'「ばっか! これが落ち着けるか! すげぇよ、これ!」'
メインデータ
画像
名前テオ・ラケシル
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名
役職エ・ランテル魔術師組合長
住居エ・ランテル
属性
カルマ値:?
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベル魔法詠唱者
?.Lv
サブデータ
誕生日身長
年齢30代後半*1性別
趣味家族
登場web 書籍声優櫻井トオル

概要

 テオ・ラケシルとは、リ・エスティーゼ王国の都市の1つ、エ・ランテルの魔術師組合長である。
 元冒険者であり、同じくエ・ランテルの冒険者組合長をしているプルトン・アインザックとはかつての冒険者仲間で、今なお友人関係が続いている。
 ただでさえ超希少アイテムである『魔封じの水晶』に、神話の領域である、第八位階の魔法が込められていると聞いて狼狽し我を失い、水晶に頬ずりしたり舐めだした変態。
 大人の都合でアニメ未登場だが、4巻ドラマCD「封印の魔樹」で登場済み。

 年齢の記述はweb版のみで、アインザックのほうが年上。(アインザックは40代 web:設定)

外見

 ローブを纏い、非常にやせ細った体付きをした神経質そうな男。
 他にもマジックアイテムのベルトをしているらしい*2
 
 書籍ではこれ以上の記述はないが、web版では、深い緑のローブを纏い、魔法の力を宿す水晶入りの黒檀製スタッフと、3つの指輪、腕甲の各一級マジックアイテムを装備している。*3
 

性格

 とりあえず、正気のときは少々皮肉屋でありながらもまともな魔術師組合長で、モモンカジットの企みを素早く打破したことを高く評価し、ミスリルプレートが与えられたことに不満を漏らしている。
 職業柄魔法に詳しく、モモンが謎の吸血鬼ホニョペニョコに対抗する切り札として出した、魔封じの水晶の詳細をズバリ言い当てた。
 だが、そこに込められた魔法が第八位階というおとぎ話にも有るかどうか不明の領域と知ると、正気を失い、少年のように大はしゃぎし、水晶をベロベロ舐めだした挙句、「使うのをやめよう! もったいない!」と言い出して、アインザックに叱られた。

強さ

 元冒険者の魔法詠唱者。
 魔封じの水晶に込められた魔法の種類を判別することはできなかった。

作中の動向

 作中では、モモンがアンデッド大量発生の事件を解決した翌日、エ・ランテル近郊に突如現れた謎の吸血鬼ホニョペニョコについて、会議を行う場面で登場。
 会議の最中にしたことは、一応まともなことも喋ったが、モモンに敵愾心丸出しのイグヴァルジを皮肉り、水晶を舐めたくらいである。
 書籍に記述はないが、ホニョペニョコが第三位階の《アニメイト・デッド/不死者創造》を使ったため、魔法に詳しい識者として招かれたと思われる。

 なお、対吸血鬼の話し合いで、識者として本来最も優先して招かれるはずの神官ギグナル・エルシャイは省かれた。*4
 可哀想。

 エ・ランテルが魔導国に譲渡されてからも組合に残り、冒険者組合でアインザックと話し合いをしていたが、アインズ・ウール・ゴウン魔導王が突然組合に現れる。
 アインザックと魔導王の二人の話を隣の部屋で盗み聞き、その後、新しい冒険者に未来を感じて同調したアインザックに対して、未知を求めてまた旅に出ることを提案し、二人で笑いあっている。

装備

  • 深い緑色のローブ
  • 魔法の力を宿す水晶をはめ込んだ黒檀のスタッフ
  • 3つの指輪
  • 腕甲(ブレイザー)
  • ベルト …… 水晶を見せてもらうための担保に渡そうとしたベルト。書籍ではこれ以外の装備は不明。

武技

  • 不明。なし。

関連項目

その他

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます