アーケード・家庭用で展開している、「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」に関する攻略・知識の集積地。



プロフィール

  • 名前:天田 乾(あまだ けん)
  • 使用武器:槍
  • 使用ペルソナ:カーラ・ネミ
  • タイプ:友情協力タイプ
  • CV:緒方 恵美
  • 名前:コロマル(虎狼丸)
  • 使用武器:苦無、ナイフ
  • 使用ペルソナ:ケルベロス
  • CV:???

P3

天田 乾

人物像
  • P3のストーリー中盤(夏休み)に一時的に主人公たちが住む寮に入り、そこで影時間への適性が見つかったことでスカウトされた小学生。
    • 最初はS.E.E.S.のメンバーは『小学生を戦いに巻き込むのは…』と消極的だったが、とある事情でシャドウ討伐、影時間消滅への意欲をもった乾の熱意に負け、仲間として迎えた。
  • 母子家庭で育ち、母親を亡くしてからは一人でいることが多かったためか、精神的にはP3の頃からかなり大人びている。口調も年上の人間に対しては敬語を心がけている。
    • しかし、口調は丁寧ながらやや毒舌で生意気な一面もあり、他の面子が気を使って言いづらいようなことをズバズバと口にしてしまうことも。順平などは度々シビアなツッコまれ方をしている。
    • その一方で特撮番組が大好きだったり、苦手なコーヒーを強がって飲んだりと年相応な一面や背伸びをしている一面もある。
    • P3Pの女性主人公のストーリーではコミュがあり、進行の仕方次第で恋人になることもあるが、そこでも一生懸命年上の恋人(主人公)をリードしようと頑張っていた。
  • P3の時点で3人もの身近に接していた人間を亡くすという、かなり辛い少年期を送っている。その中の一人、『荒垣真次郎』の遺した言葉と生き様は彼にとって心に深く刻まれている。
  • P4U2でコンビを組むコロマルとはこの頃から仲が良く、散歩などもしてやっていた。
キャラ性能
  • 命中率の高い槍での攻撃とジオ、ハマ系の魔法を持ち、回復魔法も習得する万能型。
    • 魔法攻撃力はそこまで強くないので、ジオ系は電撃弱点の相手を転ばせて1Moreを狙う時以外は槍で攻撃したほうが無難。
    • P3ではハマブースタを覚えることでハマ系の成功率は高かったが、P3Pではイノセントタックを代わりに覚え、弱点以外の相手に使う意味は薄くなった。
    • 命中率の高い槍での攻撃は確実性が求められる場面ではかなりありがたい。
  • 一方、子供故か体力は少なめ。物理系のスキルを使う時は残りの体力と相談したいところ。
  • どこで採用してもそれなりに状況に合わせた立ち回りが出来るが、全体攻撃を全く覚えてくれないため、雑魚戦だと少々物足りない。
    • 反面、ボス戦では全体攻撃は必ずしも必要でないためあまり苦にならず、むしろ各種回復魔法もあってなかなか頼りになる。

コロマル

人物像
  • 天田と同時期にS.E.E.S.に加入した、ペルソナ能力を持つ犬。P3のマスコット的存在であり、その愛らしさに胸を打ち抜かれたキタロー、ハム子は数知れず。
    • アトラス公式ニコニコ動画配信番組『ペルソナストーカー倶楽部』にてメインパーソナリティの一人を務める声優の磯村知美氏もコロマル好きを公言しており、何かにつけてイラスト担当の日向氏にイラストをねだっているとか。
  • 犬種は柴犬。その特徴的な毛色と赤い瞳はアルビノという障害をもって生まれたため。
    • 元々コロマルを飼っていた飼い主はその出自から将来を心配し、強く生きられるようにと『虎狼丸』と書いてコロマルという、とても力強い名前を付けたらしい。
  • 影時間への適性は生まれつき持っていたようで、飼い主の匂いが強く残る神社に近づくシャドウを撃退しようとしていた。
    • ちなみに飼い主は神社の神主であり、事故で命を落としている。コロマルはその死を理解しつつ、生前の飼い主の居場所をずっと守り続けていた。
    • これらのエピソードを聞いたゆかりは『泣かせるじゃない、この忠犬』とコロマルの生き様を賞賛している。
  • 性格は愛らしい見た目をいい意味で裏切る、とても義理堅く男らしい性格。
    • S.E.E.S.に参加したのも『シャドウに襲われて瀕死状態だった自分を助けてくれた恩に報いたい』という理由から。
    • ペルソナQではその漢気溢れる言動に完二が感服し、敬語を使うこともあった。
  • S.E.E.S.メンバーでは天田の他には荒垣やアイギスと特に仲が良く、女主人公ではコロマルとコミュを築くこともできた。
    • アイギスは『犬語翻訳機』を搭載しているために唯一コロマルの言っている事をしっかり理解できる。ラビリスにも搭載されているかは不明だが、彼女もなんとなくコロマルの言いたいことがわかるらしい。
    • 荒垣にはかなり可愛がられており、お手製の犬ごはんも作ってもらっていた。
    • ゆかりや風花たちからも『コロちゃん』というあだ名で呼ばれて可愛がられているが、料理ベタな彼女らが作った犬ごはんには口をつけなかったらしい。臭いだけでそっぽを向かれるってどんだけ…
  • 召喚器は首輪。どういう仕組みか、コロマルの意思を汲んでペルソナ召喚を行えるスグレモノ。きりじょうの ちからって すげー!
    • 武器は苦無やナイフ。口にくわえたまま持ち前のスピードで肉迫して相手を斬る。
キャラ性能
  • アギ、ムド系の魔法とカウンタなどを習得する、バリバリの前衛型。補助スキルは一つしか覚えないが、ムドブースタ、火炎ハイブースタを習得するので攻撃面では頼りになる。
    • ブースタに加え、習得する魔法攻撃はどちらも単体、全体両方のスキルを習得するので、火か闇が弱点の敵が固まって現れた場合は一斉に転ばせたり、一掃することも可能。
  • 火と闇属性を無効化し、弱点の光属性も装備でカバーできるため、耐性も優秀。
  • 犬ゆえか速さはパーティ中でも群を抜いて優秀。ほとんどの場合、パーティで一番早く行動できる。
  • 耐性は優秀で体力も多く、速さの高さゆえに回避率も高い。が、魔力や耐久は低めなので実は打たれ弱いというややこしいキャラクターでもある。身体が弱いという設定を活かしたためか。
    • MPの成長率上燃費が悪い一面もあり、ブースタがあるからと連発するとすぐガス欠になることも。魔法は弱点を突いて転ばせるだけに用い、一斉攻撃に繋げて倒す、など出来るだけ省エネで運用したい。
  • また、敵の弱点さえ突けばガンガンあの世へ送れる反面、
    攻撃属性に偏りがある事、習得スキルにも偏りがある事、力は低めなので単純火力が低い事、ブースタがあるとは言え魔は順平並の低さなので終盤は火力が不足がち等々、弱点は少なからずある。
    • そのため同じ即死魔法型の天田ほどの器用さは無く、使い所を間違えるとあまり活躍できない。予めコロマルの長所と敵の弱点が合致する場所を選んで採用してやりたい。

P4U2

天田 乾

人物像
  • P3の頃の小学生から成長し中学生となり、普通に中学生活を送っている。成績優秀、スポーツ万能な上に整ったルックスと柔らかい物腰からか女子からは大人気らしい。
  • シャドウワーカーのエクストラ・ナンバーズ(非常時特別制圧部隊)として登録されているが、美鶴に「子供らしい生活を」と気を使われており一度も招集をかけられていない。それを本人は自分だけ遠ざけられていると思い、寂寥の想いを募らせていた。
  • 基本的に大人びているところや敬語を心がけているところ、特撮が好きなところなどは変わっていない。
    新たに仲間になったラビリスの装備を興味深そうに見て、触っていいかと尋ねる場面も。またゆかりと再会した時には不死鳥戦隊フェザーマンについて詳しく(武器について言及するほど)かなりの造形深さと憧れをみせていた。
  • 時折呟く『あの人』というのはおそらく荒垣のこと。中学生活を送りながらも、『ガキなんだから子供らしく生きろ』の言葉通りに生きるにはどうしたらいいか、と悩んでもいた模様。
  • 槍を使っているのは、S.E.E.S.時代に子供ゆえの体格のハンデを補うためにリーチの長い槍を使っていた頃の名残。P3後は戦いから遠ざかっていたということで、手馴れた武器を選んだのだろう。
  • P4U2の時点でもコロマルとの仲の良さは変わらず、寮で一緒に暮らしているだけでなく、帰りには散歩がてら迎えに来ることもあるとか。(コロマルが)
  • シャドウ天田は勝利ポーズでかつての小学生の姿になることもある。様々な事件があった小学生時代が今だにトラウマという事だろうか。
  • 中学生になり見た目こそ変わっているが、召喚器でのペルソナ召喚時のポーズ(胸に押し当てて引き金を引く)等のポーズは割と変わっていない。小学生の姿になることも含め、ファンサービスの意味もあるのかもしれない。
    • 服装は月光館学園のもの、左腕にはS.E.E.S腕章の代わりに生徒会腕章を付けている。P3で生徒会に所属していた美鶴の影響だろうか。
  • P3時点から真田に憧れている節があり、P4U2でも頼れる先輩として慕っている。
    • P4のメンバーでは、『ペルソナQ』にて交流があった巽完二と馬が合っている様子もある(ただしペルソナQでの記憶は残っていない)『男らしい』人に憧れるのは変わっていないようだ。
  • P4U2での煽り文句は『中二病、絶賛発症中!生意気盛りの皮肉屋新人(シニカルーキー)! 天田 乾&コロマル!!
    中二病とは「中学二年生頃の思春期に見られる、背伸びがちな言動」、からネットスラングとして「自己愛や空想に浸る人」の意味があるが天田の場合は正しく前者の意味である。
    • シニカルーキーとは言われているが小学生のP3の頃から戦っているのでP4Uシリーズ参戦としてはルーキーと意味なのであろう。
    • アーケード版ではりせ同様に煽り文句のナレーションがあまりにも長すぎるため、スキップしなくても「中二病、絶賛発症中!生意気盛りの皮肉屋新人(シニカルーキー)! 天田 乾あん…」で途切れてしまう。

コロマル

人物像
  • P3(約3年前)の時点で成犬であり、P4U2の時点ではもう老犬といっても差し支えない年齢になっているが、愛らしさや戦闘能力は健在。
    • 普段は天田と同じ、かつてS.E.E.S.のメンバーが生活していた元巌戸台分寮で生活しているが、散歩は欠かさずしており、帰宅途中の天田と合流して一緒に帰ることもある。まだまだ長生きしそうである。
  • 声優はP3時代から『???』表記。
性能
  • 家庭用P4U2から参戦を果たし、友情協力タイプの名の通りAボタンとBボタンで天田を動かしCボタンとDボタンでコロマルを動かす同時操作キャラとなっている。
    • 基本的に天田が動けない状態でもコロマルは自由に動くことができ、逆もまた然り。この特性を利用した切れ目のないコンビネーション攻撃がこのキャラの最大の強み。
    • 天田とコロマルのペルソナであるカーラ・ネミやケルベロスはごく一部の必殺技を仕掛ける時のみ登場。ペルソナカードはたったの二枚だが、ほとんど気にならない。
  • コロマルには独自のHPゲージがあり、その管理が求められる。コロマルは飛び道具を受け止める事も出来るがコロマルがダウンしていると使用できないスキルや威力が激減するSPスキルがあるため注意。
    • 細かい話だが、コロマルを攻撃しても「ヒットストップがかからない」という特殊な性質がある。例としては鳴上でコロマルのみに当たるようにA連を仕掛けるととんでもない速さで犬を殴りまくる番長が見れる。
    • コロマルの体力を減らす用途に特化したコンボは「動物虐待コン」などといった名称で呼ばれ、ニコニコ動画では家庭用版P4U2発売から間もなくして「コロマル即死コンボムービー」なるものが制作・公開された。なんてひどいことを
    • とは言え、コロマルは例えHPが0になっても時間がたてば復活し、かつその回復速度は極めて早い。研究が進んだ現在ではコロマルと天田の体力を同時に回復するメディラマの用途が見直され、相手がコロマルを殴っている間にメディラマを唱えてコロマルのHPを0にしないようフォローしつつ天田自身の体力を回復させるという戦術まで開発されたためコロマルを殴っても徒労に終わるという見方をされることもしばしば。
  • 天田自体の攻撃は槍を持つだけありリーチの長いものが多い。コロマルによるフォローに絡めると相手は距離を問わず動きにくくなる。
  • コンボ火力も侮れないものを持ち、コロマルとのコンビネーションをうまく使えば様々な始動からコンボに繋げてまとまったダメージを奪うことができる。
  • 弱点として対空が弱かったり逆ギレが独特であったりと防御面で心もとない点があることが挙げられる。また、意外にも背が高くキャラ限定のF式連係や立ち喰らい用コンボを喰らってしまうこともしばしば。
    • 同時操作を活かした固めは超強力だが、相手のガードを崩す直接的な手段は意外にも乏しい。ガードが堅い相手にはどこかで投げやコロマルに攻撃させつつQEでめくる連係を仕掛けにいく必要があるため、それを読まれないよう上手く散らす必要がある。
  • 総じて、コロマルとの連携が重要になるキャラ。操作に慣れるには若干コツがいるが、立ち回りで狙うことは意外とシンプルなので同時操作キャラとしては難易度はそれほど高くない。
    • コロマルの行動の回転が早いので、CボタンまたはDボタンは常に連打しているくらいの気持ちでコロマルをガンガン動かすとちょうど良い。天田の動きに上手くコロマルを合わせようとするのではなく、コロマルの動きに対応しようとした相手を天田で突くといった戦い方を意識すると使いやすいだろう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

P4U2

モバイル

家庭用

P4U

その他

関連商品


フリーエリア

どなたでも編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
・トップページの看板募集中!
・現在、いろいろと情報が足りていません。
 編集者、情報提供者を募集しています
・「情報を書きこみたいけど編集とか分からない…」という人は
 コメント欄に書きこんでください