アーケード・家庭用で展開している、「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」に関する攻略・知識の集積地。



鳴上 悠(主人公)

  • 安定した性能の飛び道具、突進技、対空技が揃ったオールラウンダー。スピード、パワー、リーチなどのバランスが良く、操作するのに癖がない。
  • 相手が攻めてきた所を返すような立ち回りができれば、相手がガードを固めた所を攻めて崩しに行くこともできる。A系の発生は最速で殴り合いにも強いなど、満遍なく強みを持つキャラクター
    • 強いて弱点を挙げるならば、中央でのノーゲージ火力が若干低めな点と逆ギレの隙が大きめでゲージが有ってもフォローが難しい点。
  • P4U2ではD起き攻めこそできなくなったが、隙の少ない空中飛び道具、投げ抜け不可のコマンド投げ、B獅子フェイントからの表裏択、エリアルから安定してダウンを取れる空中B獅子、ダメ押しでの殺しきりに使えるSPスキル「紫電一閃」など便利な技が多数追加。
    • 総合してただでさえ高かったスペックがさらに上昇している。
    • 2.00ではマイルド化されたが、超ハイスペックすぎだっただけであり依然として使いやすいキャラクター。

花村 陽介

  • とにかく動きが早く、動きのバリエーションの豊富さで相手を撹乱していくタイプ。
    • その素早さから相手に触る能力が高く、一度接近してからの崩しにも長けている。相手にとっては動きを捉えるのが困難で、先に技を置いておくという動きを強制させられる。
    • 空中でジャンプ方向を変えたり、いきなり地上にワープしたりと、幻惑技にも事欠かない。
    • ただし派生行動は豊富なものの必殺技は全体的に動作が大きく、パターンを増やして工夫しないと慣れている相手には容易にカウンターを貰う。
      • 特にアーケードで稼働中の最新ver(2.00)ではそれまで猛威を振るった「滑空」テクニックが削除され、一方的に触り崩す事は難しくなった。
  • P4U2では前作での課題であった体力の少なさ(少しだけ増加)、ダウンの取り辛さ(瞬転飛翔斬り→変幻地走斬り)を克服。
    • 「スクカジャ」も全体的に強化され逆転能力も上昇。隙の少ないハイスペックなキャラクターとなった。

里中 千枝

  • 典型的なインファイター。ダッシュが早く、近寄って固め崩すタイプ。
    • 最速クラスの発生で当て続けるだけで固められる5A、相手に長時間ガードを強制させるD攻撃や覚醒SPスキル「アグネヤストラ」など優秀な技を持っており、相手を固める能力は非常に高い。
  • 自己強化技のチャージでコンボダメージを底上げ可能。多少の体力差がついても、覚醒+「チャージ」となれば、1コンボであっさり逆転できる。
  • 見てから反撃がほぼ不可能な逆ギレを始め、強力な切り返し技が非常に豊富なのも利点。
  • 弱点はリーチが短いこと。スピードはあるものの、牽制・対空をしてくる相手に近づくまでに苦労する。
  • P4U2では、D攻撃を起き攻めで確実に重ねることが不可になった「アグネヤストラ」の発生保障が無くなるなど弱体化した一方、新技が基本的にコンボ用のため強化点に乏しい。
    • SPスキル「チャージ」はシャドウ暴走と相性が特に良く、ゲージ100から絶大なダメージを弾き出すことが可能。シャドウタイプと相性の良いキャラの一人として評価されている。

天城 雪子

  • 通常技で出せる飛び道具やペルソナによる攻撃、スキルによる各種飛び道具など、とにかく遠距離への攻撃が豊富。
    • これらの技を組み合わせ、遠距離から相手の動きを潰し、相手を近寄らせない立ち回りが強み。
    • 反面、発生の遅い5Aや横にリーチが無い逆ギレなど近距離では防御面に全く良いところが無い。一度接近されるとそのまま負ける事も珍しくない。
  • 本体とペルソナの連携による中下段同時攻撃、スキル「火炎ガードキル」など、複数のガード不能連係攻撃を持つ。
  • 体力こそ低いが、逆ギレアクションで自己回復可能。いかに自分のペースを保つかがカギ。
  • P4U2では新技追加で攻める方法が増加し、より火力と起き攻めの強さが増した。

巽 完二

  • 投げキャラ。動きが重く、相手に近寄るのに苦労するが、その分火力はとても高い。パワー重視キャラ。
    • 飛び込みコマ投げ対空コマ投げに加えて判定の強い技をいくつか持つため、
      読み勝てば一気に大ダメージを奪える。
  • 体力がキャラの中で最も高く、覚醒時の体力はトップクラス。
  • リーチ面ではJB等それなりに光る物が有るのだが、それ以上に横の動きが重いため相手を追いかけるのに苦労する。
    • 近づきさえすれば「運ゲー」だとか「じゃんけん」に例えられる程の強力な択を迫れるが、完二はそもそもそこに持っていくまでが本番である
  • P4U2では連打コンボが強化され、起き攻めでの打撃と投げの単純な二択が大幅に強化。
    • ただし無敵の有るコマンド投げや逆ギレには被fc判定が付き、リスクも大幅に増えている。
  • シャドウタイプではただでさえ高い体力がさらに増加し、シャドウ暴走によりSPスキルを連発できバースト対策しつつ火力も稼げるので
    一度のチャンスから試合をひっくり返す事が多い尖ったキャラとなる。

クマ

  • アイテムによる豊富な立ち回りパターンが持ち味。これにワープ技などのトリッキーな性能のスキルをあわせ、試合のペースを握っていく。
  • アイテムも含めれば、ほぼ全種類のバッドステータスを相手に与えられる。
    • 一方、コンボダメージは全キャラ中最低クラス。これらのバッドステータスを生かし、立ち回りで確実にダメージを重ねていく。
  • 「ジャンプ攻撃でさえ中段ではない」など、スタンダードな攻めは苦手。(表裏の択は得意)
  • P4U2では、アイテムが増加して立ち回りの引き出しが増加。アイテムとの連携や、表裏での択で常にアイテムを活かした立ち回りで、相手の弱点を突いていこう。

白鐘 直斗

  • 設置技と射撃での牽制が強力で、追わせて迎えうつ立ち回りが特徴の、高火力低体力なテクニカルキャラ。
  • 「運命カウント」という直斗固有のカウントを0にした状態で特定のSPスキルを当てることで相手を即死させられ、常に一発逆転可能なのが強み。
  • 8000という体力の少なさと切り返しの弱さが弱点。
    遠距離戦と近距離戦ともに、自分のペースに相手を巻き込めるかが課題。
  • 射撃後は構え解除を入力する手癖を付けないと痛い反撃をもらう、A連コンボはあまりダメージがない上に運命を1しか減らせない、覚醒SPスキル「ホールドアップ!」の発動後手動で弾を発射するという仕様など、初心者にはオススメできない点も多い
  • P4U2では、「ムドオン」のマイナス補正や同技解除コンボ(ハードル)が削除、罠設置時の硬直が長くなったり狙撃にも強い制限がかかるなどの弱体化点も目立つが、それらを補って余りあるほど強いのが新技「SB版対S事案用特殊小銃(通称SB甲乙)」。
    • 発生が早くコンボに繋げやすくダメージも高め、相手の運命カウントを大きく奪った上で恐怖+魔封のバステを付与して起き攻めと非常に有利な状況を作れる。

アイギス

  • 任意での性能変化「オルギアモード」により相手を封殺するキャラ。
    • オルギアモード発動中は高速中段が使えるようになり、攻めが非常に強力になる。また威力の高いスキル「メギドファイア」が追加されるため、火力も大幅にアップ。
    • その他にも多段飛び道具で相手を拘束する、バックブーストで相手の攻めを拒否するといった強力な動きが可能になるなどオルギアモードによる恩恵は著しい。
  • ただし、オルギアモードは専用技を使うごとにオルギアゲージが減少するため、パワーアップしっぱなしというわけには行かない。
    • オルギアゲージは通常状態で徐々に回復していくが、使いすぎてオーバーヒートするとしばらくオルギアモードが使えなくなるため、残ゲージを意識しておく必要がある。また操作も忙しいため、使いこなすには他キャラよりも慣れが必要。
    • 通常状態は残弾制のガトリングなどの飛び道具や相手の攻撃に反応して攻撃するペルソナなど中〜遠距離向けの防御寄りの性能だが、火力面が貧弱なため、あくまでオルギアモード発動(回復〜再発動)までの繋ぎである。
  • またもう一つの固有システムとして弾数制限があり、残り弾数に注意しながらの立ち回りを要求される。
  • P4U2では、さらに動きのバリエーションが広がり、前作並かそれ以上の強さを発揮できる。

桐条 美鶴

  • 5A、JA、クー・ドロアなど中距離での牽制が非常に強力なキャラ。
  • 相手の行動、暴れにカウンターを当てる能力は高く、見えにくい中段や判定の強い技、強烈な突進技なども持つ。
  • 2つあるスキルの両方が溜めコマンド(P4U2では3つ目が追加、これも溜めコマンド)の、いわゆる溜めキャラ。
  • 弱点は守りを逆ギレに頼る必要が多くなる点と、A連以外の連携密度自体は薄い事。
    • 崩しも特殊な方法が多いため、慣れないうちは投げ程度になりがち
  • P4U2では、前作での主力技だったBドロアが大幅に弱体化したが高い牽制力は健在。下段判定の飛び道具であるテンタラフーの追加もあり、これらを上手く使い分けよう。

真田 明彦

  • サイクロンチェーンシステムという、特定の技を繋ぐことで技の性能が向上する固有システムが特徴。これを利用したコンボや奇襲、固め・崩しが魅力のインファイター。
  • コンボダメージが非常に高く、相手体力の半分以上を吹き飛ばすことも珍しくない。
  • 全キャラの中でも屈指の短リーチという弱点により、相手へ接近する段階で苦労する。また、下段技が足払いしかないこともあり、ガードを崩す際に工夫を凝らす必要がある。
  • ジャンプの軌道が低いという特徴により、鋭い飛び込みを得意とする。ただし、相手の牽制をかわしづらいという弱点にもなっており、一長一短。
  • もう一つの固有システムとしてSPスキル「サンダーフィスト」を使用する事で「帯電アイコン」が付与される。削りダメージ増加や感電バステ付与などの効果があり、サイクロンチェーンと組み合わせることで効果を発揮する。
  • P4U2では、最大サイクロンレベル上限が5となり、中継技が追加されるなど連携幅や駆け引きが増加。よりテクニカルな性能になった。

ラビリス

  • 「アックスレベルシステム」という、攻め継続することで技性能が変わる固有システムを持っており、アックスレベルが赤くなった時の絶大な爆発力が、このキャラ最大の強み
    • 特にアックスレベルが赤くなった時のSPスキル、D版「ストリングアーツ"猛獣"」の威力は圧巻の一言。
  • 動きは全体的に大振りで、キャラのスピードも遅め。
    強引な接近するよりも、JBなどの優秀な技で牽制しながら、アックスレベルを赤くするチャンスを伺っていく。
  • 通常技の発生が遅く、防御手段が皆無なため攻め込まれると非常に弱い。特に逆ギレの性能の悪さは最低クラス。
    一度守りに回ると切り返せず、時間経過でアックスレベルの色もどんどん悪くなっていく…と悪循環に陥りやすいのが弱点。
  • 操作難易度は低めで初心者にも扱いやすいが、対人戦は上級者並みの力を要求される色々な意味で難しいキャラ。
  • P4U2では、コンセプトはそのままに各所へ調整がされている。

シャドウラビリス

  • 本体とペルソナを同時に操作するという特殊なキャラ。他のキャラには無い連携の可能性を持っている。
    • 動きが素早く接近して攻める能力に長けた本体と、動きは遅いが身体の大きさや飛び道具などで画面を制圧する能力に長けたペルソナとで連携を行っていく。
      • どちらも単体ではすべての技が大振りで隙だらけな性能。互いにフォローすることがこのキャラを使う醍醐味で有り難しい所。
    • ダウンを奪った後のペルソナを使った崩しが火力十分・見切りにくい・継続性高いと三拍子揃っており、ダウンを奪うという事が大ダメージを取るという事とほぼ同義。
    • 同じ同時操作キャラである天田&コロマルに比べると、崩しと火力で勝る代わりにペルソナに小回りが効かず固めは苦手。
      • 特に本体にまともな中段技が有る点がシャドウラビリスの大きな強み。組み込みづらいがペルソナのコマンド投げも有る。
  • 体力が低く暴れや切り返しにも若干の難が有るので、ある程度のレベルになると防御面でプレイヤー性能に要求する物が途端に多くなる。
  • P4U2では本体の補正緩和による大幅な火力増強、キャンセル可能になったペルソナ技による行動パターンの増加等強化点が多い。
    • ただし本体だけではダウンを取りづらくなり、ペルソナを使った起き攻めの継続性は大幅に下がった。

エリザベス

  • エリザベス自身は安全な位置を保ちながら、全キャラ一多芸なペルソナ「タナトス」にひたすら仕事をさせるキャラクター。
    • 他のキャラがペルソナとの連携攻撃でガードを崩す中、タナトスは自身のみで相手のガードを崩すことができる。
    • バッドステータス・恐怖によるコンボ威力の高さ、バッドステータスをびっしり付けられる連続技、
      保証ダメージが非常に高い覚醒SPスキル「亡者の嘆き」など、爆発力は非常に高い
  • 体力は全キャラ最低(7500)で、2コンボ食らえば覚醒さえ出来ずに負けかねない少なさ。
    • エリザベス自身の動きも鈍く、優秀な牽制技を活かして相手を近づかせない、繊細な立ち回りが必要となる。
    • 少ない体力は覚醒SPスキル「ディアラハン」によって回復可能だが、使い所を選ぶ。
  • SPゲージが自動的に溜まる「魔力の泉」や覚醒するとスキルの性能が上がるなどの固有システムを持ち、自分の体力を減らして覚醒するSPスキル「コンセントレイト」など、このキャラにしかない特徴も多い。
  • P4U2では、体力が8000に増加。当身技の追加や覚醒時スキル性能の向上など立ち回り性能が前作よりも向上した。また当身技であるランダマイザを取得している。
    • ただし、コンボに必要なゲージが増加したり一部の技やスキルがコンボに組み込みにくくなるなど、火力による強引な動きはしづらくなっている。

岳羽ゆかり

  • 弓による高い射撃能力と画面を縦横無尽に飛び回る機動力で撹乱し、体力を削っていくキャラクター。
    • フェザー☆アローやマハガルなどの牽制技が豊富で、近寄ってくる相手を追い返す手段に長けている。
    • 逆切れも「移動しながらの攻撃」、「SPスキルキャンセルでのフォローが可能」という特徴をもち、高性能。
    • さらに矢を反射させて攻撃するトリッキーさも持ち合わせており、他キャラとは一味違った面白さがある。
  • 一方で体力は8500と低めであり、一旦攻め込まれると弱い。
    • 特に近距離での対空技に難があり、jcからの攻め継続・増長への対処に困りやすい。
    • 5A始動のコンボなどもあるが、基本的には近接で戦える性能とは言えず、常に相手との間合いを意識して立ち回る必要がある。
  • 覚醒SPスキル「マハガルーラ」は『ガードさせてからが本番』という非常に珍しい特徴を持つ。
    • 一旦ガードさせると長い時間相手にガードを強いる上に攻撃自体は継続するため、足払いやボコスカなどで相手のガードを崩してしまえば大ダメージが見込める。

伊織順平

  • 「野球システム」という前代未聞の固有システムでの自己強化で戦っていくキャラ。
    • とはいえ、条件はなかなか厳しいため、意識してフルカウントや勝利の雄叫び(10点以上)を狙って行くよりも狙える時には狙う位のスタンスで十分といえる。
  • どちらかと言えば近接を得意とするが、中距離遠距離でもペルソナでの牽制が可能と、マルチに戦える。
  • 通常時は火力はあまり高いとは言えないが、トリッキーな挙動で相手を翻弄できるので、焦らずに粘り強くランナーを出して得点を稼ぐのが肝要。
    • 一度、光り輝く順平(勝利の雄叫び状態)になるとその対戦中は(ラウンドを跨いでも)ずっと輝いているため、早く10点を取れればそれだけで相手にかなりのプレッシャーを与えられる。
    • ちなみに勝利の雄叫び状態では攻撃力が上昇する上に常にHP回復、SP上昇効果などが付き、コンボも伸びる。バットの打撃音も非常に気持ち良いものに変わると至れり尽せり。
  • 調子に乗るまでが大変だが一度調子に乗れば大活躍できるという、お調子者の順平らしい性能になっていると言えよう。

皆月翔

  • 他のキャラと違って「ペルソナを持たない」という独自性に加え、「ABCボタンが攻撃、Dボタンが避け」という独自な性能になっている。
    二振りの刀を使った素早い攻めと火力が持ち味。
    • 5Aを筆頭に全体的にリーチが長いうえ、踏み込んだり、移動しながら攻撃する技が多い。
      中距離〜近距離から一気に畳み掛け、通常技を軸に固め、攻めていく。
  • また、SB技各種が非常に優秀なのも特徴。
    • 低空で出すことで発生の速い中段となり、着地硬直が無いのでガードされても大幅有利どころか
      無敵技を合わせられても着地ガードが間に合うSB滅は皆月の代名詞。
  • 弱点は8500という低体力。また小技の発生がイマイチのため、防御面では逆ギレやプレイヤーのガード精度に依存する部分が大きい。
    • 飛び道具であるサバイバルナイフは優秀だがタメ技かつ全ボタンに設定されているため、暴発しやすいのも困りもの。
    • ただしゲージを使えば、とんでもリターンの焔月暴走や発生速くて空ガ不可の月面砕き、ローリスクなSB翔と強力な切り返し手段も複数有る。
  • コンパチキャラのミナヅキと比べて遠距離での行動や接近手段に乏しいが、代わりに近距離での選択肢に長けるため多彩な攻め方ができる。
    • ミナヅキに比べてガード時ジャンプキャンセルできない、被FC判定がついてるなど単調な攻めをするなと言わんばかりの調整もある。
  • 2.00では避けから追加攻撃を出せたり、高速移動や単体で出すことができる翔の調整でミナヅキとの差別化を図られている。

ミナヅキショウ

  • 鳴上と同じくハイスタンダード寄りのキャラ。
    • ペルソナなしの皆月と比べると接近時のバリエーションは若干落ちているが、ペルソナを得たことにより万能性で勝る。
      • 皆月が持たないガードされた時のジャンプキャンセル可能技を所持しているため使いやすい部分もある。
  • 高い接近戦性能、遠距離から発生するペルソナ攻撃、自身がワープする奇襲攻撃、体力やSPを吸収するコマンド投げなど出来ないことがほぼない強力なキャラクター。
    • 挙句の果てにはSPスキルに無敵のある高速飛び道具、無敵の長い対空系、当身技と揃いやりたい放題。
    • 加えてSPスキルを使ったコンボは高い火力を誇り、初心者から上級者まで安定して強さを発揮できる。
  • 欠点らしい欠点はないが、敢えて挙げるなら崩し手段が投げ技に頼りがちな事。
    • 高性能な技群も出せるルートはある程度固定であるため、連携をガードするのは皆月より容易。
      • SB滅等による中下段や高速移動を使った表裏など能動的な崩し手段の多い皆月との最大の相違点と言える。
    • コマンド投げのプレッシャーを与えつつ、嫌がって動く相手を狩るのが主軸。その際皆月に無いペルソナ技のリーチやB系のjcが武器となる。
  • 月面砕きが空中ガード可能なことも意外と重要な部分。
    • 2.00では出始めの無敵も削除され、防御に使える技の選択肢としては体力の低い皆月のほうが多いという違いがより大きくなった。

久慈川りせ

  • 多彩な飛び道具で相手の動きを抑えこみながら攻めるのが得意なキャラ。
    • リーチは短めで性能の高い通常技は少ないが、全体的に運動性能が高いインファイター型。多段ヒットするJBで突っ込むのが強く、ボコスカも見切りづらく崩し性能は高い。
    • 飛び道具は牽制・撃ち合いに使える性能ではないが、多段ヒットするものが多いため、これらをガードさせて有利フレームを取りつつ攻めたい。
      • アナライズという固有システムがあり、Dボタンで出せる飛び道具をヒットさせると、飛び道具のスキルが相手をホーミングするという効果がある。
      • SPスキル「りせちーフィールド」は飛び道具を纏いながら自由に行動するというもので、強引に触ることが可能。
    • JBや音符を絡めた画面端での攻め性能は高く爆発力はあるのだが、その状況を作るのに苦労する。
  • 逆ギレの性能がやや低く、SPスキルも直接割り込み手段になりにくいため防御性能は低め。
    • あらかじめスキル「テトラカーン」「マカラカーン」を発動しておくことで防御性能を高めることが可能。

天田乾

  • 天田の持つリーチの長い槍と「コロマル」との連携で戦うキャラクター。
    シャドウラビリスと同じ同時操作キャラではあるが、こちらはPゲージではなく「コロマル専用HPゲージ」の管理を必要とする。
    • 立ち回りとしては中距離を得意とするが小回りの効きづらい天田、サポートとして「コロマル」を操作し、スキをフォローしていく。
  • コロマルの攻撃が非常に強く、天田自身のリーチもあるため相手に行動制限を与えやすい。
  • 体力が低く2BやJAといった対空技を若干先読みで置いておく必要があるなど、本体の守り面は不安を持っている。
    • 逆切れはch時のリターンに優れているものの、よけられた際の隙が致命的なレベルであり、ピーキーな性能。
  • また、コロマルとの連携で相手が「崩れやすい」が、実のところ天田自身の崩し手段はかなり貧弱。
  • 固めの天田&コロマル、崩しのシャドウラビリスという違いとみるとわかりやすいかも。

足立透

  • 条件を揃えれば極めて高い攻撃力を発揮できる接近戦型キャラクター。
    • 自身の攻撃力と防御力を強化するSPスキル「ヒートライザ」や、ペルソナの攻撃にバステを付与する覚醒SPスキル「マガツマンダラ」など自身を強化するSPスキルを持つ。これらを発動した後の爆発力は極めて高い。
    • コマンド投げを持つため打撃と投げで崩すことも可能だが、スキルで恐怖を与えてからでなければリターンは少なめ。
  • 足立の技はどれも癖が強めで性能も高いとは言えないが、ペルソナによる技は判定が強く攻撃範囲が広いJCをはじめ優秀な技が多い。
    • 逆に言えば立ち回りで振りやすい技がペルソナを使うもの位しかないため、ペルソナの体力を削られやすいが、そうした依存度の高さの割にはペルソナの枚数が標準的(4枚)。
    • ブレイクするとペルソナが使えなくなるばかりかSPスキルによる自己強化も消滅するため致命的。ブレイクをいかに避けるかはこのキャラを使う上で直面する問題と言える。

マリー

  • 多彩な設置型飛び道具を交えた攻めが得意な中〜近距離型キャラ。また、固有のシステムとして天気システムを持ち、天候によって様々な恩恵を受けられる。
    • HP回復やSP上昇など天候によってマリーが受ける恩恵は変わってくるが、天候はラウンド毎に変わり、変更には後述のSPスキルを当てるしか方法はない。
  • 接近手段にもなるJCが非常に強力なうえ、保障ダメージが大きいSPスキル「ばかきらいさいあくさいてー」を連続技の〆に持ってくることで常に安定した高火力が見込めることも含めて攻め性能は高い。
    • 飛び道具をかき消す設置技やSB邪眼によるガード不能などの特殊な技も持っている。
  • ダッシュ速度は速いが技のリーチはさほどなく飛びかかる技が多い等、攻め込むには良いが相手の行動を抑える手段に乏しい。飛び道具も遠距離まで届くものはゲージを消費する。
    • このためどこかで接近戦を仕掛ける必要があるが、一方的な連携はないため対応型のキャラには苦戦を強いられるのが弱点。

マーガレット

  • 高い機動力と長いリーチを両立しており、通常技を含めて攻撃範囲が非常に広いのが特徴。
    • とにかく相手に触りやすいため、相手に様子見(ガード)を強制できる。その上、ペルソナによる投げや中段など近づいてからの攻め手も豊富。
    • リーチの長い5A、スライディングの2A、突進技の5B、地面全体に攻撃判定の発生する足払いなど、通常技はどれも尖った特徴を持っている。
  • 全体的に技の発生が遅く、ガード時にjc可能な技がないのが弱点。立ち姿勢も高く、対空技の2Bや逆ギレも性能が低め。
  • 性能はともかく攻撃モーションがクセの塊のような技が揃うため、慣れるまでは挙動に苦労するかも。
  • 特定の間合いでやることがない、という状況にしたくないプレイヤーにお勧め。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

P4U2

モバイル

家庭用

P4U

その他

関連商品


フリーエリア

どなたでも編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
・トップページの看板募集中!
・現在、いろいろと情報が足りていません。
 編集者、情報提供者を募集しています
・「情報を書きこみたいけど編集とか分からない…」という人は
 コメント欄に書きこんでください