる部分に組み込まれており、「銃身」が長いものほど照準補助機能が充実している。

(出典:1巻100・101・170・172P,2巻8P,4巻52P)


  

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます