東北地方太平洋沖地震における原発関連の情報をまとめるためのwikiです

福島第一原子力発電所の状況
http://www.kantei.go.jp/saigai/
より。
発電所の特徴はこちら
http://www.asahi.com/photonews/gallery/infographic...
http://www.asahi.com/photonews/gallery/infographic...

2011年3月

2011年4月

2011年5月

2011年6月

2011年7月

2011年7月1日

  • 07:27
原子炉への注水のためのタンク(バッファタンク)設置工事のため、処理水による注水を停止し、ろ過水のみによる注水実施(注水量変更なし)
  • 10:00
屋外仮設タンクからメガフロートへ低レベル滞留水の移送開始。6号機タービン建屋内から仮設タンクへ移送した低レベルの滞留水について、仮設タンクからメガフロートへの移送を開始。(〜7月3日16:00)
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送開始。(〜7月3日16:00)
  • 11:00
3号機使用済燃料プール代替冷却システムの性能評価実施、本格運用開始。
  • 11:43
3号機原子炉建屋1階のロボットによる清掃作業開始。(〜16:36)

2011年7月2日

  • 10:59
3号機原子炉建屋1階のロボットによる線量測定を実施。(〜12:14)
  • 18:00
滞留水処理装置による処理水をバッファタンクを経由し、原子炉へ注水する循環注水冷却の本格運用を開始。

2011年7月3日

  • 06:55
5号機残留熱除去系仮設海水ポンプ(屋外)2台のうち1台の出口側配管部からの漏えいを発見。当該配管の交換のため、当該ポンプ2台を停止、13:19に交換終了、13:40に残留熱除去系の運転を再開。
  • 10:39
セシウム吸着塔の交換のため、滞留水処理装置を停止(〜12:50)
  • 16:00
6号機タービン建屋から仮設タンクへ移送した低レベルの滞留水について、仮設タンクからメガフロートへの移送をメガフロート内の受け入れタンクの配管切替のため一時停止。
  • 20:17
滞留水処理施設による処理水を原子炉へ注水するために経由させているバッファタンクの水位が上限管理値に近づいたため、バッファタンクへの滞留水移送ポンプを停止。原子炉への注水及び滞留水の処理は継続中。
3号機原子炉建屋1階の大物搬入口付近において、線量低減を目的とした鉄板の市既設を実施。

2011年7月4日

3号機原子炉建屋1階の大物搬入口付近において、線量低減を目的とした鉄板の敷設を終了
  • 08:13
1号機原子炉への注水が減少したことを示す警報が発生。注水量が約3.0 m3/hに低下していることを確認したため、注水量を約7.5m3/hに調整してフラッシングを実施。同日08:50、注水量を3.8m3/hに調整。現在、経過を確認中。
  • 09:13
4号機原子炉建屋5階の放射線低減のため、同号機原子炉ウェル及び機器置きプールに淡水の注水を実施。(〜18:18)
  • 10:00
6号機タービン建屋地下から仮設タンクへの溜まり水の移送を再開。(〜16:00)
  • 13:30
一時停止中だった6号機タービン建屋滞留水の屋外仮設タンクからメガフロートへの移設を再開(〜17:00)
  • 17:18
滞流水処理施設による処理水を原子炉へ注入するために経由させているバッファタンクの水位が下限管理値に近づいたため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを起動。なお、原子炉への注水及び滞流水の処理は継続中。

2011年7月5日

  • 10:00
6号機タービン建屋から仮設タンクへ移送した低レベルの滞留水について、仮設タンクからメガフロートへの移送を再開。
  • 10:30
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送を再開。(〜16:30)
  • 10:30
系統のフラッシング及びセシウム吸着塔の交換のため、水処理装置の運転を停止。同日午後0時55分、水処理装置の運転を再開。なお、原子炉への注水は継続中。

2011年7月6日

・東京電力は、原子力安全・保安院に対し、福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について報告(7/6公表)。
・4号機使用済燃料プール循環冷却システム構築のため、弁の閉操作を実施。
  • 06:53 滞留水処理施設による処理水を原子炉へ注水するために経由させているバッファタンクの水位が上限管理値に近づいたため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを停止。原子炉への注水及び滞留水の処理は継続中。
  • 08:00
淡水化処理装置上流側にある貯蔵タンクの水位が下限値に達したため、淡水化処理を一時停止(〜7日11:09)
  • 08:45
福島第一原子力発電所6号機原子炉建屋地下の溜まり水について原子炉付属建屋(廃棄物処理建屋)への移送作業を実施(〜10:50)
  • 10:00
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送を再開。(〜17:00)
  • 15:24
遠隔操作ロボットにより福島第一原子力発電所3号機原子炉建屋1階高所の放射線量測定及び現場確認等を実施(〜17:10)

20117月7日

  • 04:52
福島第一原子力発電所において、滞留水処理施設による処理水を原子炉に注水するために経由させているバッファタンクの水位が管理値に近づいたため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを起動(原子炉への注水及び滞留水の処理は継続中)。
  • 10:09
6号機タービン建屋から仮設タンクへ移送した低レベルの滞留水について、仮設タンクからメガフロートへの移送を実施。(〜17:00)
  • 10:30
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送を実施。(〜16:30)
  • 11:00
系統のフラッシング等のため、水処理装置の運転を停止、12:50 滞留水処理装置(セシウム吸着装置)を起動、13:02 水処理装置の運転を再開。(この間、原子炉の注水は継続)
  • 14:05頃
福島第二原発1号機原子炉建屋付属棟地下1階にある電源盤のしゃ断機から火花が出ていることを作業員が発見、給電を停止(残留熱除去系を一時停止)。
  • 15:10
集中廃棄物処理施設(プロセス主建屋)への溜まり水について、同建屋の水位が移送停止目安に近づいたため、2号機タービン建屋立坑からプロセス主建屋への移送を停止。
  • 23:30
バッファタンク上流側にある処理水一時貯留タンクの水位が下限値に足したため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを停止。(8日02:45再開)

2011年7月8日

・東京電力は、福島第一原子力発電所、第二原子力発電所における津波の調査結果を経済産業省原子力安全・保安員に提出(7/8公表)
  • 02:45
バッファタンク上流側にある処理水貯蔵タンクの水位が回復したため、処理水移送ポンプを起動
  • 04:44
バッファタンク上流側にある処理水貯蔵タンクの水位が再度下限値に達したため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを再停止。(13:51再開)
  • 08:20
4号機原子炉建屋カバー設置工事ならびに使用済燃料プール冷却浄化系の代替冷却装置設置工事への干渉回避を目的とした電源ケーブル移設に伴い、3号機の使用済燃料プール冷却浄化系の代替冷却装置の電源を停止。14:24、代替冷却を再開
  • 08:22
4号機原子炉建屋5階の放射線量低減のため、同号機原子炉ウェルおよび機器仮置きプールに淡水の注水を開始。(〜13:52終了)
  • 10:00
6号機タービン建屋から仮設タンクへ移送した低レベルの滞留水について、仮設タンクからメガフロートへの移送を再開(〜17:00)
  • 10:00
系統のフラッシング等のため、水処理装置の運転を停止、12:04滞留水処理装置(セシウム吸着装置)を起動、12:15水処理装置の運転を再開(この間、原子炉への注水は継続)
  • 10:30
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送を再開(〜16:30)
  • 10:34
遠隔操作ロボットにより2号機原子炉建屋2階および3階において空気中の放射性物質についてサンプリングを実施(〜17:00)
  • 13:35
作業員が高所作業車を用いて3号機原子炉建屋内の窒素封入ライン箇所の状況確認を実施(〜13:44)

2011年7月9日

・東京電力は、福島第一原子力発電所3号機における原子炉格納容器への窒素封入に関して、その内容をとりまとめ、経済産業省原子力安全・保安員に報告
  • 07:35
バッファタンク上流側にある処理水一時貯蔵タンクの水位が下限値に達したため、バッファタンクへの処理水移送ポンプを再度停止。
  • 10:00
屋外仮設タンクからメガフロートへ低レベル滞流水の移送を開始(〜17:00)
  • 10:30
6号機タービン建屋地下の溜まり水について、仮設タンクへの移送を再開(〜16:30)

2011年7月10日

  • 04:53
水処理装置の凝集沈殿設備において、薬液注入ラインに漏えいを確認したため、同装置を停止。漏えい箇所を修理し、同施設を起動(17:06)、滞留水の処理を再開(17:40)(この間、原子炉への注水は継続)
  • 15:15
3号機タービン建屋地下滞留水の集中廃棄物処理施設(プロセス建屋)への移送を開始

2011年7月11日

・5,6号機外部電源の2回線復旧工事を実施
  • 10:00
6号機タービン建屋から屋外仮設タンクへ移送した低レベル滞溜水を、メガフロートへ移送を開始(〜17:00)
  • 10:30
6号機タービン建屋内から仮設タンクへ溜まり水の移送を開始(〜16:30)

2011年7月12日

・3号機原子炉建屋開口部においてダストサンプリングを実施
  • 08:51
水処理装置の凝縮沈殿設備において、薬液注入ラインに漏えいを確認したため、同装置を停止。金属製コネクタを耐腐食性金属に交換後、系統のフラッシングおよびセシウム吸着塔の切替を行い、水処理装置を起動(16:28)水処理を再開(16:58)(この間、原子炉への注水は継続)
  • 11:00
6号機タービン建屋から屋外仮設タンクへ移送した低レベル滞溜水を、メガフロートへ移送を開始(〜16:00)
  • 11:22
4号機原子炉建屋5階の放射線量低減のため、同号機原子炉ウェル及び機器仮置きプールに淡水の注水開始。注水ラインに漏えいを確認したため、注水を停止(〜12:03)
  • 13:30
3号機原子炉への窒素封入配管の接続作業を実施(〜13:45)

