概要

「そうだ。三人――いや四人ほど殺してはいけない相手がいる。それらは決して傷つけるな」

黒い仔山羊に命令を下すアインズ。(9-360)

この項目では、大虐殺から見事生還したブレイン・アングラウスが、黒い仔山羊が殺してはいけない4人に入っているかどうかを、ブレインだけに焦点を絞って考察する項目である。意見は掲示板やコメントへお願いします。
wiki掲示板「考察総合スレ

説明

カッツェ平野で行われた大虐殺では、デミウルゴスより懇願された3人と、アインズが加えた1人の合計4名は殺してはいけない事になっていた。
2019年1月現在、読者から有力視されているキャラクターは、ランポッサ契クライムガゼフ・ストロノーフの3人(デミ2名、アインズ1名)。

ブレイン以外のキャラクターは、項目:「黒い仔山羊が「殺してはいけない4人」は誰か」を参照。

肯定意見

頭数合わせ説

「だって他にいないでしょ?」が合言葉。
大虐殺から生還していることと、目ぼしいキャラクターが他にいないため、消去法でブレインはたぶん入っている……という身も蓋もないただの予想。「ブレインが生還できたのはクライムにくっついていただけだ」という反論を生みやすいが、では他に誰がいるか?という話になると別のキャラクターの名前がなかなか上がらない。レエブン侯は作者が9巻雑感で運が良かっただけと言っている。そのせいで戦場外から、ザナックラナーが候補として上がることがある。10巻発売前は平民軍師が有力候補として上がっていたが、残念ながら10巻で死亡が確認された*1

セバスの恩返し説

セバスがデミウルゴス経由でクライムとブレインの助命を嘆願しているはず。理由は以下

・六腕に攫われたツアレ救出後、セバスが2人に「受けた恩は返す」的なことを言ってる。死んだら返せない。
・ツアレのナザリック就職決定後、アインズがデミウルゴスに「借りは返すべきだ」と言っている。これが無かったらセバスの嘆願をデミウルゴスがいちゃもん付けて握り潰した可能性がある。2人は仲悪いし。

殺してはいけない4人は、国王、クライム、ブレイン、ガゼフだと思う。

黒い仔山羊が「殺してはいけない4人」は誰か(コメント欄)Posted by 名無し 2019年01月06日(日) 14:56:55

この考察において、ブレイン否定派に対する反論。

この考察の疑問点と解答

ロックマイアーが死亡している件について

否定意見

アインズはブレインに興味がない説

アインズの視線がガゼフから、興味なさそうにブレイン、そしてクライムに動いていったん止まる。

ガゼフ達と対峙するアインズ(9-396)

上記の記述や、決闘時にアインズがガゼフとブレインの二人と戦ってもよいと告げたことを根拠にして、アインズが興味がない=殺してはいけないキャラクターではない、という考え。
タグ

このページへのコメント

頭数合わせ説の中に「レエブン侯は作者によって否定されている」事を明記しておくのはどうでしょう

0
Posted by 名無し 2019年01月09日(水) 20:36:37 返信数(1) 返信

加えました。
否定していると言うと語弊を生むので記述に寄せます

1
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年01月09日(水) 20:44:45

ブレイン専用項目です。タイトルは仮称です。良いタイトルが思いつかなかったので何か妙案を募集します。
セバスの恩返し説も引っ越ししました

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年01月09日(水) 19:46:20 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます

閉じる
ネタバレスレの案内
新刊・ドラマCDは発売日より7日間ネタバレ禁止です。ネタバレに関することは掲示板「ネタバレスレ」へお願いします