スレイン法国
詳細
タイプ
リーダー最高神官長
種族人間
人口1,500万以上*1
建国600年前
首都神都*2(名称不明)
所在地エ・ランテルから南
Media
登場作品web 書籍
◎イラストは、pixiv「スレイン法国 国旗」を作者のくろっぴー様から許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用などは禁止です。

概要

 スレイン法国とは、六百年前に現れた強大な力を持つ六名のプレイヤーによって救われた人間の国家である。
 自分たちを救ってくれたプレイヤー達を六大神と定めて信仰し、人類の守り手として他種族狩りなどの活動を長年に渡り行っている。
 人こそが神に選ばれた民であるという宗教概念を持ち、人以外の他種族は殲滅すべしという理念を掲げている。*3
 かつてエルフの王国とは協力関係があったが、関係がこじれて戦争中。*4

スレイン法国の歴史

※ソースが書籍・web版混同です。注意してください。
全体の歴史は時系列を参照してください。

社会

 四大神信仰が一般的な近隣諸国に対して、スレイン法国では光と闇の上位神を加えた六大神を信仰し、六つの宗派に分かれている宗教国家。*25
 宗派は分かれているが、人は弱く、周りは敵だらけであるために団結しなければならないという考えを国民に持たせることで、目的を統一して強国化を進めている。*26 
 また、法国では一定以上の地位からは徐々に給料が減っていく。これは上に立つものが私欲にまみれた人間ではならないという自浄が目的である。
 そのため、地位の高い大概の者は、国のため、人のために身を粉にして働きたいと願うものだけである。*27
 人間以外の他種族に排他的かつ攻撃的であるものの、スレイン法国が他種族狩りを行っているお陰で、周辺の他の人間国家が保たれている。*28
web版
 殆ど同じだが、web版では死の神スルシャーナとweb版アインズの見た目が似ているため、一柱だけの再臨で自国の神殿勢力の勢力バランスが崩れて宗教戦争になるのではと懸念した。*29
奴隷の販売
 スレイン法国ではエルフの奴隷が市場に出回っている。
 エルフの奴隷たちは、非常に高額になるが、中には魔法やスキルを使える者も奴隷として売られている。*30
 奴隷たちは買い手の手に届くまでに様々な手段で心を完全に砕かれているため、反抗されることはなくなっている。*31
 奴隷の証としてエルフの耳を中ほどから切り落としている模様。*32
 バハルス帝国の闘技場では亜人種族の奴隷などがいるが、*33 法国がどのくらい奴隷の確保や売買をしているかは不明。

機関

 最高神官長が国のトップとして存在し、次いで、六柱の神からなる六つの宗派の最高責任者である六人の神官長がいる。
 これに、司法、立法、行政の三機関長。魔法の開発を担う研究館長。軍事機関の最高責任者である大元帥の合計十二名が法国の最高執行機関である。
 新しい最高神官長の選定は、六名の神官長たちから、現在の最高神官長が属する宗派を除いた五人の中から選ばれる。*34
 その他、地、水、火、風、闇、光の六大神殿があり、各神殿の巫女姫を使った大儀式を行っている。*35
六色聖典
 六色聖典の詳細については別項目を参照。

軍事力

 六大神(プレイヤー)の遺産を多数所有。*36
 近隣諸国で最大の軍事力を持ち、*37 様々な分野の特殊工作部隊である六色聖典と、スレイン法国最強の番外席次を有する。
 プレイヤーの力を覚醒させた者を「神人」と呼ぶ。ただし、六大神の血を引くと認定された場合であり、他の血を引く者は別の呼び方をされる。*38
 現在法国には三人(もしくは二人)の神人がいる。*39
 また、法国の剣士の平均は高いが、突出したものは(表舞台には)いないようで、いるとしても信仰系魔法詠唱者である。*40

都市など

  • エ・ランテル近郊をかつて所有していたらしい。*41
  • 他不明。

関連項目

  • アインズ・ウール・ゴウン魔導国
    • エ・ランテルをアンデッドが跳梁跋扈するこの世の地獄に変えた国。都市は特級のアンデッドたちの尽力で平和的に統治されている。
  • リ・エスティーゼ王国
    • 腐り果てた国。本来なら安全で肥沃な大地から、多くの勇者たちが育つはずだと期待していた。
  • バハルス帝国
    • 優秀な国。腐った王国を併呑させ、優秀な人材を育成する方針に切り替えた。
  • アーグランド評議国
    • 最強の竜王が統治者の一翼で、亜人達が暮らす異種族の国。法国民の敵意が評議国に向く危険性があるため隣接を避けている。
  • エルフの王国
    • 裏切り者。もうすぐ滅ぼせる予定。

小ネタ

  • 六大神が広めたとされる玩具「ルビクキュー」(ルービックキューブ)がある。*42
  • 近隣諸国では唯一、住民台帳を作成している。*43
  • 王国にも台帳はあるが、生死に関する更新が滞ったかなり大雑把な物で、数万件の誤りがあるとされている。*44 帝国は不明。
  • 法国の名前は、「名・洗礼名・姓」で出来ている。*45

このページへのコメント

ちょっと作りすぎちゃったデスナイト&ソウルイーター軍団にビビりまくって、
会議で「あんなのが押し寄せてきたら国の建て直しに何百年もかかる(実質滅ぶ)
でも虎の子の番外と隊長出せば大丈夫」って言ってる時点で・・・

その虎の子はたった二人しかいないのと、ナザリックはそれと同等かそれ以上の上級モンスターがウジャウジャいて、フル武装したガチの側近NPCがよってたかって来たら終わりだよな。

1
Posted by 名無し 2018年10月19日(金) 15:03:33 返信

てかエルフの王国をさっさと滅ぼせられない時点で、スレイン法国の力も程度が知れている気がする。

番外席次はツアーを刺激するとかの理由があり動けないとあったから、本当は力を使えればエルフの王国は簡単に滅ぼすことは可能。それならまだ力が未知数ではあるんだけど、番外席次がシャルティアに勝てそうな理由が吸血鬼が武装するはずがない!っていう漆黒聖典隊長の希望的観測だしなぁ。
仮に一対一で互角程度なら守護者2人以上は勝ち目皆無ってことになるな。

というかLV90代のやつらも他に沢山いる上に、さらに上位アンデット作成で追加作成できるのにどうしろと。

LV40程度のデスナイト&ソウルイーター集団にビビッたり、アインズの超位魔法一発で法国が絶望している描写も含めて、フルボッコにされるフラグがどんどん溜まっていってるな。

1
Posted by 名無し 2018年10月14日(日) 07:18:12 返信

注意すべきはこの国じゃなく、アルベド、プレイヤーやNPCの生き残りや子孫が、潜んでるかも知れないあの都市か?

0
Posted by 名無し 2018年10月01日(月) 19:36:21 返信

そういや虐殺の時って構成防壁とか全部解除してたのかな?
そこそこ離れてたニグンを監視して食らってたから、デスナイトが見れた時点では発動させてたら食らってもおかしくなさそうだけど
見せる前提だったんだっけ?

0
Posted by 名無し 2018年09月29日(土) 16:23:02 返信数(3) 返信

13巻で
いまはフレンドリーファイヤーしちゃうから探知のみに留めてるという話が書かれてたね

1
Posted by 名無し 2018年09月29日(土) 18:35:28

力を知らしめる意味もあった気がするから攻性防壁は張ってないんじゃないかな

0
Posted by 名無し 2018年10月01日(月) 01:47:15

じゃあ特に行ってなかったけど逆探知はしてたのかな?

0
Posted by 名無し 2018年10月19日(金) 19:20:55

法国が知ってるアインズの戦力、戦闘力
・100,000人以上殺せる第11位階を打てる(課金アイテム無使用の時間がかかる版)
・中位アンデット数百
・武王と同等の近接戦闘能力
・武王の攻撃の無力化
・蘇生魔法
・マーレとアルベド(戦闘力は不明)、カルネ村にいた黒鎧の戦士
法国が知っているかもしれない戦力、戦闘力
・中位アンデットの無尽蔵な作成
・残りの守護者(ビクティムを除く)、高位のシモベ(ともに戦闘力は不明)
・デミウルゴスの精神支配
・聖王国で使った高位の魔法
・大森林と平原と山脈の亜人種、異形種
・カルネ村のゴブリンその他

うん、まだ勝ち目はあるな(自己暗示)

3
Posted by 名無し 2018年09月23日(日) 03:17:45 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます

閉じる
ネタバレスレの案内
新刊・ドラマCDは発売日より7日間ネタバレ禁止です。ネタバレに関することは掲示板「ネタバレスレ」へお願いします