深淵なる躯
画像
詳細
タイプ組織
リーダー不明
種族アンデッド
構成員55名*1(内陣7名、外陣48名)
創立書籍基準だと400年以上前*2
本拠地不明。どこかで会合がある。
Media
登場作品書籍、「亡国の吸血姫」

概要

 深淵なる躯(しんえんなるむくろ)とは、アンデッドの魔法詠唱者マジックキャスターの集団である*3
 この項目は書籍版を基準に記載する。書籍版で名前は出ていないが、不死王デイバーノックが巡り会えなかった『秘密結社』がこの組織と思われる*4

成り立ち

 アンデッドは寿命が存在しないため、場合によっては別の存在と衝突する場合がある。その中で、魔法詠唱者のアンデッドは知識欲が強くなる傾向があり、1つの知識を巡って殲滅戦になる場合や、漁夫の利を狙った第三者にどちらも滅ぼされてしまうことがあった。

 そういったことから、奪い合うよりも、協力や取引したほうが良いと判断する者たちが現れ、互いの利害が衝突しないように調整する目的でこの組織が作られた。初期は4人のナイトリッチと3人のエルダーリッチのみ。幾つかルールが有り、それを破ると他のメンバーから叩かれるだけの緩い結びつき。

 200年ほど経過するとそれなりのルールが出来上がった組織になる。メンバーは増え、(「亡国の吸血姫」の段階で)内陣の7人と外陣の48人の合計55人となった。内陣の7人は難度150に至っていた*5。名簿の石碑がいつの間にか魔力を持ち、『グラニエッゾ碑文』と後に呼ばれるようになる。

組織の傾向

 世界の裏で気が付かれぬよう目的のために活動するメンバーが非常に多い。より強大な力を得る研究をしている者ばかりだが、メンバー同士でも自分の研究を秘匿している事が多い。

 生者の世界で活動する者はいたが、アンデッドは生者の敵であるため、必然的に多くの敵を作り滅ぼされている。極一部の優秀な者は生者の世界の闇で活動している。

 結果的にこの組織は噂レベルの存在となった。目立つことを避けるため、著名なナイトリッチ3名は勧誘をしていない。

軍事力

 強大な個の集団。転移した世界では最上位の存在である、第六位階魔法を扱えるナイトリッチが記述にあるだけでも最低4体。ほかエルダーリッチなど?。
 組織的な活動はしておらず、出席率の悪い会合が年単位で行われる程度。

メンバー

インベリアで死んだアンデッド
メンバーの一人。廃都になったインベリアの王城に住み着いていた*6
クネヴィラ
ナイトリッチ。廃都の屋敷の地下に拠点を持つ。これ以外にあと3つ拠点がある*7
バネジエリ・アンシャス
内陣メンバー。『深淵』の二つ名を持つ最古参のナイトリッチ。6本の腕と2つの頭を持ち、第六位階の魔力系・その他系魔法を使える。表舞台に出ていない*8
グラズン・ロッカー
内陣メンバー*9。女性。第八位階まで到達したナイトリッチ*10
魔法剣士
魂喰らいソウル・イーターに騎乗するアンデッド*11
他不明。

関連項目

その他

  • クファンテラ=アーゴロス……広く名の知れたドラゴンのナイトリッチ。小国に匹敵する領地を支配している*12
  • ヒュエイオーン……広く名の知れた巨神人タイタンのナイトリッチ。小国に匹敵する領地を支配している*13
  • 影王『恐怖フィァー』……存在は広く知られている。名称不明。恐らくナイトリッチであるとされている。小国に匹敵する領地を支配している*14

このページへのコメント

そうでした。
ありがとうございます!

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年06月10日(月) 20:46:35 返信

グラズン・ロッカーってP181に書いてありますけど地味に女なんですよね

0
Posted by 名無し 2019年06月10日(月) 13:05:42 返信

深遠を修正しました
ありがとうございます!

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2019年05月31日(金) 07:06:39 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます