概要

 この項目は、大虐殺で出た、黒い仔山羊が殺してはいけない相手は誰かを考察する項目です。ご意見は掲示板やコメントへお願いします。
リンク
wiki掲示板「考察総合スレ

前提

「そうだ。三人――いや四人ほど殺してはいけない相手がいる。それらは決して傷つけるな」
黒い仔山羊に命令を下すアインズ。(9-360)
  1. デミウルゴスアインズに懇願した3人がいる。(9-360)
  2. アインズが+1人している。(9-360)
  3. デミウルゴスはラナー第三王女と内通している。
  4. レエブン侯は運良く生き残っただけ。(9巻雑感)
  5. 全て王国側のキャラクター(予想)
  6. 全て戦場にいたキャラクター(予想)

王国のキャラクター

生存
死亡・生死不明

考察

 デミウルゴスの3人が、ランポッサ契ぁ▲ライム、???。アインズの加えた1人は、ガゼフ。これがかなり有力視されており、あと1人が誰かわからないという状態。
 ブレインやレエブン侯が微妙な扱いのため、戦場にいるキャラクターではなく、戦場外から、ラナー(デミウルゴスが重要視するキャラ)、ザナック第二王子も候補に上がっている。

一覧

ランポッサ契

有力貴族がほぼ全滅状態で王様まで死んだら権力的に大いに拗れて厄介事になりそうだし エ・ランテル譲渡をスムーズに進めるためにも決定権持つ1人残せば良いわけだからな
Posted by 名無し 2018年07月27日(金) 01:56:21 黒い仔山羊のコメントより

 デミウルゴスの3人の有力候補の1人。
 上記コメントの通り、戦争の落とし所を探る意味で有力候補になっている。また、カルネ村(エンリ)でバルブロ第一王子がゴブリン軍団に同じ理由で見逃されている*4。カルネ村は、「もう1つのナザリック」が描かれる事があるため、「バルブロの見逃し=ランポッサ契い慮逃し」と考えられている。

レエブン侯

 9巻雑感で「ほんのちょっとでも時間があれば、彼は死んでました。」「運勝負で勝っただけです」*5とあるため、候補から外される事が多い。ちなみに、web版では指揮官をしていたため、黒い仔山羊に目をつけられて死亡している*6

 書籍では、平民軍師が彼の代わりに死んだのではないか?という考察がある。
 項目:平民軍師の役割について

ガゼフ・ストロノーフ

 デミウルゴスの3人ではなく、アインズが加えた1人と考えられているキャラクター。4人目。説明するまでもないが、アインズはガゼフを勧誘している事が根拠になっている*7。デミウルゴスの3人に入っていない理由は、アインズがガゼフを殺しているため。

 実はweb版だと、黒い仔山羊はガゼフめがけて進んできているが*8、書籍では体を捻ってガゼフの横を通り抜けている*9

ブレイン・アングラウス

アインズの視線がガゼフから、興味なさそうにブレイン、そしてクライムに動いていったん止まる。

ガゼフ達と対峙するアインズ(9-396)
 上記の記述や、決闘時にアインズがガゼフとブレインの二人と戦ってもよいと告げたことからブレインは否定される事が多い。ただ、候補の数を考えると、ランポッサ契ぁ▲ゼフ、クライム……と、あと1人が誰かわからないため、ラナーと同じく頭数合わせで入ることがある。

専用個別項目:「殺してはいけないブレイン

クライム

 ラナーのワンちゃんであるため、デミウルゴスの3人の筆頭キャラクター。
 ガゼフと同じく説明不要だが、9巻の段階ではラナーの裏切りの考察が必要だったため、10巻でラナーとデミウルゴスの記述で出て、晴れて筆頭になった経緯がある。それ以外だと、「(アインズの視線が)そしてクライムに動いて一旦止まる。(9-396)」があるため、アインズに認識されていることや、ラナーから、「鎧の色はそのままで頑張るように(9-202)」と言われているため、目立つから目印代わりだろうという考察があった。

ザナック第二王子

 第二王子。戦争には不参加。王位継承権2位で、バルブロ第一王子が死亡したため戦後の国王となる(予定)。ラナーもそうだが、不参加キャラクターは、デミウルゴスの計画上、重要視されているかどうかで候補に上がる。

ラナー第三王女

 戦争には不参加。デミウルゴスが発見した精神的異形種。役に立つカードの一枚として扱われている。
 若干捻った考えだが、記述では「デミウルゴスの懇願された3人(9-360)」とあり、デミウルゴスは、重要な人物だとアインズに伝えただけで、戦場で殺さないで欲しいと書いているわけではない。という意見がある。そのため、デミウルゴスの3人の最後の1人(ランポッサ、クライム、? )を埋めるキャラクターの候補。

作者も考えて無い説

ゴブリン将軍の角笛の条件もだけど、適当に3つとか4つとか数出しとけば後は考察好きな読者が勝手に考えてくれるので、作者はその中から面白い説を採用して書けば良いだけ
根拠はアニメ含めて作中で未だに笛の条件や最終日に来たギルメンが誰なのか明記されてない事から
作中でアインズが知ったかぶりしてデミウルゴスやアルベドの考えを採用してるのを作者もやってるのだろうと思います
個人的には作者がレエブン侯を否定したのは不味かったかなと
レエブンじゃなければ他に読者が納得する候補者誰がいるのか作者説明できるのか心配
一番の悪手は作中で回答されずに放置される事で読者のストレスが溜まってく事だから、作中で書いて欲しいとは思うが絶望的か

コメント欄 Posted by 名無し 2018年09月30日(日) 08:41:01

ラキュース

 アダマンタイト級冒険者。戦争に不参加のキャラクター。デミウルゴスが進言した一人とする予想がある。蘇生魔法要因。クライムが何かあったとき用。

ペスペア侯

ペスペア侯という説を推すぜ。
アインズがルプスレギナに勅命を出して第一王子を殺させ、遺体が発見できないようにしたことに注目して考えてみる。
わざわざこんな手間を掛けてるのは次期王位争いを弄ることで魔道国に有利な状況を作ろうとしているのだろう。
となるとカッツェ平野に参陣している唯一の次期王位候補であるペスペア侯が生きていようが死んでいようがどちらでもいいとは思えない。

絶対に殺すか、絶対に殺さないか、をあらかじめ決めておいた方が計画の不確定要素が減るだろう・・・そして後者の方で今後の計画を立てていると推測している

Posted by 名無しさん 2020年01月29日(水) 00:06:21

このページへのコメント

殺してはいけない4人は以下。

・ガゼフ(アインズ様が部下にしたい)
・クライム(デミウルゴスが目をつけているラナー王女からの依頼)
・レエブン公(冒険者モモンの取引相手)
・ランポッサ三世(外交のうえで重要)

0
Posted by 名無し 2020年05月09日(土) 11:05:08 返信数(3) 返信

レエブン公は作者に否定されてなかったっけ

0
Posted by 名無し 2020年05月09日(土) 11:19:43

レエブン侯は雑感でただ運が良かっただけって作者が言ってます

0
Posted by 名無し 2020年05月09日(土) 15:57:10

運良く殺してはいけない人間として選ばれたか

0
Posted by 名無し 2020年05月10日(日) 13:27:50

そういえば14巻でレエブン侯が候補に上がりましたね
ラナーが出した計画の一環でレエブン侯がナザリックに取り込まれたはずなので。
9巻雑感のあれはミスリードだったという前提になるんですけど

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年04月01日(水) 22:04:43 返信数(9) 返信

こっちはブレイン説を推すぜ。
ザナックが「クライムとアングラウスの二人から離れるな」と言った時に、ラナーは「クライムからは離れないようにする」と答えている。
これはラナーの護衛はクライムだけで、ブレインはクライムの護衛という意味だと思う。
最後の茶番でクライムが計画通り死ぬまでは護衛役のブレインを生かしておく価値があり、最後にブレインがさくっと死んだのはもう護衛の必要はない所まで計画が進んだので生きていようが死んでいようがどうでもいいからだろう。

このページの「デミウルゴスの3人」というのは、ラナーなどの要望や提案を聞いた上でデミウルゴスが魔導国の利益に繋がる3人を選んだと思ってた。
しかし14巻で王国が滅ぶまでの筋書きのほとんどをラナーが書いたことが明らかになったことで、ラナーが挙げた3人をアインズに伝言しただけの可能性が出てきた。ラナーの試験も兼ねてフリーハンドでやらせてみるという目的もあるだろうし。

0
Posted by 名無し 2020年04月02日(木) 00:45:52

ガゼフ、クライムの2人には異論が無いと思う。
ブレインは結論から言えば対象ではない。シャルティアが殺害しようとした事からも明らかである。ただし、対象者と共に行動していると攻撃対象では無くなると推測される。
候補とされるのはレエブン候。戦場であそこまで追い詰められた状況下、副将格であるレエブン候が果たして逃げおおせられたであろうかとの疑問。
仮の話ではあるがその時に平民軍師、雇われ冒険者達もレエブン候と行動を共にしていれば殺されずにすんだのかもしれない。
あと1人は有力候補のラナーと推測する。
当初、戦場だけでの対象の4人(ガゼフ、クライム、ブレイン、国王)と思っていたが物語り全体での流れで間違いであった。

0
Posted by 名無し 2020年04月03日(金) 09:49:19

頼まれたのって虐殺の時じゃないの?

0
Posted by 名無し 2020年04月03日(金) 11:42:40

シャルティアがブレインを殺害しようとしたのって、元々クライム1人を救出に向かわせようとしてたのにブレインが自分も付いて行くって立候補した、ラナーの計画にないイレギュラーだろ。
それも出陣1時間前というあわただしいタイミング。

そもそも死亡率が70%越えの大虐殺と、多少死んだかなくらいのゲヘナでは助命の重要度が違う。
クライムの保険として有用な蘇生役のラキュースだって、(人間側である程度手を打ってはいたけど)運が悪いと死ぬ可能性があったのに助命を頼まなかったんだから

0
Posted by 名無し 2020年04月03日(金) 13:33:09

たしか8指と悪魔倒した成果がブレインの成果になってるからそこらへんで信用されたんじゃないのかな

0
Posted by 名無し 2020年04月03日(金) 13:44:28

第七席次はどうでしょうか

0
Posted by 七時 2020年02月05日(水) 03:26:42 返信数(1) 返信

理由をください

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年02月05日(水) 07:37:46

ペスペア侯という説を推すぜ。
アインズがルプスレギナに勅命を出して第一王子を殺させ、遺体が発見できないようにしたことに注目して考えてみる。
わざわざこんな手間を掛けてるのは次期王位争いを弄ることで魔道国に有利な状況を作ろうとしているのだろう。
となるとカッツェ平野に参陣している唯一の次期王位候補であるペスペア侯が生きていようが死んでいようがどちらでもいいとは思えない。

絶対に殺すか、絶対に殺さないか、をあらかじめ決めておいた方が計画の不確定要素が減るだろう・・・そして後者の方で今後の計画を立てていると推測している

0
Posted by 名無しさん 2020年01月29日(水) 00:06:21 返信数(1) 返信

個人的には反対かな
バルブロは「邪魔だから殺した」じゃなくて「必要ないから殺した」だと思っています
カッツェ平野は必ず殺す指示が無かったのでどうでもよかったと思っています
ランポッサ三世だけはエランテル譲渡のために必要でしたけど

掲載します!

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年01月29日(水) 08:27:30

・ガゼフ
・国王
・クライム

候補
・ラキュース(ラナーの親しい友人と武力兼クライム蘇生に必要な存在)
・ザナック(第二王子 国王となる予定)
・ブルムラシュー侯の子?(鉱山を八本指管理させる)

0
Posted by ボロ日本語の外国人 2020年01月21日(火) 23:58:10 返信数(2) 返信

ラキュースとザナックともかくブルムラシューの子はどうだろう
10巻11巻でアンデッド鉱夫の話はありましたが、どちらかというとブルムラシューの親族は全員死んだほうが話が早いので、生き残らせる必要はないように思います。
出兵して死んでいるかもしれませんし

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年01月25日(土) 22:46:28

篭絡するには実権を握る前 時間もかがる
家督を継ぐのはだいたい長男
でも、たしかにブルムラシュー侯の子とは言い切りません

0
Posted by ボロ日本語の外国人 2020年01月25日(土) 23:44:00

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます