カッツェ平野
詳細
タイプ土地
種族アンデッドなど
所属所有者無し。
所在地エ・ランテルの南東。
Media
登場作品web 書籍

概要

 カッツェ平野とは、エ・ランテルの南東、竜王国の北西に位置する呪われた地である。

 アンデッドの多発地域であり、スケリトルドラゴンなどの強力なアンデッドが出現することがある。常に薄霧に覆われており、霧自体は無害だがアンデッド反応を持っているため、アンデッド探知が無効化されて、奇襲を受ける冒険者が数多くいる。この薄霧は、リ・エスティーゼ王国バハルス帝国の戦争が行われる日だけ何故か晴れて、アンデッドたちも姿を消す。*1
 この土地の領主はいないものと思われる。

 アンデッドの多発地域の為、王国の冒険者や帝国の騎士達が共同で掃討を行っており、帝国と王国が共同で物資を運んでアンデッド退治を行う者達を支援する為の小さな街(ヴァディス自由都市*2を維持している程、この地でのアンデッド掃討の重要性は高い。*3

web版

 アンデッド反応がある薄霧についての描写はない。何らかの理由で書籍版で薄霧が追加された模様。

地形・建造物

 緑が殆ど無い赤茶けた大地。
 数百年前の崩れた建造物がいくつかあり、元六階建ての尖塔や厚い塀だったものが瓦礫となっている。丘陵地域にバハルス帝国が数年かけて築いた、カッツェ平野駐屯基地が存在する。これはエ・ランテルへ攻め込むための拠点であり、王国の数十万の兵に対する、籠城戦を考慮した巨大要塞である。

 なお、王国はこれに対して何の対処をすることもなく建造を許してしまっており、自国の余裕の無さや、まとまりの悪さを帝国に晒している。 *4

web版

 崩れ落ちた尖塔等の建築物についての描写はない。web版には存在しないのかもしれない。
 

出現モンスター

 アンデッドの多発地域であるため、王国と帝国が互いに兵を出しあって、これの討伐任務を行っている。(王国は冒険者を出している。)*5
 冒険者ワーカーにとっては良い稼ぎであり、*6 国にとっては出費と犠牲のかさむ場所である模様。*7
  • デス・ナイト
    • 伝説のアンデッドモンスター。アンデッド掃討中の帝国の一個中隊を壊滅させた後、フールーダとその高弟たちによって捕縛された。*8
  • スケリトル・ドラゴン
    • 難度およそ48。魔法が効かない凶悪なアンデッド。帝国では優秀な冒険者を雇うように通達されている。
    • かつて冒険者ベベイの仲間が二人殺されている。*9
  • 幽霊船の船長
    • エルダーリッチ。陸を走る船の船長。*10 アンデッドの群れを従えているらしい。*11
  • アンデッド師団
    • 漆黒の英雄モモンの偉業の一つに出てくる。カッツェ平野から外に出たアンデッドの群れ。*12
  • その他アンデッド
    • スケルトンやゾンビなどの低級アンデッドたち。*13
    • スケルトンウォリアー、スケルトンメイジ、エルダーリッチなど、フォーサイト討伐実績にある「エルダーリッチ兵団」もカッツェ平野から出現したものと思われる。
  • その他
    • アンデッド以外のモンスター。詳細不明。*14

関連項目

  • リ・エスティーゼ王国
    • 年一のいつもの戦争場所。防衛戦なら団結する気になるが、侵攻戦は自領(貴族)に関係なければ面倒な貧乏くじであり、他人事扱い。
  • バハルス帝国
    • 主に騎士たちで警戒・討伐任務をさせている。丘陵の拠点作成では魔法による土木工事を数年がかりで行った。*15
  • アインズ・ウール・ゴウン辺境侯
    • エ・ランテル近郊の土地として治める予定。
  • アインズ・ウール・ゴウン魔導国
    • 明確な記述はないが12巻までには支配下に置いたらしい。カッツェ平野の幽霊船が魔導国領内のエ・ランテル近郊で出現している。
  • 小さな街
    • 『ヴァディス自由都市』がスマホゲーム「オバマス」で登場した。王国と帝国の両国共同で作られた街。人口は少なめ。対モンスター用の頑丈な壁で囲まれている。エ・ランテル南東、カッツェ平野北の街道沿いにある。
  • 名前の元ネタ
    • 名前の元ネタ一覧の項目。

