「何を言うか。あやつが負けたからと言って、相手が強いとも言えまい?」
メインデータ
画像
名前デイバーノック
種族異形種(アンデッド)
分類現地出身(モンスター)
異名不死王
役職六腕
住居
属性
カルマ値:?
種族レベル死者の大魔法使い 
?.Lv
職業レベル
?.Lv
サブデータ
誕生日身長
年齢性別
趣味家族無し
登場書籍声優真木駿一
備考自然発生した死者の大魔法使い備考 

概要

 デイバーノックは、王国で蠢く裏の組織八本指・警備部門の六腕の一人である。「不死王」の異名を持つ。

外見

 正体は死者の大魔法使いエルダーリッチ
 真紅の糸で縫い上げた裾以外は黒く染められたフード付きのローブを身に纏っている。
 フードを深く被っているため顔は窺い知れないが、漂う気配は死のそれを感じさせる。
 声は暗く、背筋が凍り付きそうな或いは墓穴から話しかけられたような、虚ろな響きをしている。

性格

 自然発生した死者の大魔法使いであり知性を持つ。生者を憎む一般的なアンデッドとは違い憎しみを抑え生者と関わる。
 自身の目的である、より多くの魔法の修得のために、魔法を教授してくれた者へ金銭の支払いを対価とする事を考えた。

強さ

 八本指の警備部門において最高の戦闘能力を有する六腕の一角を担う。六腕はティアをして「アダマンタイト級に匹敵すると思われる」と評されている。

作中の動向

 当初は街道を征く人間を殺害し金銭を得ていたが、自身を掃討するために現れた冒険者に敗走した。それ以後は正体を隠して傭兵団に所属したが、<火球ファイヤーボール>の連射が可能という事から正体を知られたため、そこも逃亡した。
 その後、出会ったゼロから「自分の下で力を振るう代わりに、魔法技術を教授してくれる人物の紹介及び適度な報酬の支払いをする」事を承諾し、六腕となる。
 ゼロの意向を受け、娼館を襲撃した犯人を見せしめに抹殺するべく、攫ったツアレを餌に六腕の3人と共に*1犯人であるセバスを待ち受ける。しかし、瞬く間に頭部を吹き飛ばされ偽りの生命を終えた。

スキル

-

関連項目

その他

このページへのコメント

デイバーノックってアインズ様的には貴重なサンプルだったんじゃないかな?
ナザリック産デスナイトは武技を新たに習得することはできないみたいだけど、現地産エルダーリッチは新たに魔法を習得できている
ならナザリック産エルダーリッチは?

0
Posted by 名無し 2019年03月23日(土) 12:44:33 返信数(1) 返信

その実験を考えているからアインズ様はフールーダのデスナイトを調べようとしてるんじゃない?

0
Posted by 名無し 2019年03月23日(土) 14:26:52

WEB版にディーヴァーナークって名前の堕落と快楽の魔神があったが、デイバーノックの名称はそこ由来かな

2
Posted by 名無し 2018年03月21日(水) 16:50:21 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます