Path of Exileの攻略情報Wikiです。

クオリティ系

アイテムの Quality(クオリティ)を上昇させるもの。
クオリティ系のカレンシーを使用した際の上昇量はアイテムの Rarity(レアリティ)によって異なり、Normal(ノーマル)は5%、Magic(マジック)は2%、Rare(レア)Unique(ユニーク)は1%となっている。
従って後述の Orb of Transmutation などを使ってレアリティを変更する場合は、レアリティが低い段階で クオリティ系のアイテムを使用すると良い。
Blacksmith's Whetstone
Weapon(武器)のクオリティを上昇させる。武器のクオリティが上がると Damage(ダメージ)の値が掛け算で上昇する。従って、元々のダメージの数値が高い武器にこれを使用すると効果が大きい。
Armourer's Scrap
Armour(防具)のクオリティを上昇させる。防具のクオリティが上がると ArmourEvasionEnergy Shield の値が掛け算で上昇する。
従って、元々の Armour などの数値が高い防具にこれを使用すると効果が大きい。
Catalyst
リング、ベルト、アミュレットに特殊なクオルティを付与するカレンシー。1回につき1%上昇する。詳細はCatalystへ。
Glassblower's Bauble
Flask(フラスコ)のクオリティを上昇させることができる。フラスコのクオリティが上がると「Life、Mana の回復量」や「特殊効果の持続時間」が掛け算で上昇する。良いMODが付いたフラスコに使用するといいだろう。
Gemcutter's Prism
Gem(ジェム)のクオリティを上昇させることができる。ジェムのクオリティが上がるとアクティブスキルのダメージ、範囲などが変化する。ジェムのクオリティは Gemcutter's Prism を使用すると1%づつ上げられる。
Cartographer's Chisel
Map(マップ)のクオリティを上昇させることができる。
Engineer's Orb
StrongBoxのクオリティを上げる。通常のクオリティカレンシーと同じ挙動なのでStrongBoxのレアリティをノーマルにすれば1つで5%上げることができる。

ソケット系

装備品のSocket(ソケット)の状態を変化させる。
Chromatic Orb
ソケットの色をランダムに変更する。装備品のattribute要求値に沿った色に染まりやすい。ソケットの色が欲しいものと合わない場合にこれを利用する。
Jeweller's Orb
ソケットの数をランダムに変更する。最大ソケット数はアイテムのタイプとアイテムレベルで決まっている。アイテムのクオリティが高いほどソケット数が多く付きやすいので5〜6ソケットを狙うのなら上げてからが良い。
Orb of Fusing
ソケットのリンクをランダムに変更する。アイテムのクオリティが高いほどリンクが多く付きやすいので5〜6リンクを狙うのなら上げてからが良い。
参考としてクオリティ20%のアイテムを6リンクにするのには平均1000個程が必要とされている。クラフトベンチを使えば1500個で確実に6リンクにできる。

レアリティ変更系

アイテムのレアリティを変更する。それに伴ってMODにも変化がおきる。
Orb of Transmutation
ノーマルアイテムマジックアイテムに変え、1〜2個のMODを追加する。
Regal Orb
マジックアイテムレアアイテムに変え、1個のMODを追加する。良いMODが付いたマジックアイテムに使用することで空きMODが多く自由度が高いアイテムを作り出せる。
Orb of Alchemy
ノーマルアイテムレアアイテムに変え、3〜6個のMODを追加する。一度に多くのプロパティを追加するため、ランダム性が高い。Orb of Alteration 等に比べると希少だが序盤から入手できる。
Orb of Binding 3.14から基本カレンシードロップテーブルに加えられた。(元はHarbinger限定)
ノーマルアイテムレアアイテムに変え、更に4ソケット4リンクの状態にする。Orb of Alchemyのやや上位互換。
Orb of Chance
ノーマルアイテムをランダムなレアリティにアップグレードする。高いレアリティほどできる確率が低い。ユニークにも変化するが極稀。

MOD変更系

MODの追加、削除、変更、リロール等。
Orb of Alteration
マジックアイテムのMODをランダムに変更する。付けるMODを厳選したいがChaos Orbでは勿体ない時によく利用される。
Orb of Augmentation
マジックアイテムにMODを1つ追加する。MODが1個しか付いてないマジックアイテムにこれを使用すると良い。
Chaos Orb
レアアイテムのMODをランダムに変更する。Orb of ScouringとOrb of Alchemyをセットで使うことでも代用できる。
通貨の代わりとしてプレイヤー間で幅広く取引されている。
Exalted Orb
レアアイテムにMODを1つ追加する。Orb of Augmentationのレア版であるが価値が全く違う。
Chaos Orbと同様に通貨の代わりとしてよく使われており、あちらが100円硬貨だとしたらこちらは1万円札ほどの価値になる。
Crusader's / Redeemer's / Warlord's / Hunter's / Exalted Orb
エフェクトが付いてないレアアイテムにそれぞれのエフェクトを付与し、Influence MODを1つ追加する。
Maven's Orb
アイテムに付いてるInfluence MODを1つ削除し、別のInfluence MODのTierを1つ上げる。Tier:1ならTier:Elevateに変化する。
なので少なくとも2つ以上のInfluence MODが付いてるアイテムにしか使うことができない。
Awakener's Orb
エフェクトが異なる2種類のInfluenceアイテムに使うことで、2つのエフェクトと2つのInfluence Modを片方のアイテムに継承させることができる。もう片方のアイテムは消滅する。
複雑な処理がなされるので英語Wikiでよく確認し、クラフトシミューレーターのEmulatorで挙動を十分に把握してから使うことを強く推奨する。
Orb of Annulment
MODをランダムに1つ削除する。クラフトのために枠を開ける用途等で使用される。
削除の挙動がやや特殊で、レアアイテムのMODをこのカレンシーで全て削除してもそのアイテムはレアを維持する。
マジックアイテムも同様であり、規定のMOD枠より少なくなってもレアリティが維持される。
Orb of Scouring
アイテムが持つMODを全て削除し、Mod数に沿ったレアリティに変更する。大抵はModが無いノーマルアイテムに変わる。
しかし例えばあらかじめレアアイテムに「Prefixes Cannot Be Changed」等のメタクラフトModを付けておき、
Orb of Scouringを使った後もPrefixが2つ以上残っていればレアを維持できる。1つならマジックに落ちてしまう。
これはFractureアイテムでも同様のことが起きる。
Blessed Orb
Implicit Modの数値の振れ幅をランダムに振り直す。良質なアイテムを入手できた時に、更に完成度を高めるために使うと良いだろう。
Divine Orb
Explicit Modの数値の振れ幅をランダムに振り直す。良質なModがついているが数値が悪いアイテムに使用するのが良い。
Tempering Orb
武器に専用のEnchantment Modを追加する。
Tailoring Orb
胴防具に専用のEnchantment Modを追加する。

変化系

別のものに変化させる。
Ancient Orb
ユニークアイテムを同じベースタイプの別なユニークアイテムに変化させる。
変換にも色々法則があるので詳細は英語Wikiへ。
Prime Regrading Lens
スキルジェムのクオリティを別のタイプに変更する。
Secondary Regrading Lens
サポートジェムのクオリティを別のタイプに変更する。
Orb of Horizons
マップを同じTierの別なマップに変化させる。変化にも法則があり、そのTierが最小Tierにあたるマップが候補になる。
仮にTier4、7、11のバリエーションを持つAというマップがあるとする。
Tier4のマップにOrb of Horizonsを使えばこのマップAになる可能性はあるが、Tier7や11のマップに使ったとしてもマップAには絶対にならない。
Harbinger's Orb
マップをより高いTierのマップに変化させる。その際低確率でBeachhead?マップに変化する。

その他

Scroll of Wisdom
Unidentified(未鑑定)のアイテムを鑑定する。未鑑定のアイテムは装備できず、鑑定後に装備条件を満たしていれば装備できる。(→基本操作>アイテムの使用
Portal Scroll
町の外から町へ瞬間移動できるポータルを作り出す。町の中で巻物を使用することはできない。町の中にできたポータルを使用するか、ポータルのあるインスタンスが消滅すると、ポータルは消滅する。
ポータルを開いた状態でプレイヤーキャラクターが死亡しても、インスタンスが残っている間は町のポータルからその場に復帰できる(ハードコアは除く)
Orb of Regret
パッシブスキルの "Refund"(振り直し)ポイントを1ポイント得る。
Orb of Unmaking
マップパッシブツリーの "Refund"(振り直し)ポイントを1ポイント得る。
Simple / Prime / Awakened / Sextant
Watchstoneに3回だけ使用できるMODを付与し、上位のものほど効果も高い。ベンダーレシピで3個売れば上位のものが1つ貰える。
Elevated Sextant
Watchstoneに15回だけ使用できるMODを付与し、効果もAwakenedのものより高い。しかし他のSextantと互換性はなく、ベンダーレシピでは入手できない。
Vaal Orb
アイテムを Corrupted(頽廃)状態にするとともに、予測不可能に変化させる。Corrupted(頽廃)状態になった対象を再び変化させることはできない。
望まない結果になることもあるため、慎重に使用する必要がある。変化の詳細については Vaal Orb のページを参照。
Perandus Coin
Perandusのエンカウントからドロップするカレンシー。稀に出会えるCasiroとの取引に使用できる。
Silver Coin
NavaliからProphecyを授かるのに消費する。
Stacked Deck
右クリックでランダムなDivination Cardを1枚入手できる。抽選範囲は広く、また高額カードが出る確率も高い。
Mirror of Kalandra
アイテムの Mirrored(鏡映)コピーを作り出す。Mirror of Kalandra はユニーク以外の、それ自身複製でない、装備品やマップに対して使用できる。
Mirrored(鏡映)のアイテムは見た目が元のアイテムの左右対称である以外は同じ特性を持ち、能力を変化させることはできない。
Exalted Orbの数百倍の価値があり、どんなアイテムでも複製できる万能性ととても低いドロップ率がこの希少価値を築いている。

過去のアイテム

Eternal Orb
アイテムに後の復元のための Imprint(刻印)を作成する。この刻印は、後にアイテムを刻印された時の状態に復元するために使用できる。
ある程度良いプロパティが付いたアイテムに更にプロパティを追加する時、Eternal Orb で刻印をしておくことで、追加されたプロパティが好ましくなかった場合でも追加前からやり直しすることができる。
Eternal Orb は Version 2.0.0 以降どのリーグでもドロップしなくなったが、近いことをマジックアイテムにのみ使用できるビーストクラフトがある。
Imprint
アイテムに対して Eternal Orb を使用することで Imprint(刻印)を作成できる。Imprint には、Eternal Orb が使用された特定のアイテムの、その時の状態が記憶されている。
Eternal Orb が使用されたアイテムに対応する Imprint を使用することで、刻印された状態を復元することができる。

このページへのコメント

最近PS4で始めたけど、いろんな所でいろんな情報を入手しないと分からないことだらけなゲームだ…
手探りで楽しいけど英語なのも相まってハードルは相当高い

1
Posted by 名無し(ID:0LyCy3ePQQ) 2019年03月30日(土) 19:12:24 返信

程度とか、そういう言い方するから人が増えんのやぞ
日本人が増えるのはいい事なんだから
信者は最大のアンチ、はっきりわかんだね

22
Posted by 名無し(ID:sZAgQNXEuw) 2018年03月26日(月) 15:44:48 返信

日本語WIKIだけで理解しようという程度の初心者がやるゲームじゃないとおもう・・・

2
Posted by 名無し(ID:MFUlT2Udlg) 2018年03月26日(月) 06:49:04 返信

このサイトはどちらかというとデータサイトですかね。wikiwiki.jp/pathofexile/
こっちのサイトの方が初心者向けですね。
無料じゃなくて有料でもいいのならGrim Dawnをお勧めします。サイトも充実していますのでいいと思います。

0
Posted by 名無し(ID:2jp3PNuYmw) 2018年02月15日(木) 16:08:06 返信

このHPを見ても難しくて何も分かりません。
初心者には向いてないな。

0
Posted by 初心者 2018年02月13日(火) 09:15:55 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


【メニュー編集】

どなたでも編集できます