管理人多忙につき、管理に協力して頂けるメンバーを募集しております。wiki右上検索バー横の「参加する」から申請できますので、よろしくお願い致します。※副管理人からは許可していません。予めご了承下さい

ポケモン図鑑(五期)


【名前】オリヴィエ・ゼーゲブレヒト
【タイプ】?
【特性】?
【もちもの】

【技x:げきりゅうそう、】

こうげき:
ぼうぎょ:S
とくこう:
とくぼう:
すばやさ:

【ポテンシャル】
『天賦の才』
『撃龍王の龍赫』

『天蓋衝突く撃龍槍』…
1/試 「技能拡張:げきりゅうそう」

 【弱点(4倍)】  
 【弱点(2倍)】  
 【軽減(1/2)】  
 【軽減(1/4)】  
 【無効(0倍)】  

カントー時代

解説

  • 初登場スレ23>>2493。
  • 手塚国光の手持ちとして登場。
  • S級1位《 青春ロイヤルナイツ 》の選手。
  • セイバー種の『天賦の才』
  • 通称:『撃龍槍』
  • バー・チャンの育成記録(10スレ目)では、8〜10年前の記録に“剣要らず”の「セイバー」種と依頼者「手塚国光」の名が記されている。
    • セイバー種の生態兵装である「エクスカリバー」と同等の硬度の肉体を持つ個体。
    • その反射神経は神速。剣を払う動作より早く、相手を拳打で圧倒せしめる素質を持っていたという。
  • トキワの森深度5のヌシが従える巨大な龍との戦いで右腕を食われてしまった。
    • 龍はオリヴィエがその時に用意した龍殺しの古槍が体に突き刺さり、相打ちになった。
    • 『剣要らず』と呼ばれていた彼女が『撃龍槍』と呼ばれるようになった所以。
    • 自分の群れと互角の勝負をした《 ロイヤルナイツ 》のことを、トキワの森のヌシはいたく気に入り、引き分けた褒美として、その巨龍の肉体の一部をオリヴィエに分け与えた。
    • その移植された異形の右腕が「龍赫」
      • 「赫子」を持ったその龍も『ヒトクイ』なのかもしれないが、詳しくは不明。
  • 一つ言えるのは「オリヴィエ・ゼーゲブレヒト」は『ヒトクイ』ではない。
    • 『ヒトクイ』は第一吸血指定種以上に人界では禁忌(タブー)とされる一族であり、仮にSランクであろうと、『ヒトクイ』を競技の舞台に持ち込むということは考えられない。
    • 「移殖」がトキワのヌシによって行われたことに何か意味があるのかもしれないというのが金木研兵頭和尊の見解。
    • トキワのヌシには『ヒトクイ』の食性を反映させずに、強力な赫子を移殖する方法があるのかもしれない。
  • 七章では、ゴグマジオスの無尽のエネルギーをゴグマジオスから獲得した右腕によって喰らい尽くした。
    • 無尽のエネルギーを生み出し続ける者を斃せるのは、同じ力をその身に宿した者だけ。
    • “剣”を象徴する一族(セイバー)の細胞を凝縮すれば、聖剣と同じ硬度になるように、その右腕に宿った無尽のエネルギー(ゴグマジオス)を凝縮すれば、それを凌駕する一撃となる。

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
副管理人です
現在、神 ◆t3BWP2Ah3Qが投稿を行っていた掲示板自体が削除された為、神自身との連絡が取れない状況となっています
神自身が何か伝えたいことがありましたら、このwikiを使って下さい
新しくポケマス用の板が欲しいという事であれば、その相談も受けます
このwikiは神最優先です。そして他作者様のスレ運営、その参加読者の一助の為に継続します
それ以外の頁は機を見て削除します