管理人多忙につき、管理に協力して頂けるメンバーを募集しております。wiki右上検索バー横の「参加する」から申請できますので、よろしくお願い致します。※副管理人からは許可していません。予めご了承下さい

世界観・用語(五期)四大資質

◆「育成」型
育成ランク「A」以上のトレーナーのこと。
独自の育成理論と、巧みな教導、仲間を支える人柄が重視される資質。
一部の天才のみが到達できる種族ポテンシャルの「第四階梯」に到達可能。
これに加え、技枠の拡張や技術の伝授により「ポケモンを強くする」ことに長けている。
トレーナーの語源が「育てる者(trainer)」であることからも、
時代を問わず軽視できない分野であり、ポケモンバトルの競技の本質である。

◆育成
トレーナーの基礎にして奥義。
やる夫は現段階で「A+」相当の育成力を持つ。
「+」とは、同ランク内において特に優れている場合、
あるいは「限定的に際立った何かを持つ場合」に付与される。
一例だが、キル子能力型でありながら現段階で「統率:C+」である。
これは、平均的な統率力でありながら「威圧」により、
副次的に臆病なポケモンを従えやすくなっているためである。
尚、キル子の現段階の育成力は………

◆BD/「育成:A+」
「育成:A+」の者がブリーダーとなった時、
一部の得意分野に限り「育成」のランクが下がらない。

キジマ・シア」は『モビルスーツ』に限定し、
育成ランクを「A+」のまま発揮できる。

「新速出やる夫」はどんなポケモンに対しても
育成ランクを「A+」のまま発揮する。

  • 「育成:C」… 理論上鍛錬ではLv150が限界。 第二階梯まで。
  • 「育成:A」… 理論上鍛錬でいくらでも上がる。 第四階梯到達可能。
    • ちなみに、素の「育成:B+」で特定の得意分野を第四階梯〜ってのは無理。これは純「育成型」ではないため。
  • 得意分野のある「育成:A+」のブリーダーは【得意分野に限って育成力が下がらない】
    • 「育成型」の「育成:A+」がブリーダーになって「B+」だと得意分野の育成が「下がらない」ので第四階梯が可能。
  • 「育成:AA〜S」の共通点。
    • ランクが上がれば上がるほど鍛錬・バトル時のレベルアップにボーナスがある。AランクよりもAAランク、AAランクよりもAAAランク、最上がS
    • 統率と無関係な部分での「育成難度」のクリアがスムーズになる。ある程度適正を無視して『ペルソナ』等の育成に着手可能。育成対象の幅が広がる。
    • 技マシンの抽出。
      • 抽出は育成型の性質の一つ。現象を傍から見ると完全に特殊能力だが、あくまでも技術を下としたものに他ならず、作中でいう異能ではない。
    • 『極』や『超気合い』『三種の神技』等の上位汎用ポテンシャルをポケモンに習得させられる。
    • 種族値の曖昧値の正常化。
      • S…200〜
      • AAA…=194(-〜+)
      • AA…=164(-〜+)
      • A…=134(-〜+)
      • B…=104(-〜+)
      • C…=84(-〜+)
      • D…=54(-〜+)
      • E…=34(-〜+)
  • 「育成:AAA」で高まるのは【ポケモンの種族値の増強】
    • 独力で「努力値」を完全制御しているに等しい領域。
      • 努力値で種族値をいじる=AAA
  • 「育成:S」(二代目メイジン)は、「育成:EX」を除き「育成:AAA」までの全ての特権を扱える。そのうえで、「育成:S」の特権と呼べるものは「2つ」
    • 【奥義開眼】専用ポテンシャル等と無関係に、無条件に「おうぎ」を扱うポケモンを育成することができる。
    • 【専用ポテンシャルを教える】事ができ、『覚醒種』や『ベテラン』のように、ポケモン単独で専用ポテンシャルを持たせることができる。
  • 「育成:EX」
    • 敦賀迷彩の知るかぎり、「育成:EX」の育成家はやる夫で【3人目】
      • その中でもやる夫はおそらくもっとも競技的な特異性を持った育成家といえるだろう。
      • 『特化リボン』『ふんばリボン』などやる夫の「育成:A+」とは、言わば部分的に「AAA」や「AA」ランクの特権を用いているに等しい。
    • 1人は【育成の模倣】
      • 「育成」によって施された他者の『PT』ポテンシャルを完璧に模倣出来る者。
      • 本来は流派・個人の間にのみ存在する育成法を完璧に模倣してみせるのだから、「特異」(EX)と評するより他にない。
    • 2人目はダンジョンに棲息する【『野生ポケモン』の育成】を可能とする特異な育成を持っている。
      • ダンジョンを根城にしており、全国で指名手配を受けているため、競技の世界で見かけることはないだろう。
    • 皆特異な育成家だが、【大元の育成は「A+」】という点で共通している。
      • 「特異」ではあっても、素の育成力そのものはあくまでも卓越の域。
  • 育成力、つまり【レベリング】の技術は概ね【育成ランクに比例する】傾向にある。
    • 資質そのものがレベリングに特化していない限り、ランクが上にある育成家のほうがレベルを上げやすい。
    • 完全に同じ条件で練度を比べあえば、そこには必然差が出来てしまう。

『鍛錬』…
「育成:A」以上に呼応して
最も高い種族値を「AA」にする類の技法。

『武練』…
「育成型」の施すことのできる種族ポテンシャルの呼称。
最も優れたものは『先』『回避』『耐性』『撃』『気合い』を『極』める。
これらのポテンシャルを極める能力の総称である。

【育成型】… 高いほどレベルが上がりやすい。
E=      特に訓練していないので育成はできない。
D=      育成力が低い。
C=      種族ポテンシャル第二階梯まで。
B=      種族ポテンシャル第三階梯まで。
A=      種族ポテンシャル第四階梯到達可能。 敗北しても経験値を得られる。 「+」から育成力を活かした『PT枠』を習得させる事ができる。
AA=     技マシンの抽出、『先』『回避』『耐性』『撃』『気合い』を『極』める、種族値の曖昧値の正常化、他。 AA以上になるとある程度の個人差がある。*
AAA=    ポケモンの種族値の増強。 『リボン』は本来ここの領域。
S=      (二代目メイジン)「おうぎ」の習得。 ポケモンに独自の『専用ポテンシャル』を保持させることができる。
EX=     (やる夫)《 モード 》と呼ばれる独自の育成技法を持つ。

(*判明している限り、技マシンの抽出の内容や『PTポテンシャル』他。 「カワグチ流」が特に優れる傾向にある。)

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
副管理人です
現在、神 ◆t3BWP2Ah3Qが投稿を行っていた掲示板自体が削除された為、神自身との連絡が取れない状況となっています
神自身が何か伝えたいことがありましたら、このwikiを使って下さい
新しくポケマス用の板が欲しいという事であれば、その相談も受けます
このwikiは神最優先です。そして他作者様のスレ運営、その参加読者の一助の為に継続します
それ以外の頁は機を見て削除します