電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

魔法技能師開発第九研究所


2037年に奈良市に設立された。通称「第九研」。
現在は閉鎖されている。

研究テーマは「合理化し再体系化した古式魔法を現代魔法として実装した魔法師の開発」。
現代魔法古式魔法を融合し、古式魔法のノウハウを現代魔法に取り込むことで、ファジーな術式操作など現代魔法が苦手としている諸課題を解決しようとした。
旧第九研はこの目的のために、古式の術者を大勢集めた。

第三次世界大戦終結後ほどなくして閉鎖されたが、「第九種魔法開発研究所?」と名前を替えて現在も機能を維持されている。
九島家九鬼家?九頭見家?共同出資の民間研究所として、表向きは作用系の魔法に比べて発展が遅れている知覚系統の魔法を研究していることになっている。


集まった古式魔法師たちは、自分たちが伝承してきた古い魔法を科学によって改良し、新しくより強力な魔法が生み出されることを期待して参加した。
だが、旧第九研の目的はあくまでも古式魔法の要素を取り込んだ強力な現代魔法の開発と、優れた兵器としての魔法師の開発であり、それを「裏切られた」と感じた古式魔法師たちは旧第九研を抜け、対立している(伝統派?など)。


2096年6月末、の指示で開発していたパラサイドール?を完成させたが、同年8月に達也の手によって全機体が機能を停止させられた。

(出典:)


タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます