概要

プレイヤーネームAlex Valle(アレックス・ヴァイエ)
国籍アメリカ
所属LevelUp
Webサイト
Blog
Twitterhttp://twitter.com/#!/AlexValleSF4
Facebookhttp://www.facebook.com/Mr.Valle

「ストリートファイターのプレイヤーといえば?」とアメリカ人に問うと、多くの人は「アレックス」と答える。
全米格ゲー界のコミュニティを数年かけて拡大させた、彼の功績は非常に大きい。
膨大な大会のスケジュールを問題なく進行させる運営手腕。GODSGARDEN総師範KSK氏やNSBがまの油氏も、彼の能力を高くリスペクトしている。

彼が日本で有名になった切欠は、1998年にTV番組で放送された「ストリートファイターZERO3世界一決定戦」である。
当時、日本では使用されていなかったオリジナルコンボやループによる技術で、ウメハラと熱戦を繰り広げた。
この時アレックスが披露した技術は、日本では「アレコン」と呼ばれている。
試合後、ウメハラは「アレックスはとても強いプレイヤーだ」と、評価を一転させている。
その理由は複数ある。日本とアメリカでは、コンボを開発する文化と環境が違うこと。人口の違い。プレイに対する真摯さ。
ウメハラは「将来、海外と日本の差は無くなるかもしれない」と予想していた。
一方、アレックスは「あの時ダイゴに勝っていれば、自分は格闘ゲームの世界に、ここまで熱心になる事は無かった」と2011年のNocal大会で語っている。

アレックスは2000年に「カプコン格ゲー日米対決」に参加するために再び来日した。予定されていた4種目にすべて参加。
スト3rdで唯一アメリカ人として勝利している。
アレックスは2003年にも「闘劇」に参加するために来日したが、この時アレックスは「現役を引退する」と宣言した。
アレックスがプレイヤーを引退した、その理由は、彼がよく通っていた「SHGL(アレックスの地元のゲームセンター)」が閉店してしまったこと。
当時CAPCOMが格闘ゲームの新作を発表していなかったこと……日本では噂が流れた。真相は不明。
しかし彼の情熱は消えていなかった。
2007年、日本のプレーヤーたちは、ウメハラとアレックスがevo2007で戦う姿を見ることになる。
アレックスはウメハラに雪辱を果たし、「現役」の名を日本に轟かせた。

2011年。現在もアレックスは「現役」である。プレイヤーとしても、大会の運営としても。
日本で「アメリカで“強い”格闘ゲームプレイヤーは?」と聞けば、日本人は様々な名前を挙げる。ジャスティン、リッキー……等々
しかし「アメリカで“素晴らしい”格闘ゲームプレイヤーは?」と聞けば、「アレックス」と答える人がいる。
「伝説(legend)」、それがアレックス・ヴァイエだ。

成績
evo2007 ストリートファイター 3rd 三位
evo2008 スーパーストリートファイターX 三位
ストリートファイターZERO3 世界一決定戦 米国代表(Vリュウ)
etc

Street Fighter IV AE

メイン
リュウ
サブ
無し
参考動画

MARVEL VS. CAPCOM 3

メイン
キャプテンアメリカ・ドゥーマム・センチネル
参考動画

Street Fighter X

メイン
Sサガット

Street Fighter 3rd

メイン
ヤン

Street Fighter ZERO3

メイン
Vリュウ・V豪鬼・Xロレント

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

日本プレイヤー

あかさ

たなは

まやらわ

海外プレイヤー

A B C D E F G H

I J K L M N O P Q

R S T U V W X Y Z

Commentator

チーム

プロ

アマチュア

*

どなたでも編集できます