2011年7月13日

  • 10:00
6号機タービン建屋から仮設タンクへ移送した低レベルの滞流水について、仮設タンクからメガフロートへの移送を再開。
  • 10:09
2号機タービン建屋立坑から集中廃棄物処理施設(プロセス主建屋)へ溜まり水の移送を開始。
  • 11:00
系統のフラッシング等のため、水処理装置の運転を停止。
  • 13:00
正門の線量率を測定していた可搬型モニタリングポストの表示がゼロになっていることを確認。その後、測定機器を調査し、異常の無いことを確認。電源の再起動により復旧(14:55)
  • 13:34
凝集沈殿設備の接続部付近に薬液注入ラインに漏えいを確認したため、フラッシングを停止。(原子炉への注水は継続中)
  • 22:00
正門の線量率を測定していた可搬型モニタリングポストの表示がゼロになっていることを再度確認。修理完了(14日18:00)

2011年7月14日

  • 05:30
1号機原子炉注水量の低下が確認されたため、給水系配管からの注水量を約3.5㎥/hに変更
  • 10:00
6号機タービン建屋から屋外仮設タンクへ移送した低レベル滞溜水を、メガフロートへ移送開始(〜17:00)
  • 12:07
凝集沈殿装置の接続部付近の薬液注入ラインにおける漏えい箇所の修理完了
  • 14:58
水処理設備を起動。18:30から水処理を再開
  • 20:01
3号機原子炉格納容器内への窒素ガスの封入を開始。窒素ガス封入量が定格流量(14Nm3/h)に到達(20:05)

2011年7月15日

  • 05:14
水処理の定格流量の低下に対する原因調査等のため、水処理設備の運転停止。14:21に装置を起動し、滞留水の処理を再開(〜14:48)
  • 06:38
【2号機】使用済燃料プール代替冷却システムの2次系冷却塔の冷却用補給水が散水されていないことを確認し、08:22に冷却塔内の循環ポンプ及び送風機の運転を停止。ろ過水タンクからの給水ラインを復旧し、運転を再開(23:50)
  • 08:55
【1号機】原子炉注水量の低下が確認されたため、注水量を約3.8㎥/hに変更
  • 10:00
6号機タービン建屋から屋外仮設タンクへ移送した低レベル滞溜水を、メガフロートへ移送開始(〜17:00)
  • 10:16
【5号機】残留熱除去海水系(B系)のポンプ復旧。残留熱除去海水系(B系)起動(14:45)
  • 13:05
【4号機】原子炉ウェル及び機器仮置きプールに淡水の注水開始(〜19:15)

2011年7月16日

  • 05:28
【5・6号機】所内電源を5・6号機ディーゼル発電機からの受電に切り替え、外部電源の回線復旧工事を実施(〜12:05)
  • 10:00
屋外仮設タンクの低レベル滞溜水を、メガフロートへ移送開始(〜15:00)
  • 10:50
セシウム吸着塔の交換のため、セシウム吸着装置を停止。13:41に装置を起動し、滞留水の処理を再開(14:38〜)
  • 10:50
【3号機】タービン建屋から集中廃棄物処理施設プロセス建屋への滞留水移送を開始
  • 10:56
【2号機】タービン建屋から集中廃棄物処理施設プロセス建屋への滞留水移送を開始
  • 11:11
【1号機】原子炉冷却材浄化系の復旧
  • 11:22
【4号機】原子炉ウェル及び機器仮置きプールに淡水の注水開始(〜15:52)

2011年7月17日

  • 04:24
【5・6号機】所内電源を5・6号機ディーゼル発電機からの受電に切り替え、外部電源の回線復旧工事を実施(〜13:20)
  • 10:06
【1号機】原子炉注水量の低下が確認されたため、原子炉注水量を約3.8㎥/hに変更
  • 11:40
【2号機】原子炉冷却材浄化系の復旧
  • 14:25
【1・2号機】原子炉注水ポンプ切替及び原子炉注水量を約4.0㎥/hに変更

2011年7月18日

  • 08:30
【3号機】タービン建屋屋上開口部の雨水対策のため、仮屋根の取り付け作業を開始
  • 10:06頃
展望台入口付近で作業中の協力企業作業員1名が電柱から落下。ドクターヘリで総合磐城共立病院へ搬送(12:22)
  • 11:00
ベッセル交換作業実施(〜14:59)

2011年7月19日

  • 10:10
【1・2号機】原子炉注水量を約3.8㎥/hに変更
  • 11:00
系統のフラッシング等のため、水処理設備の運転を停止(〜15:17)
  • 11:00
セシウム吸着塔の交換のため、水処理設備のセシウム吸着装置を停止(〜15:17)
予定及び現状況
・1号機:中央制御室の照明の点灯及び監視系の復旧(3 月24 日)
・2号機:中央制御室の照明の点灯及び監視系の復旧(3 月26 日)
・3号機:中央制御室の照明の点灯及び監視系の復旧(3 月24 日)
・4号機:中央制御室の照明が点灯及び監視系の復旧(3 月29 日)
5号機:全て外部電源に切り替え完了
6号機:全て外部電源に切り替え完了
累計放水量
1号機約428t
2号機約1,107〜1,122t
3号機約5,936.5t
4号機約5,497.2t
共用プール:130t

物的被害

123号機で使用済みプールスロッシング
重油タンク流出
4号機重油タンク脇にて火災発生
1号機原子炉建屋で爆発

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます