電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

はやま・ただのり
葉山忠敬


四葉家の筆頭執事?で、真夜の腹心。
先代当主・英作にも仕えていた四葉家の重鎮で、70歳を超えている。
真夜の身の回りの世話と、他の執事?への指令を出している。

魔法力は高くないが魔法師であり、自身の力を自分の仕事(真夜の世話)に役立てている。
コーヒーを淹れるのが上手で、達也いわく「深雪の淹れるコーヒーよりも美味しい」。
また、真夜いわく、葉山のように繊細に魔法を使うことは真夜にもできない。


執事?への指示を出すだけでなく、真夜の指示を達也などに間接的に伝達したりもしている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます