架空の女子プロレス団体「PLUS ONE Girls」のサイトです。

対戦カード

レポート

 正規軍の中核選手である里中ひかりSweet☆MIKUがタッグを組んだメインイベント。標的は現在POGのリング上に自身の勢力を拡大しつつある姉小路千早と、親譲りのテクニックで注目を集めるエンジェル永和のヒールレスラーコンビ。正規軍の威信が揺らいでいる今、この二人を撃退できるか否かは後々大きな意味を持つだけに、リング上はいささか緊張感が漂う。
 先発は千早と里中。里中は隙を与えまいと連続のボディスラムで千早を叩きつける。ここで永和が代わってリングに上がり、スリーパーで里中をテイクダウンし、その顔に座りこんで強烈な一撃。悶絶する里中をMIKUが助けに入る。しかし永和はMIKUにグレープフルーツクロー。股間を鷲掴みされ、悶絶するMIKUに永和は「天国の架け橋」をお見舞いする。10歳近く年下のレスラーに口内と股間を蹂躙されるMIKUの屈辱的な姿に場内も大盛り上がり。親子ともどもでMIKUを弄んでみせる。
 だがここからMIKUが反撃。永和をロープにぶん投げ、返ってきたところに強烈なラリアット。さらに無理やり起こしてもう一度ロープにふってまたもラリアット。代わってリングに上がった千早にはフライングヒールキックをぶち込み、倒れたところでSTFで痛めつける。この試合、千早はあまり存在感を示せないままで終わる。
 一方で永和は正規軍組相手に堂々たる戦いぶりを見せる。千早の助けに入ったところでMIKUにベアハッグやアイアンクローを見舞い、一度里中にパワーボムを喰らうも、お返しに天国の架け橋で里中の口の中と股間を弄り悶絶させる。完全にグロッキーな里中に続けざまにエンジェル☆ロックと永和はやりたい放題。里中を散々な目に合わせる。助けに入ろうとしたMIKUも千早のローブローで股間を両手で押さえてダウンし、コーナーに押し込まれスティンクフェイス。そして、リング中央でピクリとも動けない里中は、ついに心が折れてしまい必死に永和のお尻を叩いてタップする。正規軍として威厳を見せるはずが、後輩のお尻に屈服させらてしまった。
しかし、敗者へのお仕置きはここから始まる。後輩のお尻攻撃に、ゴングが鳴っても動けずにいる先輩2人に懺悔式ツームストンホールド! 永和が里中を、千早がMIKUを自分のパンツの中に押し込む。年下のパンツの中でただただ悶絶させられる正規軍の二枚看板。里中もMIKUも必死にタップして許しをこうが、千早と永和はそんな2人をロープにくくりつけて顔面騎乗でさらに屈辱を与える。先輩レスラーの惨めな姿を観客に見せつけて、正規軍よりも自分たちの方が上だと証明した。
翌日『里中、MIKU、年下のお尻に完全敗北!』と2人並んで顔面騎乗されている姿とパンツの中で悶絶している写真が大きく報じられ、千早と永和、新時代の到来を予感させるのであった。
POG正規軍vsフリータッグマッチ タッグマッチ30分1本勝負
里中ひかり
Sweet☆MIKU
24分16秒 エンジェル☆ロック?姉小路千早
エンジェル永和

試合後コメント

里中さんといいMIKUさんといい、いつもこのような方を相手にして勝利しているなんて……やっぱり母さんはかっこいいです!母さんに勝利した姉小路さんもかっこいいですし……。次もいい試合をして、子供たちにかっこいいところを見せちゃいます! 里中さんやMIKUさんと再戦することがあったら、また私のお尻とパンツの中でギブアップさせてあげますね!

あらあら、見せ場を取られてしまいましたわね……ま、たまには良いでしょう。お尻でたくさん敷き潰すこともできましたし。しかし正規軍のヒールの要がこの程度であるなら、やはりわたくしが行動を起こす必要がありそうですわね♪

タイムライン

リンク

POG-34
第7試合第8試合

管理人/副管理人のみ編集できます