その他

  • カッツェ平野の帝国拠点から帝都までが、通常の行軍だと一週間以上かかり、補給なしで移動系の魔法を使うと三日かかる距離。*16
  • カッツェ:Katze(独)の意味は「猫」なので、城を占拠したギルド、ネコさま大王国の跡地なのではないか? という考察がある。

このページへのコメント

オバマスにて、小さな街の名前が判明しましたね。
また、小さな街の位置は街道沿いにあるため、カッツェ平野外部かと思われます。

0
Posted by 名無し 2019年10月02日(水) 11:25:28 返信数(3) 返信

名前を……

2
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年10月02日(水) 21:14:48

名前は『ヴァディス自由都市』

王国と帝国の両国共同で作られた街。人口は少なめ。対モンスター用の頑丈な壁で囲まれている。

だいたいこんな感じの情報だったと思う。

0
Posted by 名無し 2019年10月03日(木) 03:52:58

ありがとうございます追記しました

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年10月03日(木) 23:08:09

幽霊船に魔導国の国旗が掲揚されていることから、12巻時点でカッツェ平野は魔導国の支配下にあると考えられる点を追記しませんか

0
Posted by 名無し 2018年10月16日(火) 12:40:02 返信

12巻で出てきた幽霊船の霧についてのネイアの考察を乗せてほしい
あの考察があってるならカッチェ平原の霧の全てが幽霊船ガ出してることになるのかな、だとしたら戦争の日だけ晴れるのも説明がつく

0
Posted by 名無し 2018年10月15日(月) 20:36:03 返信数(7) 返信

12-149の「父から聞いたことがある〜」か、12-159のグスターボとレメディオスの台詞のどっちだと思うのですが、どこでしょうか?
違うとしたら特殊環境変化(12-149)の話かな


>あの考察があってるならカッチェ平原の霧の全てが幽霊船ガ出してることになるのかな、だとしたら戦争の日だけ晴れるのも説明がつく

考察がどれかわからないので返信するのもあれなのですが、幽霊船の周辺に霧が発生しているだけで、霧に持続性はないようです(12-161:「霧が晴れてきたようだ」)。

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年10月15日(月) 20:53:37

12-160の最後の方の、本体から出てるなら船の周りは船は濃すぎて見えないはずみたいな感じのぶんしょうです。見返すしたら考察って感じじゃなかったです
平原の霧が全て幽霊船が出ているなら調整出来るはずだから、意図的に人が多く死ぬように戦争中だけ霧を晴らさせてるなら、一日だけ不自然に気候が変わる説明になると思いました。

1
Posted by 名無し 2018年10月15日(月) 21:24:10

>幽霊船の周辺に霧が発生しているだけで、霧に持続性はないようです
霧が晴れてるのは幽霊船が移動して、霧の範囲外に出ただけなので、持続性なんかの予想は出来ないいんじゃ無いかな。

0
Posted by 名無し 2018年10月15日(月) 21:33:39

そうですね。見たものを説明と予想してる感じかな。
じゃあ個別で使いましょう

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年10月15日(月) 21:38:38

>>幽霊船の周辺に霧が発生しているだけで、霧に持続性はないようです
>霧が晴れてるのは幽霊船が移動して、霧の範囲外に出ただけなので、持続性なんかの予想は出来ないいんじゃ無いかな。

カッツェ平野ってめちゃくちゃ広いですよ
幽霊船を10000隻くらい等間隔に並べてローラー作戦でスモーク炊かないと難しいと思います

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年10月15日(月) 21:42:41

小さな街について追記しました。

0
Posted by  ginga ginga 2017年07月18日(火) 21:56:09 返信

web版での薄霧と崩れた建築物について追記しました。
あと、「厚い掘」を「厚い塀」に修正しました。

0
Posted by  ginga ginga 2017年06月20日(火) 23:01:45 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます