管理人多忙につき、管理に協力して頂けるメンバーを募集しております。wiki右上検索バー横の「参加する」から申請できますので、よろしくお願い致します。※副管理人からは許可していません。予めご了承下さい

世界観・用語(五期)

◆ハーフ
ポケモンと人とが交わることで生まれる混血。
人に近しい者もいれば、ポケモンに近しい者もいる。
前者は親の生態を引き継いだ異能者として、
後者は雑種強勢とでも言うべき亜種(あるいは変種)として生れることもある。
この2つが好例だが、ハーフの形態は千差万別である。
ハーフは既に社会に根付いた存在であり、際立った迫害を受ける例は少ない。
ただし、秩序の成り立たない辺境や、個人間での差別があることも否めない。
ハーフは母親がポケモンである場合が多数であり、
これは人の母体がポケモンを産むのが難しいケースが多いためである。

※データ上人間(トレーナー)のハーフのことを混血人と言う。
ハーフ=ポケモン
混血人=人間寄り

◆ハーフ/雑種強勢
人とポケモンとが交わる時、
稀に元のポケモンよりも際立った力を持つ『変種』が生まれることがある。
この『ハーフ』はポケモンとしての性質が色濃く受け継がれ、
ポケモンとして試合に出場する事が可能である。

レオーネは原種よりもスピードに優れ、
瞬間的な『怪力』で原種と同等のパワーを生み、
原種には備わっていない超再生能力を持つ。

この再生能力は現段階ではまだ使いこなせておらず、
佐々美の育成によってどれだけ伸びるか今後に期待が集まる力である。

◆『ハーフ』 / 出産
『ハーフ』と人(あるいはポケモン)の間にも子は生まれる。
『ハーフ』がポケモンに近しい場合は「ポケモン」として。
『ハーフ』が人間に近しい場合は「人間」として生まれる。

人間と亜人との結婚が社会で一般的なものとして認知されているように、
『ハーフ』と人間(あるいはポケモン)の結婚も公に認められている。

親が敵性種である等のケースを除き、
一般に『ハーフ』に対する差別・迫害はほとんどない。

※ポケモンと人との間の子でも、『ハーフ』ではなく『固有種』となるケースがある。こちらは突然変異的なケース。
ハーフ(ポケモン)×人間=ポケモン
ハーフ(混血人)×人間=人間
という傾向が強い。
ただしこの世界では人間同士からポケモンが生まれることもあるのであまりあてにはならない。

◆『獣化』
ハーフのトレーナー特有の能力。
自身の混血の力を解放することで、
自身を「ポケモン」と化す力。
「能力」のランクに比例して本人のポケモンとしての性能、
及び「獣化」そのものの性能が上がる。

B獣化:選手として自分をエントリーできる。
A獣化:味方1体を瀕死にしてバトルに参加。 基本的に味方を「瀕死」状態にして7体目として参加。
AA獣化:条件なし、あるいは一定条件で「7」体目のポケモンとして参加。
      「AA+」「AA」なら実質条件なしで7体目として参加。 「AA-」だと何らかの条件がつく。(*例:ティファニア)
AAA以上からはステータスが度を越して化け物ちっくに。
Cでは獣化した後の性能が低い、『エース』である必要がある、『四式』『指令』を使えないなど、何かしらのデメリットあり。基本的にBランクより下。

『獣化』時の種族値はトレーナーの資質に影響を受けるという法則がある。
(例:「指示:A/育成:D/統率:C/能力:B」等の場合、「ADCB」のランクをそれぞれ必ず『獣化』時の種族値に含ませる。)
「万能型」の場合は必ず「全種族値:B-〜B+」となる。
「能力:AA」は「AA」ランク種族値も2つ。

種族値とトレーナー資質の関連については原則的にそういう傾向にあるということで、例外もある。
(希少種族の紅魔族や天賦の子供のドワーフなど)

『獣化』トレーナーは特殊な『属別』ポテンシャルを持つ。
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
指示型/『セルフオーダー』… 1/試 自身がPTのトレーナーの時、被攻撃時のタイミングで『かわせ!』『よけろ!』を発動することが出来る。
育成型/『セルフブリード』…   自身がPTのトレーナーの時、自身の『先』『回避』『耐性』『撃』『気合い』を『極』める。
統率型/『セルフコマンド』…   自身がPTのトレーナーの時、トレーナーの「統率」が1ランク上がる。
能力型/『セルフアビリティ』… 自身がPTのトレーナーの時、独自に専用ポテンシャルを保有する。
万能型/『オールマイティ』…  自身がPTのトレーナーの時、自身の全種族値を1ランク上げる。
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────

