電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

分解


データ



構造を認識し構造を分解する、構造情報に対する直接干渉魔法。

再成』とともに達也が先天的に有している、達也が自由に使える2つだけの魔法のひとつであり、達也魔法演算領域の半分を占有している。
精霊の眼』で構造を認識できるが故に実行可能なものである(より正確には、先天的に有していた『分解』と『再成』の副産物として先天的に備わったのが『精霊の眼』である)。


対象が物体であれば、その構造情報を物体が構成要素へ分解された状態に書き換える。
対象が想子情報体?であれば、その情報構造それ自体を分解する。
ただし霊子情報体?については、『精霊の眼』でその構造を認識できないため、達也は分解できない。


四系統八種の分類に照らすと分離魔法?の亜種に分類され、収束発散?吸収?放出の複合魔法で、魔法としては最高難度に数えられている。

(出典:2巻259P,)


"Demon Right"

バリエーション



管理人考察



(出典:)


          

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます