「奪われる辛さは知っていたはずなのに、何でそこまで考えが及ばなかったんだろう」
メインデータ
画像
名前ニニャ(偽名)
セリーシア・ベイロン*1
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名術士(スペルキャスター)
役職銀級冒険者 漆黒の剣のメンバー
住居エ・ランテルが拠点
属性
カルマ値:?
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベル魔法詠唱者
?.Lv
サブデータ
誕生日身長
年齢チームでは最年少性別
趣味家族ツアレ(姉)
登場web 書籍声優田村睦心
人気投票64位タレント魔法適正

概要

 ニニャとは、リ・エスティーゼ王国のエ・ランテルの冒険者組合所属、銀級冒険者「漆黒の剣(web:旋風の斧)」の魔法詠唱者である。

 幼い頃に貴族の豚に姉を奪われ、姉を救い出す力を求めて邁進する少女。 魔法の天才として名高く、本人は恥ずかしがっているが「術士(スペルキャスター)」の二つ名を持っている。
 なお、「ニニャ」は偽名であり、姉を忘れないために付けたものである*2 。オバマスで「セリーシア・ベイロン」という名前が出た。愛称は「セリー」

 web版でも同じ事情で冒険者として登場しているが、で金髪碧眼。*3

外見

 濃い茶色の髪と青い瞳。 肌は白く、顔立ちもチームでは一番美形で中性的な美しさがあり、声もやや甲高い*4

 女性であることは隠しているため、男装している模様*5 。魔法詠唱者なので装備は軽装。 皮の服を装備し、ベルトには奇妙な形の瓶や木工細工をぶら下げている。

性格

 姉を攫われたため貴族を非常に恨んでおり、復讐を胸に秘めている……どころか普通に会話にドロドロしたものを混ぜてくる。隠す気は全く無いようで公言している。 そのせいでやや陰気な面もあるが、モモン(アインズ)のしつこい質問にきちんと答えたり、その強さに憧れを懐き称賛するなど真面目な明るい少女である模様。

 チーム名である「漆黒の剣」の由来は、彼女が十三英雄の魔剣が欲しいと言い出したことがきっかけで決められた。 だが本人は若気の至りだと恥ずかしがっている。*6

強さ

 リーダーのペテル曰く「チームの頭脳」
 弟子時代に師匠から得たと思われる豊富な知識と魔法で仲間をサポートしている。 また、タレント『魔法適正』を所持しているため、魔法の習熟が通常の倍近く早い。 本人に魔法の才能もあったため、順調に成長すれば英雄の領域に登り、フールーダ・パラダインの近くまで到達できるはずだった*7

 彼女のレベルや使用位階は不明だが、《マジックアロー/魔法の矢》の光弾を2つ放つ事ができる。 漆黒の剣の最高位階は第二位階まで。*8

作中の動向

 村で生まれ、両親を早くに亡くしたが姉妹で助け合い仲良く暮らしていた。だが、姉がタチの悪い領主に妾として連れ去られ、玩具のように弄ばれて飽きたらゴミのように捨てられるだろう予想して憤慨し、姉を救う力を求めて村を出ることを決意*9 。やがて魔法の力を探れるタレントを持つ師匠と出会って魔法の教育を受ける。*10 

 それ以後は冒険者になりリ・エスティーゼ王国のエ・ランテルを拠点にして活動していた模様。 チーム名にしている漆黒の剣とは、13英雄の1人”黒騎士”が持っていた4本の魔剣のことである。 彼女がこれを欲しいと言い出したことでチーム名が決まり、チームの目標にして名付けられた。*11

 作中では金稼ぎの手段として、チームで街周辺のモンスター狩りをするつもりだったが、そこで仕事を探していたモモン(アインズ)を誘う場面で登場。 上っ面の微笑を浮かべているが、「貴族」という単語が絡むたびにドロドロしたものをその仮面からこぼれ落としている。 道中、モモンの圧倒的な強さに憧れを抱いたのか、それとも仲間を失ったモモンの過去に共感を得たのか、非常に親しみのある態度に変化している。

 カルネ村から無事帰還後、ハムスケの魔獣登録をするために組合に行ったモモンと分かれてバレアレ薬品店に荷降ろしに向かったことでクレマンティーヌと遭遇。 最後まで助けが来ることを信じていたが、為す術無くクレマンティーヌの嗜虐心を満たすための拷問を全身に受けて死亡。
 彼女の姉への思いは伏線の一つとして後々救われることになる。

web版

 職業:ウィザード チーム名:旋風の斧 Eランク冒険者*12
 習得している魔法数が、師匠に教わった魔法が20で、購入した魔法が15の合計35を使用可能。*13

 web版ではモモン(ナーベラル)にポーター(荷物持ち)を依頼し、モンスター狩りに出発している。 また、カルネ村の調査にも赴いており、要塞化しているカルネ村とゴブリンを支配するエンリに出会っている。 なお、書籍と同じく、チーム名は13英雄の武器から取ったもので、振れば嵐を起こすことの出来る武器が元になっている。
 エアジャイアントの戦士長の持ち物。*14

装備

  • スタッフ*15
  • 皮の服
  • ベルト …… 奇妙な形のポーションや木工細工がぶら下がっている
  • ニニャの日記 …… アインズはこれから得た知識を借りと捉えそれに報いた。
  • 魔道書 …… web版限定。35の魔法が刻まれている。*16
  • 【web版の魔法習得の解説】*17
    • web版で魔法を使用するには、自分と契約した媒体に、特殊な手段で魔法の公式を刻み込むと、精神力の分だけ使用可能になる。
    • 増やす方法は、知っている人間(師匠)から教わる。巻物を買って移し替える。他人の媒体から奪うなど。
    • ただ公式を見て写せばいいだけではない模様。
    • 書籍版では、「世界への接続」が必要。*18

タレント

  • 魔法適正……魔法の習熟が早まるタレント。通常なら8年かかるところを4年でマスターする。

武技

  • 不明。なし。

関連項目

  • ルクルット・ボルブ
    • 「ああ、それ」
  • ペテル・モーク
    • 「あれはニニャが欲しいと」
  • ダイン・ウッドワンダー
    • 「恥じることはないのである! 夢を大きく持つのは重要なことである!」
  • モモン
    • オーガを一刀両断する超級の戦士。エ・ランテル近郊に大昔いた天変地異を操るドラゴンの事を調べる約束をしたが、ニニャが死亡したため約束を守ることは叶わなかった。
  • ツアレニーニャ・ベイロン
    • 伏線の姉。
  • ニニャの師匠
    • フールーダ・パラダインやアルシェと同じタレントを持った人。魔法の才能のある子供を集めて教育している。
  • 伊藤尚住
    • 「姉?妹? 伏線どこ? 読み直してもわかんない!!」→アニメで胸の膨らみが出来てわかりやすくなる。

その他

-

このページへのコメント

オバマスでの設定ではありますが、本名が明かされましたね。

0
Posted by 名無し 2020年10月12日(月) 23:33:43 返信数(5) 返信

これは二次創作的な意味で重要過ぎる情報
創作の流れ次第ではずっと偽名ってのに無茶が出てくるしね
ニニャとツアレを再開させる展開を書いた場合とか

オバマスはなんだかんだで色々情報が出てくるからありがたい……

4
Posted by 名無し 2020年10月12日(月) 23:40:51

書籍で書ききれない情報は他の媒体で明かすつもりなのだろうか?

0
Posted by 名無し 2020年10月13日(火) 00:10:41

それはそれでアリだと思うけどね
他作品なんてスピンオフが2、3個あるのが当たり前の中オバロは情報量の割にスピンオフ少なすぎるし

0
Posted by 名無し 2020年10月13日(火) 04:16:20

今まさに、今まで本名を独自設定で通してきた二次創作者がここに。
独自設定で押し通すのが筋かもしれないけど、今まで投稿した全話から該当箇所を修正したい欲求も出てきている。

1
Posted by 名無し 2020年10月13日(火) 06:03:52

同様に後で判明した例にティラがいましたね
直しましたって二次をよく見かけました…大変

0
Posted by 名無し 2020年10月13日(火) 09:49:54

ニニャのタレントって魔法系統の職業レベルの必要経験値が半分ってことかな?
ニニャの年齢から考えて冒険者を目指してから1〜3年で2位階までの魔法使えるようになったと考えれば確かに転移後の世界では破格だよな。
育て方によるけどフールーダより若い年齢で6位階にたどり着けるってことだろ…

0
Posted by 名無し 2020年10月05日(月) 17:59:44 返信数(2) 返信

魔法職の必要経験値が半分か経験値獲得量が倍のどちらかでしょうね。
魔法職への適性がある上で高いレベル上限がないとあまり役に立たないタレントでもある。

0
Posted by 名無し 2020年10月05日(月) 20:33:18

そう言う意味ではニニャはフールーダぐらいに成長する伸びしろあるしかなり才能あるよな…
これで帝国の少し良い生まれなら順風満帆だっただろうに…

0
Posted by 名無し 2020年10月05日(月) 22:24:21

11巻(P300)でアインズがニニャのことをふいに思い出しているね
彼女に少しは思い入れがあるのかね

4
Posted by 名無し 2020年06月17日(水) 21:12:06 返信

そういえば、異世界の文字が読める眼鏡って、セバスに貸し出している1個だけだよね?
アインズはどうやってニニャの日記を読んだのだろうか?

あの時、セバスは王都で活動してて、眼鏡もスクロールを読んだりするのに使うから、アインズに渡す余裕はなかったような気がするが。

0
Posted by 名無し 2019年10月29日(火) 17:52:04 返信数(5) 返信

フールーダが効率の悪い翻訳の魔法がある(10-352)とか言ってたからそれ使ったんだと思います

1
Posted by 名無し 2019年10月29日(火) 23:06:56

自力翻訳とか
翻訳した司書長かなり勤勉そうだしありそう

0
Posted by 名無し 2019年10月30日(水) 00:43:11

セバスに送って翻訳させたのでは

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年11月03日(日) 21:59:22

アインズさんはアイテムがあるからって習得してなかったけど、
ユグドラシルにもアイテムの元になった読解の魔法があるので(たぶんフールーダの言ってる魔法よりはちゃんと読める)
それを図書館チームの誰かが持ってるんじゃないですか?

0
Posted by 名無し 2019年11月04日(月) 14:50:34

アインズさんはアイテムがあるからって習得してなかったけど、
ユグドラシルにもアイテムの元になった読解の魔法があるので(たぶんフールーダの言ってる魔法よりはちゃんと読める)
それを図書館チームの誰かが持ってるんじゃないですか?

0
Posted by 名無し 2019年11月04日(月) 14:50:34

今思えば、蘇生させていれば「力の解明」の実験に使えただろうな
例えば回復魔法だけを極めさせて効果が向上するかどうか調べるとか、最終的に蘇生魔法を習得できればリターンも大きかったはず

ただあの時のアインズは赤いポーションが出回っていないことも知らず失敗したばかり
情報収集が圧倒的に足りていないタイミングだったから、どのみちリスクは冒せなかっただろうけど

別のタイミングで会っていればナザリック入りあったかもな

18
Posted by 名無し 2018年12月31日(月) 21:54:21 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます