東北地方太平洋沖地震における原発関連の情報をまとめるためのwikiです


原子炉形式: 沸騰水型軽水炉(BWR)BWR/3
格納容器型式:マーク I
プラント主契約者:GE
営業運転開始日 1971年3月
出力:46.0万 kw
現在:海水注入中。建屋無し
INES評価レベル5

2011年3月11日

  • 14時46分頃
太平洋三陸沖でマグニチュード9.0の大地震が発生、1,2,3号機が自動停止。4,5,6号機は定期点検で停止中。
(東電プレスhttp://www.tepco.co.jp/cc/press/11031101-j.html)
(保安員HPhttp://kinkyu.nisa.go.jp/kinkyu/2011/03/-1446.html...
  • 15時42分
交流電源を喪失、冷却水を循環することが出来なくなる(http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/2011031...
  • 15時45分
緊急用発電機のオイルタンクが津波によって流出(http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/2011031...
  • 16時36分
1,2号機、非常用炉心冷却装置注水不能、また状況がわからなくなる(同上)
  • 16時45分
2号機に関し、原子力災害対策特別措置法第15条の規定に基づく特定事象の発生の通報(同上)
  • 17時35分
原子炉冷却材漏洩(原災法10条報告事象)
  • 17時50分
原災法10条に基づき通報
  • 20時00分
1,2,3,4号機については外部電源確保
  • 20時30分
1,2,3号機、中操照明確保準備中M/C水没、2号機については、優先的に電源車つなぎこみ作業待ち
  • 20時:50分
福島県が発電所半径2kmの住民に避難指示
  • 21時00分
D/D消火ポンプを起動し、炉圧が低下したら注入できる体制を執っている
  • 21時23分
内閣総理大臣から福島県知事、大熊町長、双葉町長、富岡町長及び浪江町長に対し、避難指示
半径3km圏内の住民は、避難すること。また、福島第一原子力発電所1号機から半径10圏内の住民は屋内待機
  • 21時54分
2号機に関し、水位計が復帰し、水位L2を確認
  • 23時00分
1号機に関し、タービン建屋内で放射線量が上昇
  • 23:30分
電源車到着

2011年3月12日

  • 00時00分
1号機に関し、非常用腹水器で原子炉蒸気を冷やしております。
2号機に関し、仮設電源により原子炉水位は確認でき水位は安定
3号機に関し、原子炉隔離時冷却系で原子炉に注水
4,5,6号機に関し、安全上の問題がない原子炉水位を確保
  • 00時30分
1号機に関し、ドライウェル圧力が600Kpa(設計上の最高使用圧力:427Kpa)
を超えている可能性があるため、調査中
  • 01時57分
1号機のタービン建屋内で放射能レベルが上がっている
  • 03時00分
原子炉格納容器内の圧力をベントを開放して降下させる措置を行う予定
ドライウェル2次ベントの場合、総量評価
ソース:重大事故
容量:ドライウェル+S/P=5600
圧力:8気圧→1気圧
  • 04時00分
1号機に関し、ドライウェル圧力が840Kpa(設計上の最高使用圧力:427Kpa)程度まで上昇している可能性があるため、調査中
  • 05時44分
半径10Km圏内の住民に避難指示

(7時11分到着)
(菅直人首相、視察のため到着。敷地内を視察、その後、重要免振棟に移り、東電から被災状況の説明を受ける)
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103120520...
  • 07:51
1号機に関し、海水ポンプへのバッテリ接続作業、冷水タンクから注水作業、ベントの電磁弁電源復旧作業を実施中
2号機に関し、電源車による電源確保作業実施中
5号機に関し、ベント降圧中
5,6号機に関し、注水機能確保、冷却系統復旧

(8時すぎ)
(菅直人首相、原発を後にする)http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/21031...
  • 08時30分
1号機に関し、09:00ごろより、原子炉格納容器内の圧力降下のためベントを開放予定
消火用ポンプで原子炉への注水を実施中
  • 09時07分
1号機に関し、ベントを開放
  • 10時04分から
核燃料の一部が水面上に露出。
  • 10時49分
2つあるベントのうち、片方の弁を開く作業が難航中、放出はされていない。
  • 11時13分
未確認だがベントは開始されている模様(圧力が0.8から0.74に下がっている)
  • 10時04分(修正)〜12時05分
核燃料の一部が一時水面上に露出。
 10:04マイナス50cm
 11:20マイナス90cm
 12:05マイナス150cm
 15:28マイナス170cm(官邸12日時点の発表では13:38)
 18:30ダウンスケール
  • 13時00分
1号機の原子炉水位が低くなっているため、注水を順次実施
  • 14時00分
トライウェル圧力が高かった1号機のバルブを開放
  • 14時30分
1号機の圧力が0.75mpaから0.67mpaに下がった
  • 14時49分
1号機の周辺で放射性物質のセシウムが検出との報道
  • 15時28分
1号機の圧力が0.54mpaに下がった
  • 15時36分
直下型の大きな揺れが発生し、1号機と2号機の間で大きな爆発があり、白煙が発生。
  • 16時17分
放射線量が500μSV/hを超えたことから、原災法15条事象が発生したと判断
  • 18時25分
半径20km圏内の住民に避難指示
  • 20時20分
1号機に関し、消火系ラインを使用して、海水による原子炉への注水を開始。今後は、バルブピットにほう酸を注入し、海水と混ぜて原子炉内へ注入
  • 20時41分
格納容器は破損していないことを確認(官房長官発言)




2011年3月13日

  • 05時00分
1号機に関し、水位確認ができないため、引き続き注水継続
※13日03時00分には満水となったと予測
※高圧注入系が停止したため、原子炉隔離時冷却系による注水を実施するも、同系が起動せず
  • 08:55分
1号機に関し、海水+ほう酸1㎥/min注入中
炉水位 (A)ダウンスケール(B)-1700mm(計器指示の正確性は不明)
  • 09:38分
消火系ラインによる注水を開始
  • 10:00
電源車のつなぎ込みを行ったが、ケーブルに傷が確認されたため、再度敷設作業を実施中(13:00見込み)
  • 11:15
福島県沖を震源とする震度5弱の地震が発生。発電所への影響は現在確認されていない
  • 14:15
MP4で500μSV/hを超える線量を測定したことから、「敷地境界放射線量以上上昇」に該当すると判断
  • 15:00
1号機に関し、使用済み燃料プールの水の冷却方法について調整中
  • 23:30
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.050mpa(B)0.324mpa
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1750mm

2011年3月14日

  • 01:00
1号機及び3号機に関し、汲み上げ箇所の海水が少なくなったことから、海水注入を停止。
  • 02:00
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.036mpa(B)0.315mpa
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
  • 04:00
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.029mpa(B)0.304mpa
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
  • 05:00
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.034mpa(B)0.299mpa
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
  • 06:00
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.027mpa(B)0.293mpa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm

福島第二で活動中の給水車7両を第一原発に振り替え、給水を実施する
  • 09:27
MP3で500μSV/hを超える線量を測定したことから、「敷地境界放射線量異常上昇」に該当すると判断
  • 11:01
3号機で爆発発生
  • 11:15
東京電力によれば3号機の爆発は1号機で発生したものと同じ事象。格納容器と圧力容器は健全
(風は無風、上空の風向きは西または南西)
  • 22:00
1号機に関し、圧力と水位は以下の通り
原子炉圧力:(A)0.05MPa(B)0.024MPa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm

2011年3月15日

00:00ごろの東電会見より。
午後11:30現在、
1号機、海水注入中
  • 16:22
枝野官房長官定例会見

1,3号機は安定的に給水が成されている。
  • 21:05
1,2,3号機に関し、圧力と水位は以下のとおり
1号
原子炉圧力:0.169MPa
原子炉水位:(A)-1800mm(B)-1800mm

2011年3月16日

  • 01:35
1,2,3号機に関し、圧力と水位は以下のとおり
1号
原子炉圧力:0.169MPa
原子炉水位:(A)-1800mm(B)-1800mm
  • 06:55
1,2号機に関し、圧力と水位は以下のとおり
1号
原子炉圧力:0.1697MPa
原子炉水位:(A)-1800mm(B)-1750mm

2011年3月18日

  • 07:55
1号機
水位(A)-1700mm(B)ダウンスケール
原子炉圧力:測定不能(14日10:30〜)
  • 16:00
1号機
水位:(A)-1700mm(B)-1800mm
原子炉圧力:(A)0.191Mpag(B)0.153MpaG
  • 17:50
福島第一、第二原子力発電所事故について、原子力安全保安院がINES国際原子力放射線事象評価尺度の暫定評価結果を発表
福島第一1,2,3,号機:評価レベル5(広範囲な影響を伴う事故)
福島第一原発4号機:評価レベル3(重大な異常事象)
福島第二原発1,2,及び4号機:評価レベル3(重大な異常事象)
参考
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/ines/koku...
  • 21:10
1号機
水位:(A)-1750mm(B)-1800mm
原子炉圧力:(A)0.194Mpag(B)0.151MpaG
格納容器圧力:測定不能

2011年3月19日

  • 03:30
1号機
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1750mm
原子炉圧力:(A)0.205MPaG(B)0.155MPaG
格納容器圧力:0.18MPaabs

2011年3月20日

  • 00:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.205MPa(B)0.167MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.18MPaabs
  • 05:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.203MPa(B)0.162MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.18MPaabs
  • 15:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.187MPa(B)0.158MPa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.17MPaabs

2011年3月21日

  • 03:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.194MPa(B)0.158MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1800mm
格納容器圧力:0.16MPaabs
  • 14:25
1号機
原子炉圧力:(A)0.198MPa(B)0.171MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.16MPaabs

2011年3月22日

00:15
1号機
原子炉圧力:(A)0.196MPa(B)0.171MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.160MPaabs
  • 15:30
1号機
原子炉圧力:(A)0.216MPa(B)0.169MPa
原子炉水位:(A)-1800mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.180MPaabs

2011年3月23日

  • 02:33
1号機原子炉圧力容器に関し、「消火系ライン」の注水に加え「給水ライン」を追加
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.356MPa(B)0.320MPa
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1750mm
格納容器圧力:0.320MPaabs
  • 14:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.376MPa(B)0.358MPa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.345MPaabs

2011年3月24日

  • 01:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.410MPa(B)0.387MPa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.385MPaabs
  • 10:50
1号機原子炉建屋屋上屋根部から白いもや状の湯気が出ていることを確認
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.432MPa(B)0.401MPa
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.400MPaabs
  • 11:30
1号機中央制御室の照明が点灯
  • 13:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.423MPaG(B)0.387MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.390MPaabs
圧力容器温度179.5℃

2011年3月25日

  • 02:00
1号機
原子炉圧力(A)0.376MPaG(B)0.367MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.325MPaabs
  • 10:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.349MPaG(B)0.349MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.295MPaabs
  • 11:00
2,3号機の原子炉への注入について、海水から淡水への切り替え開始(1号機についても淡水への切り替え準備完了)
  • 14:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.342MPaG(B)0.349MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.280MPaabs
  • 15:37
1号機の原子炉への淡水での注水を開始
  • 23:10
1号機に関し、タービン建屋1会にある水溜りから380万ベクレルの放射線量を検出

2011年3月26日

  • 9:30
1号機
原子炉圧力:(A)0.376MPaG(B)0.360MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.270MPaabs
  • 13:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.351MPaG(B)0.380MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.275MPaabs

2011年3月27日

  • 05:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.371MPaG(B)0.407MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.270MPaabs
  • 07:30
現時点において、タービン建屋溜まり水の処理について
1号機:復水器へ移送中
  • 09:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.374MPaG(B)0.416MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.270MPaabs

2011年3月28日

  • 03:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.376MPaG(B)0.443MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.270MPaabs
  • 12:30
1号機
原子炉圧力:(A)0.376MPaG(B)0.452MPaG
原子炉水位:(A)-1750mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.271MPaabs

2011年3月29日

  • 04:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.392MPaG(B)0.502MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.285MPaabs
  • 08:32
1号機において仮設電動ポンプへの切り替え作業が終了し、注水を開始した
  • 13:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.371MPaG(B)0.491MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.265MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):299.4℃

2011年3月30日

  • 04:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.353MPaG(B)0.488MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.235MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):281.2℃
  • 13:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.340MPaG(B)0.491MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.230MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):270.1℃

2011年3月31日

  • 04:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.3433PaG(B)0.511MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.210MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):251.2℃
  • 08:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.329PaG(B)0.495MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.210MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):249.4℃
トレンチ水位:床面まで114cm(31日11:30)
  • 09:20
福島第一原子力発電所1号機立坑(トレンチ)内の滞留水を仮設ポンプで集中RW建屋に移送(〜11:25)。この結果、立坑内の水位が1m下がる(上端から約0.14mが約1.14mに)。
  • 13:03
1号機使用済み燃料プール冷却のため、コンクリートポンプ車による放水を開始
→14:09放水中止(送水ポンプのバッテリー不具合のため)
→14:29放水再開(バッテリー交換により動作良好となったため)

2011年4月1日

  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.293PaG(B)0.495MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.170MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):252.2℃
トレンチ水位:床面まで114cm(31日11:30)
  • 10:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.295PaG(B)0.497MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.1650MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):248.6℃
トレンチ水位:床面まで114cm(31日11:30)

2011年4月2日

  • 04:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.288PaG(B)0.520MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.160MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):261.5℃
トレンチ水位:床面まで114cm(31日11:30)
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.290PaG(B)0.531MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.160MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):259.4℃
トレンチ水位:床面まで114cm(1日11:00)
サーモグラフィ:(2日07:45):23℃

2011年4月3日

  • 09:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.293PaG(B)0.547MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.155MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):252.8℃
トレンチ水位:床面まで114cm(1日11:00)
サーモグラフィ:(2日07:45):23℃
  • 12:18
1,2,3号機原子炉圧力容器への注入用仮設電動ポンプに関し、電源車から本設電源へ切り替えの上、運転開始

2011年4月4日

  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.304PaG(B)0.603MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.150MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):242.6℃
トレンチ水位:床面まで114cm(1日11:00)
サーモグラフィ:(3日07:50頃):25℃
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.299PaG(B)0.603MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.150MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):242.8℃
サーモグラフィ(プール水温):(4日07:20頃):18℃

2011年4月5日

  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.308PaG(B)0.619MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.150MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):233.5℃
サーモグラフィ:(4日07:20頃):18℃

2011年4月6日

  • 00:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.304PaG(B)0.632MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.150MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):221.6℃
サーモグラフィ(5日07:20頃)
格納容器:26℃
プール:18℃
  • 22:30
1号機原子炉格納容器に関し水素爆発防止のため窒素ガス注入装置を起動

2011年4月7日

  • 01:31
すべての弁を開放し、1号機原子炉格納容器内へ窒素ガス注入を開始
  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.363MPaG、(B)0.758MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.155MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):216.3℃
サーモグラフィ(5日07:20頃)
格納容器:29℃
プール:24℃
  • 23:52
現在 23:32頃発生した地震に関し、1〜6号機及びモニタリングポストの
値に有意な異常は確認されていない

2011年4月8日

  • 00:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.390MPaG、(B)0.788MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.180MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):260.7℃
サーモグラフィ(6日07:20頃)
格納容器:29℃
プール:24℃
  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.395MPaG、(B)0.785MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.180MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):250.6℃(調査中)
サーモグラフィ(6日07:20頃)
格納容器:29℃
プール:24℃

2011年4月9日

  • 03:29
1号機の窒素ガス注入作業について、一旦、弁を全閉し、高純度窒素ガス発生装置へ切り替える作業を開始
→03:59 注入弁開操作開始
→04:10 弁全開

2011年4月10日

  • 10:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.413MPaG、(B)0.858MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.185MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):227.1℃(調査中)
サーモグラフィ(8日07:30頃)
格納容器:33℃
プール:23℃

2011年4月11日

  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.410MPaG、(B)0.873MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.195MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):222.9℃(調査中)
サーモグラフィ(8日07:30頃)
格納容器:33℃
プール:23℃
  • 19:30
・17:16頃発生した地震に関し、モニタリングポストの値に異常は認めら
れていない。1、2号機への東北電力からの外部電源が停止し、1〜
3号機への炉心注入ポンプが停止
→17:56 1、2号機の外部電源が復旧
→18:04 1〜3号機の炉心注入ポンプが再起動
・同じく、17:16頃発生した地震に関し、1号機への窒素ガス注入ポンプ
が停止
→23:19注入弁開操作を再開 →23:34 全弁開

2011年4月12日

  • 06:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.416MPaG、(B)0.908MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.195MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):216.2℃(調査中)
サーモグラフィ(8日07:30頃)
格納容器:33℃
プール:23℃
  • 06:38
南側放水口付近にある1〜4号機放水口サンプリング建屋のバッテリーを
収納している盤から出火を確認
→09:12 鎮火を確認
→本事象による外部への放射能の影響、原子炉等の冷却機能への影響はな
く、周辺環境のモニタリングポストの値にも変動なし
  • 14:30
14:07頃発生した地震に関し、外部電源は確保され、各号機への注入ポンプによる注入及びモニタリングポストの値に異常なし
→ 15:19現在、原子炉水位、原子炉圧力、格納容器圧力のパラメータに
有意な変化なし

・福島第一原子力発電所事故・トラブルに対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)評価について、レベル7と暫定評価(ただし、放射性物質の放出量は、同じレベルのチェルノブイリ事故の1割程度)

2011年4月13日

  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.420MPaG、(B)0.933MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.190MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):204.5℃(調査中)
サーモグラフィ(12日07:50頃)
格納容器:17℃
プール:26℃

2011年4月14日

  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.423MPaG、(B)0.948MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.190MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):200.3℃(調査中)
サーモグラフィ(12日07:50頃)
格納容器:17℃
プール:26℃
  • 12:20
1、2号機スクリーン前面及び取水口前へシルトフェンスを設置完了

2011年4月15日

  • 08:00
原子炉建屋の状況を把握するため、1〜4号機の上空で無人ヘリの飛行を実施(〜09:55)
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.430MPaG、(B)0.965MPaG
原子炉水位:(A)-1550mm(B)-1600mm
格納容器圧力:0.190MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):196.4℃(調査中)
サーモグラフィ(14日07:40頃)
格納容器:33℃
プール:36℃

2011年4月16日

  • 14:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.423MPaG、(B)0.975MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.185MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル):189.9℃(調査中)
サーモグラフィ(14日07:40頃)
格納容器:33℃
プール:36℃

2011年4月17日

  • 07:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.425MPaG、(B)1.003MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.180MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(17日06:00):182.2℃
サーモグラフィ(14日07:40頃)
格納容器:33℃
プール:36℃

2011年4月18日

1〜3号機に関し、原子炉への冷却水注入系に使用しているホースを新品に交換するため注水ポンプを停止(1号機:11:50〜12:12、2号機:12:13〜12:37、3号機:12:38〜13:05)
→13:28 各注水ポンプの起動状態等を確認
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.428MPaG、(B)1.035MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.170MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(18日13:00):170.2℃
サーモグラフィ(16日07:30頃)
格納容器:33℃
プール:34℃

2011年4月19日

・電源多重化として、1・2号機、3・4号機間の外部電源の連絡ケーブルの接続を実施
→10:23 受電試験を実施し、連係線設置工事完了
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.430MPaG、(B)1.048MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1550mm
格納容器圧力:0.165MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(19日12:00):167.8℃
サーモグラフィ(18日07:30頃)
格納容器:21℃
プール:15℃

2011年4月20日

2011年4月21日

  • 11:43
1〜4号機に関し、原子炉建屋の状況を把握するため、無人ヘリによる動画撮影を実施(〜12:50)
  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.433MPaG、(B)1.110MPaG
原子炉水位:(A)-1600mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.160MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(21日12:00):153.3℃
サーモグラフィ(20日07:30頃)
格納容器:12℃
プール:14℃

2011年4月22日

  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.440MPaG、(B)1.120MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.160MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(22日12:00):136.5℃
サーモグラフィ(20日07:30頃)
格納容器:12℃
プール:14℃

2011年4月23日

2011年4月24日

  • 12:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.433MPaG、(B)1.143MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1700mm
格納容器圧力:0.155MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(24日12:00):133.5℃
サーモグラフィ(20日07:30頃)
格納容器:12℃
プール:14℃

2011年4月25日

  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.448MPaG、(B)1.168MPaG
原子炉水位:(A)-1700mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.155MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(25日11:00):137.8℃
サーモグラフィ(24日07:30頃)
格納容器:23℃
プール:20℃

2011年4月26日

  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.445MPaG、(B)1.180MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.150MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(26日11:00):134.5℃
サーモグラフィ(24日07:30頃)
格納容器:23℃
プール:20℃

2011年4月27日

  • 09:00
リモートコントロール重機による敷地内の瓦礫の撤去を実施(〜16:00)
飛散防止剤の樹脂散布1号機〜4号機T/B海側で実施(7,500)(〜17:00)
  • 10:02
1号機の原子炉注水量を約6m3/hから最大14m3/hまで段階的に変化させる操作を開始
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.445MPaG、(B)1.203MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.155MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(27日11:00):130.0℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年4月28日

2011年4月29日

  • 11:36
リモートコントロールロボットによる1号機原子炉建屋1階の状況調査を実施し、原子炉格納容器から有意な水漏れがないことを確認(〜14:05)

2011年4月30日

2011年5月1日

2011年5月2日

・ 1号機原子炉建屋内環境改善のため、局所排風機設置に係わる作業開始
  • 12:58
1〜3号機の炉心注入ポンプへの警報設置(〜14:53)

2011年5月3日

2011年5月4日

2011年5月5日

・1号機原子炉建屋内作業環境改善の作業に伴うダクト布設作業完了、局所排風機起動、ダストサンプリング開始
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.460MPaG、(B)1.283MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1500mm
格納容器圧力:0.130MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月5日11:00):134.7℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃
  • 16:36
1号機原子炉建屋作業環境改善のため、局所俳風機の全台運転(計6台)による原子炉建屋内の喚起を開始

2011年5月6日

  • 02:04
福島県浜通りを震源とする地震発生(最大震度5弱)。福島第1、2原発異常なし
  • 10:01
1号機の原子炉格納容器を冠水させるための注水量を約6㎥/hから約8㎥/hへ増加
  • 11:00
無人クローラーダンプにより、1号機原子炉建屋西側の約4000m2の範囲に、地面の放射性物質の飛散を防ぐ飛散防止剤を散布( 〜14:00)

2011年5月7日

2011年5月8日

  • 20:08
1号機原子炉建屋の二重扉を貫通しているダクトを切断し、一部開放。

2011年5月9日

  • 04:01
1号機、サンプリング実施、排気ダクト回収(〜04:17)
  • 04:17
1号機、原子炉建屋の二重扉開放
  • 04:18
1号機、原子炉建屋内の環境サーベイのため、人の入域開始。ファーストサーベイ完了後全員退避。入域者被ばく線量最大値は10.5mSv。(〜04:47)
  • 05:00
1号機原子炉建屋二重扉解放後の空間線量率測定、周辺区域に影響なし
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.465MPaG、(B)1.288MPaG
原子炉水位:(A)-1650mm(B)-1650mm
格納容器圧力:0.120MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月9日11:00):116.6℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月10日

・無人クローラーダンプにより、1、2号機タービン建屋東側の約6,000m2の範囲に、地面の放射性物質の飛散を防ぐ飛散防止剤を散布
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.463MPaG、(B)1.273MPaG
原子炉水位:(A)(点検中)(B)-1650mm
格納容器圧力:0.120MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月10日11:00):114.7℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月11日

  • 08:47
大熊線2号線復旧に伴う一部の電源停止に伴い、1〜3号機の原子炉注水ポンプ電源は、仮設ディーゼル発電機電源に切り替え、原子炉注水ポンプを運転
  • 08:50
大熊線2号線復旧に伴う一部の電源停止に伴い、1号機格納容器の窒素ガス供給設備は停止
  • 11:00
1号タービン建屋北側、東側に飛散防止剤を散布予定(約6000)(〜16:00)
  • 15:58
1号機格納容器の窒素ガス供給設備復旧

2011年5月12日

  • 05:00
1号機の原子炉水位燃料域Aについてダウンスケールとなったことを確認
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.465MPaG、(B)1.300MPaG
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
格納容器圧力:0.1212MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月12日11:00):114.9℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月13日

  • 11:00
無人クローラーダンプにより、1号機タービン建屋北側及び東側において、飛散防止剤を約6,000屬糧楼呂忙局枌
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.478MPaG、(B)1298MPaG
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
格納容器圧力:0.1204MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月13日11:00):114.2℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月14日

  • 10:50
冷却装置設置に伴う1号機原子炉建屋内の事前調査を実施(〜11:13)
  • 15:07
1号機使用済燃料プールへの注水(〜15:18)(強風により中止)
代替冷却装置設置工事関連:冷却塔の敷地内への搬入及びモジュールの仮組みを実施

2011年5月15日

  • 13:28
原子炉への注水量を増やした際の原子炉圧力容器および原子炉格納容器のパラメータの傾向を監視するために、1号機の原子炉注水量を8から10m3/hに増加

2011年5月16日

  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.485MPaG、(B)1350MPaG
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
格納容器圧力:0.1174MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月16日11:00):95.6℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月17日

  • 11:50
1号機原子炉圧力容器への淡水注入量を10m3/hから6m3/hに変更

2011年5月18日

2011年5月19日

  • 11:00
1号機
原子炉圧力:(A)0.528MPaG、(B)1.408MPaG
原子炉水位(5月17日12:20):(A)ダウンスケール(B)-16750mm
格納容器圧力:0.1391MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(5月19日11:00):103.6℃
サーモグラフィ(26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃

2011年5月20日

  • 15:06
コンクリートポンプ車により、1号機使用済燃料プールへの放水(淡水)を実施(約60t)(〜16:15)(強風により中止)

2011年5月21日

2011年5月22日

  • 10:56
1号機バックアップ窒素供給装置停止。
  • 11:23
1号機へ2、3号機で使用する予定の窒素注入ポンプ起動。供給量調整により、約28m3/hに到達。(〜11:25)
  • 12:30
1号機原子炉建屋開口部において、コンクリートポンプ車の放水ノズルにポータブルダストサンプラーを取り付け、空気中の放射性物質について、試験的にサンプリング実施(〜13:30)。
  • 15:33
コンクリートポンプ車(ゾウ3号)より1号機使用済燃料プールへの放水(淡水)開始(約90m3、〜17:09)。併せてダストサンプリング実施。

2011年5月23日

2011年5月24日

○ 2号機及び3号機につき、「炉心は一部溶融したものの燃料域にとどまり原子炉圧力容器の損傷には至っていない。ただし、実際の水位がより低い状態を想定した場合は、原子炉圧力容器の損傷に至るとの解析結果となる」との東電発表
※ 1号機については、15日に、津波到達後比較的早い段階において燃料ペレットが溶融し圧力容器底部に落下したとの解析結果を東電が発表
  • 09:00
1号機原子炉建屋北側周辺の瓦礫撤去。(〜16:00)

2011年5月25日

・5月22日に採取した1号機原子炉建屋開口部の空気及び5月23日に採取した4号機原子炉建屋開口部の空気を分析した結果、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137の放射性物質を検出。
  • 09:00
1号機原子炉建屋北側周辺等の瓦礫撤去。(計205個)(〜16:00)
  • 09:14
電源切り替え作業のため、1号機格納容器に対する窒素ガス注入を停止。(〜09:18)
  • 15:16
電源切り替え作業のため、1号機格納容器に対する窒素ガス注入を停止。(〜15:18)
  • 15:45
1号機格納容器に対する窒素ガス供給装置不具合により停止(〜19:44復旧)
  • 19:44
1号機原子炉格納容器内への窒素ガス投入について、代替機を起動し、約28m3/hで注入再開

2011年5月26日

  • 13:30
1号機原子炉建屋北側飛散防止剤(約6,000 m2)の無人散布。(〜16:00)

2011年5月27日

・1号機原子炉建屋へ入域し、地下階滞溜水のサンプリング、水位計取り付け、ホース設置作業を実施。
  • 10:00
1号機原子炉建屋北側飛散防止剤(約6,600 m2)の無人散布。(〜16:00)

2011年5月28日

  • 16:47
1号機使用済み燃料プールへの仮設電動ポンプによる冷却水注入ラインの漏洩確認試験実施(〜17:00)、異常のないことを確認。

2011年5月29日

  • 11:10
1号機使用済燃料プールへの注水開始(〜15:35)

2011年5月30日

2011年5月31日

  • 20:30
1号機の原子炉注水量を、6m3/hからを5m3/hに変更

2011年6月1日

2011年6月2日

2011年6月3日

  • 12:21
1号機に仮設の原子炉圧力計を設置。

2011年6月4日

○ 1号機原子炉注水供給ラインの変更のため、淡水注入を一時停止(09:57〜10:02、13:43〜13:56)
○ 1号機原子炉圧力測定計器を新設(仮設)し、A,B系の測定結果の採用を中止(11:00)
・1号機原子炉注水供給ラインの変更のため、淡水注入を一時停止。
  • 11:00
1号機原子炉圧力測定計器を新設(仮設)。A,B系の測定結果の採用を中止

2011年6月5日

○ 1号機使用済み燃料プールへの注水実施(10:16〜10:48)
  • 10:16
1号機使用済燃料プールへFPC系より注水を開始(〜10:48、注水量:15t)

2011年6月6日

2011年6月7日

2011年6月8日

○ 1,2号機中央操作室照明電源の停止を確認。1号機窒素供給装置圧力の上昇が確認されたため同装置を停止(14:20〜18:03)
  • 11:00
1号機
原子炉圧力:0.028MPaG
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1650mm
格納容器圧力:0.1326MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(8日 11:00):116.0℃
サーモグラフィ(4月26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃
  • 14:20
1,2号機中央操作室照明電源の停止を確認。1号機窒素供給装置圧力の上昇が確認されたため同装置を停止(〜18:03)。
  • 17:32
発電所内の一部の電源盤の復旧。モニタリングポスト7、8の伝送再開(17:54)。1号機窒素供給装置による窒素封入を再開(17:54)。電源盤故障に伴い、2号機タービン建屋立坑の滞留水の集中廃棄物処理施設への移送を停止(14:20)していたが、これを再開(18:03)

2011年6月9日

○ 1.3号機原子炉建屋屋根・外壁(約6,400)に飛散防止剤を散布(09:00〜14:00)
・1、3号機原子炉建屋屋根・外壁に対して、コンクリートポンプ車による飛散防止剤の散布を実施。(約6,400)

2011年6月10日

○ 1,2号機タービン建屋外壁・屋根
2号機原子炉建屋外壁・屋根(約3,000)に飛散防止剤を散布(11:00〜16:00)
・1、2号機タービン建屋外壁・屋根、2号機原子炉建屋外壁・屋根に対して、コンクリートポンプ車による飛散防止剤の散布を実施(約3000)

2011年6月13日

  • 11:00
1号機
原子炉圧力:0.027MPaG
原子炉水位:(A)ダウンスケール(B)-1700mm
格納容器圧力:0.1324MPaabs
圧力容器温度(給水ノズル)(13日 11:00):113.4℃
サーモグラフィ(4月26日07:30頃)
格納容器:25℃
プール:23℃
予定及び現状況
1号機使用済み燃料プール冷却のため、コンクリートポンプ車による放水を開始
中央操作室の照明が点灯(2号機から受電)
1号機への冷却塔の搬入(5/16)
累計放水量
約428t

このページへのコメント

This introduces a pleasingly raotinal point of view.

0
Posted by Emmy 2011年12月22日(木) 16:40:37
http://www.yahoo.com/
返信

4号機で火災、200ミリシーベルトの放射線検出

0
Posted by  2011年03月15日(火) 11:40:42 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます