架空の女子プロレス団体「PLUS ONE Girls」のサイトです。

対戦カード

レポート

 第6試合はエンジェル永和と月嶋雫のシングルマッチ。ヒールとベビーの違いは有っても両者とも美形のフリー選手同士、男性観客達のボルテージも絶頂に達しそうなカードになることが期待された。
 まずは月嶋がアームドラッグで永和を投げ飛ばすと、打点の高いドロップキックを永和の胸にヒットさせてダウンさせる。だが、永和が月嶋の隙を突いてのローブローでダウンさせると、月嶋の顔を自分のパンツの中に押し込んでからの懺悔式ツームストンホールドで悶絶させた。さらにフェイスシッテイングの体勢に入ると3分近くも月嶋の顔を永和の肉厚なヒップで蹂躙していく!
 この屈辱に本気を引き出された月嶋がブレーンバスターで永和の頭をマットに炸裂させてからドラゴンスリーパーで絞め上げていくが、永和がロープに近付いていくと自分から技を解くと、コーナーポストに駆け上がってからのムーンサルトプレスで永和を押し潰したが、月嶋は敢えてフォールには入らずに派手な投げ技で仕留めようとする。
 しかし、これが痛恨の判断ミス。永和のバックキックにより投げ技を不発にさせられてしまった直後に、永和の必殺技であるエンジェル☆ロックを極められて決定的なダメージを月嶋が与えられてしまう。永和のお尻でたっぷり顔面を敷き潰された月嶋はリングに大の字となってグッタリ。最後には二度目の懺悔式ツームストンホールドに捕らえられてしまうと、ギブアップを宣言することもできないままタップを強要されてしまう。年下のパンツの中で悶絶させられた月嶋が必死にタップする姿に場内も大盛り上がり。美形のフリー選手同士の艶闘はエンジェル永和に軍配が上がった。
スペシャルシングルマッチ シングルマッチ90分1本勝負
エンジェル永和65分26秒 懺悔式ツームストンホールド?月嶋雫

試合後コメント

ふぅ……いい試合が出来ました。月嶋さんの身体が堪能出来て満足です! ムーンサルトプレスをされたときは流石に負けを覚悟しましたが……直後、綺麗にバックキックが入ったことが勝因だと思います。 私のパンツの中でギブアップする月嶋さん、最高でした! 次もまた、私のお尻と股間を楽しんで貰いたいですね!!
これで2連敗・・・決めるべきときに決められないふがいなさを見せてしまいました。自分より年下の子のパンツの中でギブさせられちゃって、すごく悔しいです。 でも、いつまでもやられてばかりではいません!次に対戦する時は必ずすべて受け切って、勝って見せます!

タイムライン

リンク

管理人/副管理人のみ編集できます