オベイロンの育成、クルーゼの能力など、「獣化」は例外的な影響が出やすく、資質の「+」要素に深く関わってくる。
(獣化は自分自身だから例外要素にあたる「+」が有効に働きやすいのかもしれない。)

ポケモンリーグの例外として、『獣化』能力を用いた「トレーナー」「サポーター」「ポケモン」三つでそれぞれ別大会に参戦することは可能。

  • 『ハーフ』に『天賦の才』を継がせると『血継天賦』となるのは、『天賦』を継ぐ正当な方法じゃない為。
    • 『血継天賦』から『団子』をとろうとすれば、『天賦の才』ごとなくなってもおかしくはない。
  • 『天賦の才』から『ハーフ』に継承が行われる場合、虹の力(『団子』)のみが受け継がれる。
  • 『血継天賦』からの継承が行なわれる場合、『天賦の才』が丸ごと受け継がれる。
    • 『天賦の才』━━虹の力(『団子』)━→『ハーフ』
    • 『血継天賦』───(丸ごと)→ 『天賦の才』

▼『ハーフ』(混血人)
エドモン・ダンテス / 「蒼魔族」
シスター・カーミラ / 「吸血鬼」
ティファ・範馬 / 「ラクシャーサ」
シノン / 「アタランテ」
アーサー・ペンドラゴン / 「セイバー」
ゴトフリート / 「バルクホルン」
トバルカイン・アルハンブラ / 「吸血鬼」
サン / 「ワーウルフ」
毒島華花 / ???
ハザマ / 「ライダー」
エルフィ・フォン・ブラウン / 「村正」
トランクス / 「ベジータ」
ユーミル / 「ドワーフ」
リリルカ・アーデ / 犬系獣人
エイナ・チュール / 「エルフ」
ティファニア・ウェストウッド / 「エルフ」
アルゴ / 「ネコビト」
更識楯無 / 「ウンディーネ」
オベイロン / 「エルフ」
ラウ・ル・クルーゼ / 「クシャナ」
ハセヲ / 「シックザール」
アクア / 「ウンディーネ」
エレナ・ブラヴァツキー / 「キャスター」
ゴッド・リー / 「ウンディーネ」
アティ / 「ネコビト」
レオン・D・S・ゲーステ / 「ナイトレオ」
野曽木蓮 / ???
レイブン / 「吸血鬼」
ルーテシア・アルピーノステンノ&エウリュアレ / 「ライダー」
エミリア / 「エルフ」

▼『ハーフ』(ポケモン)
レオーネ / 「ナイトレオ」
琴里 / 「イフリート」
エネク / 「ランサー」
範馬刃牙ジャック・ハンマー / 「ラクシャーサ」
にゃん太 / 「ネコビト」
ハンナ・ルーデル / 「ハンス・ルーデル」
リザ・ワイルドマン / 「ワーウルフ」
アカツキザイード / 「アサシン」
織田信奈 / 「織田信長」
アルトリア・ペンドラゴンオルタベルカ / 「セイバー」
ゲルトルート・バルクホルン(五期) / 「バルクホルン」
シスター・リリィ / 「吸血鬼」(『固有種』)
ルーナ / 「トルメキア」
/ 「ナムリス」
リュー・リオン / 「エルフ」
バリー・ザ・チョッパー / 「ベルセルク」
ティナ・スプラウト / 『ヒトクイ』
リナリー・リー / 「ウンディーネ」
フィッシャーマン三世 / 「フィッシャーマン」
七代目ブッキー / 「ドワーフ」
ハインリーケ・P・Z・ザイン・ウィトゲンシュタイン / 「ハインリヒ・P・Z・ザイン・ウィトゲンシュタイン」
Ms.フォーチュン / 「ネコビト」
メドゥーサ / 「ライダー」(『固有種』)

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
副管理人です
現在、神 ◆t3BWP2Ah3Qが投稿を行っていた掲示板自体が削除された為、神自身との連絡が取れない状況となっています
神自身が何か伝えたいことがありましたら、このwikiを使って下さい
新しくポケマス用の板が欲しいという事であれば、その相談も受けます
このwikiは神最優先です。そして他作者様のスレ運営、その参加読者の一助の為に継続します
それ以外の頁は機を見て削除します