電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

うすばかげろう
薄羽蜻蛉


データ



薄刃蜻蛉は、レオが使用する武装デバイスの名称であると同時に、この武装デバイスによって発動される魔法の名称。
千葉家?の秘剣であり、横浜事変直前にエリカレオに直伝した。


CADは全長が約50cm、グリップ部分が約30cmで、双頭ハンマーに似た短いスティックの形状をしている。
ハンマーヘッドから突き出た先端はグリップよりもかなり幅広で、長さは約10cmある。
ハンマーヘッド部分にはカーボンナノチューブで織られた厚さ5nm、長さ20mの黒色シートとモーターが格納されており、普段は巻き取られて格納されているシートをスティックの先端から繰り出せるようになっている。

使用時には、カーボンナノチューブシートをモーターで任意の長さに調節して繰り出し、これを硬化魔法で完全平面に固定して、どんな刀剣、どんな剃刀よりも鋭い切れ味を持つ刃に変える。
シート部分には、伸展のための補助術式が埋め込まれており、完全平面化をサポートしている。
なお、刃を動かすためのサポートは術式に含まれていないため、術者は刀の操作技術と腕力を要求される。


伸展させるシートが長くなるほど硬化魔法の難度は上昇するが、横浜事変の時点では、レオは少なくとも10mまでは問題なくシートを伸展させることができる。

(出典:6巻202・216・217・233〜238P,7巻8・198・220P)


            

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます