「魔法に絶対の耐性を持つ骨の竜スケリトルドラゴン魔法詠唱者マジックキャスターにとっては手も足も出ない強敵だろうよ!」
メインデータ
名前カジット・デイル・バダンテール
khazit dale badantel
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名
役職ズーラーノーン12高弟の1人
住居? スレイン法国出身
属性
カルマ値:?
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベル信仰系魔法詠唱者
魔力系魔法詠唱者
?.Lv
?.Lv
合計
登場『オーバーロード2 漆黒の戦士』
サブデータ
誕生日身長
年齢40歳前後*1性別
趣味家族母親(故人)
登場web 書籍声優稲葉実
人気投票いない(いない訳ではない)備考

概要

 カジット・デイル・バダンテールとは、邪悪な魔法詠唱者によるテロリスト集団ズーラーノーン12高弟の1人。病死した母親を生き返らせるためにエルダーリッチになって、新しい蘇生魔法を研究しようとしているという、スレイン法国が生んだ狂気のハゲマザコン。

 web版では名前が「カジット・ノーライフ」になっている*2。ただし、書籍でも洗礼名である「デイル」を捨てているため*3、「カジット」の後の名前は変わっている可能性が高いが、洗礼名を捨てたこと以外は記述がない。

外見

 頭髪も睫毛も眉毛も体毛らしいものは一切ない。
 目はくぼみ、体は痩せ細り、生きていることが不思議なほどに顔色は悪く、土気色という言葉が相応しい。カジットは、まるで血のような黒い赤のローブを纏い、小動物の頭蓋骨をつなげたネックレスを首にしている。骨と皮しかないような腕の先には、黄色の汚い爪の生えた手があり、その手で黒い杖を握っている。
 人間というよりアンデッドモンスターのような姿である。
 
 年齢は不明だが、少年時代に母親が死に、30年以上経過している模様*4。肌にシワは少ないため、年寄りというわけでもない*5

性格

 マザコンを拗らせた狂人。
 子供の頃は英雄に憧れる普通の村人だったが、母親が死亡してから蘇生するための研究を30年以上続けてる。また、エルダーリッチになるための儀式の準備を数年かけて行うなど、執念深さと用心深さを有しているが、戦闘経験は多くないのか、モモン(アインズ)との戦闘前の駆け引きで「もう少し考えて喋るだろ」と、烙印を押されている。
 間違いなく狂人だが、一応、自分自身が狂っていることは自覚している模様*6

強さ

 アンデッドの支配に特化した第三位階を使える魔法詠唱者と思われる(《クリエイト・アンデッド/不死者創造》が第三位階であること。それ以上の位階魔法が出ていないことから。web版では「第三位階」と記述されている。(昇級試験-2))。
 そのため、100体以上の低位アンデッドを操る事が可能。さらに作中では死の宝珠の支援も受けて150体以上のアンデッドを支配している。
 
 死の宝珠を使用した状況とは言え、クレマンティーヌの刺突攻撃を防ぎ啖呵を切れるなど、戦闘力は高いがそれでも勝算は三割程度だという*7。また、スケリトルドラゴン2体がいる状態であれば、冒険者ナーベが相手なら互角以上の戦いが出来る強者である。また、蒼の薔薇の戦士のガガーランから「やつらの高弟だと勝つのは辛い*8」と評されている。
 
 記述では「信仰系魔法を捨て魔力系魔法を使って〜」とあるが*9、信仰系魔法が使えなくなったわけではないらしく、クレマンティーヌが「カジッちゃんがいれば回復して拷問できる*10」と発言している。

作中の動向

 スレイン法国の辺境の村で、屈強な父親と穏やかな母親の一人息子として生を受ける。
 ある日、外で遊んでいたら帰る時間が遅れてしまい、急いで帰宅すると母親の亡骸を発見してしまう。死因は脳卒中と思われる病死だったが、言い付け通り早く帰宅すれば助けを得られたと自分の責任を感じたカジットは、母親を蘇生する手段を求め奔走するようになる*11

 しかし、現存する(現地人が使用可能な)信仰系魔法では不可能と知ると、今度は魔力系魔法を使用し、アンデッドになり新しい蘇生魔法の研究を目指す(このタイミングでズーラーノーンに所属したと思われる)。
 だが、アンデッドになるための魔法的才能や、時間などの条件を自力でクリア出来ない可能性を考え、大量の人間を生贄にして膨大な負のエネルギーを発生させる都市壊滅規模の魔法儀式『死の螺旋』に目をつける*12

 作中では、エ・ランテルの墓地の霊廟で儀式の準備に5年の歳月を費やした段階で登場(母親の死から30年以上経過)。
 まだ準備に時間がかかる予定だったが、スレイン法国から『叡者の額冠(えいじゃのがっかん)』を盗んできた同じくズーラーノーン12高弟の1人、クレマンティーヌと協力することになり、叡者の額冠とンフィーレアを利用して儀式を前倒しで行うことを決めた。
 
 カルネ村への薬草採取からようやく帰宅したンフィーレアを拉致し、第7位階魔法《アンデス・アーミー/不死の軍勢》を使用し、大量の低位アンデッドを発生させることに成功。エ・ランテルの墓地から都市部へ侵攻を開始するも、突如現れた謎の冒険者、モモンナーベによって計画は破錠。
 切り札の、魔法への絶対耐性を持つスケリトル・ドラゴンを2体召喚するも、ナーベとの一騎打ちの末にスケリトル・ドラゴンごと二重最強化された《チェイン・ドラゴン・ライトニング/連鎖する龍雷》で全身を焼かれて死亡する(アニメではほぼ完全な灰)。

 カジットとクレマンティーヌの死体はモモンから冒険者組合に引き渡され、転移阻害を施した安置所に置かれていたが、事件翌日の朝には死体ごと無くなっていた。*13

web版

 ズーラーノーン所属、第三位階を使える魔法詠唱者。カジット・ノーライフ*14
 書籍と同じくエ・ランテルの墓地で怪しい儀式をしているが、境遇や生い立ちの記述はなく、突然やってきた中肉中背の冒険者モモン(ナーベラル)によって儀式が邪魔された後に同じく二重最強化した《チェイン・ドラゴン・ライトニング/連鎖する龍雷》で死亡。
 クレマンティーヌは出てこないし、死の螺旋でもなくただ強いアンデッドを作るために儀式を行っていた模様。

装備

  • 黒い杖……スタッフ・オブ・シャドウ
  • 黒い赤色のローブ
  • 小動物の頭蓋骨をつなげたネックレス
  • 死の宝珠 
  • メダリオン・カジットズマザー……マジックアイテム
  • ネックレス・オブ・レッサーアンデッドコントロール
  • ポストクラウン・オブ・ネクロフォーム……丸山くがね「どんな効果があるんですか?」
  • ほか色々(2巻雑感)

武技

関連項目

カジットの母親
カジットが少年時代に病死した母親。穏やかな人だったらしい。
クレマンティーヌ
ズーラーノーン12高弟の1人。元漆黒聖典第九席次。英雄級の力を持つ性格破綻者。
ナーベ
第三位階が使える身の程知らずの馬鹿。
ンフィーレア・バレアレ
拉致した挙句薄衣を着せて、殆ど全裸同然の姿にした。
スケリトル・ドラゴン
3メートルの巨大な骨ドラゴン。恐らく全高3メートルと思われるが、アニメでは明らかに3メートルよりでかい。

その他

  • カジットのクラス構成 D&D元ネタ考察サイト Tomb of the Overlord様
  • 叡者の額冠えいじゃのがっかんを遠目で一度見たことがある*18。場所は不明。

このページへのコメント

前と同じように名前を変えられています。
バダンテール○→バダンデール✕

0
Posted by 名無し 2023年08月19日(土) 08:27:39 返信数(1) 返信

修正しました
意図がわからないな……

1
Posted by 名無し 2023年08月19日(土) 09:18:03

出典:1-096 → 2-096
内部リンク追加
など

0
Posted by 名無し 2022年06月11日(土) 20:42:26 返信数(1) 返信

oh...

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2022年06月11日(土) 20:50:18

アニメでクレマンの刺突防いだのって、スケリトルドラゴンの爪?それとも別の魔法?

0
Posted by 名無し 2021年11月09日(火) 23:30:31 返信数(1) 返信

明らかに爪でしょう
2巻の該当部分を読めばもっとわかりやすく書いている

0
Posted by 名無し 2021年11月10日(水) 23:43:43

プロテクショネナジー→プロテクションエナジーでは?

0
Posted by 名無し 2021年09月11日(土) 12:25:12 返信数(2) 返信

本当だ

0
Posted by 名無し 2021年09月25日(土) 20:49:11

コメント見逃していました
ありがとうございます

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2021年09月25日(土) 21:34:58

法国が言ってた元神官長っていうのはこいつのことかな?
実力的にはニグン以上だろうし5年準備しただけで大都市落とせるくらいの実力だから法国でもかなり上の首脳部だったことは確かだろうから。

1
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 14:22:39 返信数(7) 返信

え?そういう発想もあるのか
自分は組織でずっと研究してたとか一人で研究してたかとおもってる

1
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 15:03:52

作中かどこかで法国出身なのは明言されてたはずだし信仰系の魔法を学んで捨ててから数年くらいで魔法系でも3位階以上に達してるから効率的なレベルアップをしてるのかと思ってその知識は王国や帝国にはあんまり伝わってなくて法国の上層部くらいしか伝えられてないから法国の上層部(本人の実力的に聖典以上)出身なのかと思って。

信仰系魔法も誰でも学べるわけではないしね。

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 15:28:02

でもこいつは魔力系をあげてるみたいだからちがくない?
それに30年近く研究してたってこのページにかいてあるよ?

1
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 15:58:41

信仰レベルがどれ位かわからないけど一、二くらいは法国でも普通にいそうだけどなぁ

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 16:00:00

それに冒険者の話だと平均は高いらしいし、位階1.2は普通にいそう
宗教国家で教育レベルも高いとなるとそこまで上層部にいけそうに思えないな

だって魔力系の魔法使いでかなり強いとなると信仰のレベルもたかがしれてそう

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 16:06:47

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


どなたでも編集できます