管理人多忙につき、管理に協力して頂けるメンバーを募集しております。wiki右上検索バー横の「参加する」から申請できますので、よろしくお願い致します。※副管理人からは許可していません。予めご了承下さい

僕の考えた○○/トレーナー(パーティ)/五期用


※※※ 作成中 ※※※
旧シリーズ→僕の考えた○○/僕トレ初心者向けまとめ


ページ概要

このページはあくまでいち参加者のノウハウによる僕トレ初心者向けのページです。
少しでも新規参加者様の負担軽減となれば幸いです


↓使用推奨
僕の考えた○○/トレーナー(パーティ)用テンプレ

↓よく使うwiki内ページ
ポケモン図鑑 / タイプ別
オリジナル技
 ・カテゴリ別
 ・タイプ別
オリジナル特性
ポテンシャル一覧
システム・設定
世界観・用語
四大資質

資質について

  • トレーナーの資質によって出来ること、出来ないことがはっきりと決まっている。
  • まずは作りたいトレーナーの資質について確認しよう。
参考ページ
四大資質

固有ポテンシャルについて

  • トレーナー(AA)キャラ最大の特徴。
  • トレーナー(AA)キャラや戦法(パーティの傾向)に合ったものが望ましい。ただし原作通りを推奨するわけではない。
  • 場の状況、自他全体もしくは自分のパーティに影響するものが多い。
  • 作りなれていない場合、まずはポケモン側のポテンシャルの発動条件にできるものを考えてみるとよい。
  • 条件を複雑にせず、1つのポテンシャルに多くを詰め込まず、シンプルなものがよい。ターンカウント等、バトル中に神の管理が大変になるものなら尚更。
  • 相手トレーナーやポケモンに直接干渉するものはルール違反になりやすい。
  • 「能力」資質により保有できる数が決まる。
  • 「育成」型は固有はないものとして考えても良い。
  • 主人公は資質詐欺なので「育成」型の参考にはしない方がいい。
    • 考える上で参考となる固有
「技能拡張」により、PTの全員が技「ばくねつサーブ」を繰り出す事が出来る。 この固有ポテンシャルによって繰り出す技は命中率の体感値が正常化される。
「技能拡張」系の固有は主に育成型がPT全員が繰り出せるようにしている場合や、高位の能力型が単発の高威力技として採用する傾向にある。
「技能拡張」による能力ランクは基本的に「Cランク」であり、技の性能(タイプ、威力、優先度、追加効果)や発動条件(回数制限、発動タイミング等)次第でランクが変動する。
(一例として「能力:C+」では「ねこまっしぐら」に「場に出て最初」の制限が付いたが、「能力:B+」では「くろねこまっしぐら」が無制限に使用できる。)
「ばくねつサーブ」のようないわゆる「固有技」の場合、「能力:C+」で実質「B」ランク相当として扱われることが多い。
ほとんどの場合トレーナーが直接繰り出す形になるため、それが可能な配役で納得させること。育成(フィジカルお化け)・能力(人間やめてる)に多い理由でもある。

場にポケモンが出た時、低確率でT終了時まで場にいる全員の特性を「ねっけつ」に変化させる。 このポテンシャルは「決勝戦」の時必ず発動する。
絶対に真似してはいけない例。
主人公の真似事が云々ということではなく、固有で確率を条件とすることがNG。
PTの動きを固有に振り回されることになる上、戦法にも組み込むことが出来ない。これは種族ポテンシャルを考える場合にも通ずる。
自身の特性が「ねっけつ」に変化した時(絶対変化するとはいってない)等。使い物にならない。

敵陣に同じ『役割』のポケモンがいる時、自陣のポケモンを相手より先に行動させる事が出来る。
条件を相手にも求める『役割』関係の固有。充たす難易度が高い分得られる効果も非常に大きい。
ここから考え始める場合は役割を多く持てる配役、条件を満たせない場合でも問題ない圧力を持つ配役を考えるなどに流れが向く。
一応相手に依存する固有は当然イレギュラーなケースに弱いということは覚えておこう。
味方の『役割』の発動時、~とすると充たす条件の難易度がいくらか下がるので、効果も相応にセーブされる。初心者向けはこちら。

相手トレーナーの「指示」を1ランク下げる。 味方を場に出す時、T終了時まで相手の全能力値を半減することが出来る。
僕の考えた強い固有にありがち。初心者が真似するのはおすすめしない例。
ジャンルが「威圧」なのでどちらも方向性は間違いなく正しいが、次に続かない。
状態変化(状態異状)ではなく相手の状況のため、ポケモン側の「相手が○○状態の時、」といったポテンシャルの条件として使用できない。
結果、6体分のデータを固有と直接絡めさせずに考えることとなり、負担が増える破目になる。
基本的には固有からポケモン側のポテンシャルに流れが自然とつながるよう意識するとよい。

自身の『指令』が発動した時、T終了時まで味方を「迎撃」状態にする。
指示型に多くみられる『指令』発動系の固有。
上述のように「固有からポケモン側のポテンシャルに流れが自然とつながる」点がポイント。
『指令』を受けた時~「迎撃」状態の時~とイメージが湧き、迎撃を生かせる体力自慢や『指令』を使わない速攻アタッカー等の配役も浮かんでくる。
一つの固有にどれだけ想起と発展の余地があるかも大事な要素となる。

味方が場に出て最初に繰り出す技の優先度を+1する。
相手に「死のカウント」が発生している時、相手の技の優先度を「-1」に変更する。
それぞれ速射と死霊術というジャンルの異なる能力型の固有だが、共通しているのは技の優先度を変える能力であるということ。
「優先度を±する」は加算減算、「変更する」は書き換えのため、効果として強力なのは後者。優先度+4の技「まもる」が優先度-1になり優先度0の「たいあたり」を防げなくなる。
ただし、使い勝手の良さでいえば間違いなく前者。これは両者の条件を見れば一目瞭然である。
優先度に関するポテンシャルを考える場合、条件付けが適切かよく考えること。
また、優先度変更すら無視する「相手より先に行動する」「一番最初に行動する」類のポテンシャルについては同様以上に考えたい。

T開始時、自陣のポケモンの特性を「ファーコート」に変化させる事が出来る。
味方の攻撃が急所に当たった時、技のクリティカル倍率が3倍になる。
特性系の固有は大別すると「場のポケモンの特性を変化させる」「固有自体が特性と同じ効果」の二つに分かれる。
変化の場合、「いつ」「味方と相手のどちらの」特性を「どうやって」変えるのかを考える必要はある。
ただし固有の内容自体を捻り出す必要がないので、変化先の特性も含めて構築の自由度は比較的高い。
同じ効果の場合は逆に、統一PTを考えるようなイメージを持って構築するとよい。
これは全員が同じ二つ目の特性を持つことと同義なため。どちらかといえばPTポテンシャルに近いかもしれない。
その特性の効果を固有にする理由が、作るPTの最大の特徴になるはずである。
どちらにも言えることだが、選択する特性はよく吟味すること。全員「特性:かたやぶり」は強いか弱いか、ありか否か。

7/試/先行 「炎/水/草/電/氷/地/岩」から任意のタイプを1つ指定する。 味方の攻撃命中時、相手に指定したタイプによる体力の1/8のダメージを与える。
アカン、こんなんじゃ僕全然イケないですわ…。
回数制限が条件付けの意味を成してないし、効果もしょっぱい。統率型らしさもない。
攻撃以外のダメージはポケモンのポテンシャルへの発動条件にはなるけど、設置技でも撒けばいいで終わりになるしな。
固有に回数制限を設ける場合、ローリスクローリターンではなくハイリスクハイリターンを心掛けるとええよ。
それと原作再現の意識が先行すると、やりたいこととやってることがちぐはぐになりやすいから注意しましょ。

大会中、自身の率いるPTを最優先【H】指定にする。 試合中、全体の場に《 エンペラースタジアム 》を展開することが出来る。
1試合1回。 5Tの間全体の場に《 スプリントロード 》を展開することが出来る。
ఫీల్డ్ రంగంలో ప్రాథమికంగా ప్రధాన రకం అధిక స్థాయిలో ఏర్పాటు, లేదా సామర్థ్యానికి రకం ఒప్పందంలో భాగంగా ఉంది.
ఒక నిర్దిష్ట సంఖ్యలో ఏకైక మధ్య ప్రత్యేక ఏదో ఉంది, కానీ నియమాలు పరిశీలించేందుకు రక్షణ ఉండాలి సాధారణంగా అదే. తారాగణం మరియు ప్రభావం సరిపోలే, సంభావ్యత వంటి చుట్టుకొన్న లేదు.
వారు సంభావ్య ఒక నియమంగా నేరుగా ఉపయోగించవచ్చు ఎందుకంటే ప్రారంభ కోసం కూడా చేతిని సులభంగా ఉంది, అది PT · అధికారాన్ని సామర్థ్యాన్ని మరియు "పాత్ర" కొన్ని అనుసంధానం అనివార్యం ఎందుకంటే పోరాడింది.
(ఇది ఒక ప్యాక్ మరింత భావించడం లేదు ప్రాథమిక, మరియు కోర్సు యొక్క ఒక నిర్దిష్ట ఆఫ్. పట్టించుకోకుండా పోలి సంభావ్య నుండి)
బదులుగా ప్రత్యేక ఒక శక్తివంతమైన ఒక విజ్ఞానవంతులైన కొన్ని మరియు ప్రయోజనాలు యొక్క కలగలుపు గురించి ఆలోచిస్తూ ప్రారంభించడానికి ప్రయత్నించవచ్చు.
అదనంగా, పోవలసినది ఇతర పార్టీ జరిమానా విధించడం ప్రభావం యొక్క ఆలోచించడానికి కల్పించుకోకుండా.
అది ఎక్కువ సామర్థ్యాన్ని రకం ఒక ఉదాహరణ అయినప్పటికీ, దానికి మార్పులు ఉంటే చివరకు ఒక సామర్ధ్యం తో చొప్పించబడింది.
ఫస్ట్ క్లాస్ సామర్ధ్యం రకం స్ప్రింటర్ సైక్లింగ్ రోడ్ రూపొందించు పోతే, ఉదాహరణకు, మొదటి తరగతి సామర్థ్యాన్ని రకం Yamaotoko ఏ ఫన్నీ విషయం కూడా మిడ్వింటర్ యొక్క clairvoyant పర్వత రూపొందించు చేయవచ్చు అని.

(訳)



参考ページ
「能力」型
異能者
威圧
フィールド形成
技能拡張
死霊術・呪殺
速射

種族値について

  • 実機における数値をランク化したものを各配役に当てはめる。
S…200~
AAA…170~195(-~+) AAA++…199
AA…140~165(-~+) AA++…169
A…110~135(-~+)  A++…139
B…90~105(-~+)   B++…109
C…60~85(-~+)   C++…89
D…40~55(-~+)   D++…59
E…1~35(-~+)    E++…39
  • エース(二枚看板)の場合、「先手を取って」「攻撃を受けて」等、ポテンシャルとともに相手を倒すビジョンを明確にしながら考えるとよい。
  • アタッカー(先発他)の場合、実機でイメージが近いポケモンや600族(バンギラス、ガブリアス等)を基準にし、安易に超えないような範囲で考えるとよい。
  • 受け(バウンス)の場合、軽減ポテンシャルや体力と合わせて考えるとよい。
  • 回転役(リンカー)の場合、一点のみ高くそれ以外は低め等ピーキーな性能をイメージして考えるとよい。
  • 固有ポテンシャル等で種族値が上昇する場合も、元の種族値を初めに決めて(書いて)おくとよい。
  • 戦闘中に種族値が不規則に上昇(下降)するポテンシャルは控えるべし。
  • 「要統率:A」に該当するポケモンは種族値が高めに設定される。
  • 『獣化』トレーナーの選手時の種族値は自身の資質に影響を受ける法則がある。
  • Sまで振り切る場合、技幅技数等にも一定の制限を設けるべし。
  • 体力はマスクデータではあるが、存在していることを忘れてしまわないように。平均はC~Bあたり。
  • 種族値の「++」はやる夫の『リボン』によって発生する特殊な状態なので注意。
  • 「種族値のタブー」の一つとして、「攻防:AA」のキャラの「特防」「速」は抑えるというものがある。
攻撃
なまくらサイコカッターでも振り回して、どうぞ。 資質と同期等と合わせて。 実機ちからもちメガクチートがここ。(S/230)
AAA(-~+)基本的に純粋な筋力で叩きだせる数値ではない。 外的強化や資質と同期等と合わせて。 実機メガヘラクロスがここ。(AAA/185)
AA(-~+)「まもる」無しや技数技幅の制限が入りだす。 特性や『鍛錬』等で引き上げられるライン。 実機メガジュペッタがここ。(AA+/165)
A(-~+)一般的に言う高火力。 物理アタッカーとしてはこれくらいあれば十分以上。 実機ガブリアスがここ。(A/130)
防御
デザートとして頂かれ思考停止ヘビボン連打。 外的強化や資質と同期等と合わせて。 実機メガボスゴドラがここ。(S/230)
AAA(-~+)吐き気を催す耐久。 バウンスとしては体力やタイプと要相談。 実機パルシェンがここ。(AAA/180)
AA(-~+)現実的に存在する超耐久型ポケモン。 バウンスとしてはタイプと要相談。 実機フォレトスがここ。(AA-/140)
A(-~+)一般的に言う高耐久。 バウンスとしては軽減ポテンシャルやタイプと要相談。 実機グライオンがここ。(A/125)
特攻
「とくこう:S」でwiki内検索すると「全国大会で千日手など恥を知りなさいよね!」と罵られる。 資質と同期等と合わせて。 実機に該当者なし。
AAA(-~+)滅多なことでは超えられない数値。 外的強化や資質と同期等と合わせて。 実機メガゲンガーがここ。(AAA-/170)
AA(-~+)特殊アタッカーとして相当な火力。対戦環境は物理よりなことを忘れずに。 実機メガリザードンYがここ。(AA/159)
A(-~+)一般的に言う高火力。 特殊(両刀)アタッカーとしてはこれくらいあれば十分以上。 実機ゲンガーがここ。(A/130)
特防
「とくぼう:S」でwiki内検索すると【うずしお】や【しおみず】の追加攻撃がとんでくる。 資質と同期等と合わせて。 実機レジアイスがここ。(S/200)
AAA(-~+)吐き気を催す耐久。 バウンスとしては体力やタイプと要相談。 実機メガバンギラス@砂嵐がここ。(AAA/180)
AA(-~+)現実的に存在する超耐久型ポケモン。 バウンスとしてはタイプと要相談。 実機ヌメルゴンがここ。(AA/150)
A(-~+)一般的に言う高耐久。 バウンスとしては軽減ポテンシャルやタイプ、体力と要相談。 実機ハピナスがここ。(A+/135)
「すばやさ:S」でwiki内検索するとアンディとフランクが出てくる。 なんで攻/特攻もSなんですかね。 実機レジエレキがここ。(S/200)
AAA(-~+)およそ多くの種族値を犠牲にすることとなる。 ダメージの速計算を武器にする者が多い。 実機デオキシスSフォルムがここ。(AAA/180)
AA(-~+)『アシスト』によくみられる速度。 上記と同じく他の種族値を犠牲にしている場合が多い。 実機テッカニンがここ。(AA/160)
A(-~+)現実的な火力との兼ね合いがギリギリ可能な値。 アタッカーに速A以上は細心の注意が必要。 実機ミュウツーがここ。(A/130)
体力
=スイカップの意。 エナジーボールとは相いれない仲。 実機ハピナスがここ。(S/255)
A~AAA(-~+)『巨人殺し』ライン。 『金冠サイズ』や『モンハン』等は要意識。 俺マスにおける空母(艦娘)の最低ラインがここ。(A-/110)
C~B(-~+)だいたい最初か最後に決まる項目。 配役と比較しこの辺に収まれば問題なし。 実機リザードンがここ。(C/78)
参考ページ
ハーフ(五期)
天賦の才/金冠サイズ
「育成」型

分類ポテンシャルについて

  • 『固有種』はそのポケモン1体のみなので被りに注意。
  • 『変種』は原種とタイプが同じ。
  • 『デルタ種』の元ネタはポケモンカードゲーム。詳細はポケモンwikiを参照。
  • 『メガシンカ』は今のところ専門家のメイ、ホウエン地方Bランクトップのクルーゼのみ。
    タマムシ大学は研究機関なので古代種に詳しい教授もいるが、メガシンカについてはサッパリとのこと。
参考ページ
分類ポテンシャル(五期)
天賦の才/金冠サイズ

種族ポテンシャルについて

  • ポケモンの主な特徴・戦法。
  • 基本的なルールとして特性の効果を超えないこと。
  • 効果を高める場合、条件を設定すること。
  • 「育成」の資質によりどの階梯まで取得できるかが決まる。
  • 「天賦の才」等、例外的に自身で第四階梯まで成長するポケモンも存在する。
  • 一部の高性能な種族ポテンシャルは「天賦の才」限定。

参考ページ
「育成」型
種族ポテンシャル(五期)

専用ポテンシャルについて

  • トレーナーが使用する、ポケモン毎に設定されるポテンシャル。
  • 固有ポテンシャルの穴を埋めたり、そのポケモン(の性能)をサポートするものが多い。
  • 「必中追尾」「先行とんぼ」「三角効果」などの類型をはじめとしたポケモン単体のものから、味方全体へのポテンシャル付与、大会エントリー枠の増加等
  • 固有ポテンシャルよりも融通が利き細分化され多様。
  • 「能力」資質により保有できる数が決まる。
  • 「能力型」はポケモンの資質を無視したりより高度な専用ポテンシャルを設定可能。
参考ページ
「能力」型
専用ポテンシャル(五期)



【僕トレ向け種族ポテンシャル効果内容テンプレ】

  • よく使われるポテンシャル等の一部
  • 言い回しの統一は神の負担を軽減し、わかりやすくする
  • コピペしてそのまま使えます
  • ここに無くとも既存のポケモンが似たようなポテンシャルを持ってないか探してみよう。

交代系
『○○○の輸送』… 相手の攻撃を受けた時、味方と任意交代することが出来る。(スカサハ曰く「鍛えれば誰でも覚えられる」。「輸送」以外にも様々な名前の場合が多い)
『○○○の輪廻』… ○○の時、T終了時に味方と任意交代する事が出来る。(スカサハ曰く「相手をひきつけながら撤退するのは相応の才能が要る」)
『○○○の旋回』… 場に出て2T目のT終了時、味方と任意交代する事が出来る。
『○○○の装填』… 「まもる」等の技で相手の技を無効化した時、味方と任意交代することが出来る。
『○○○の吹戻』… 「まもる」等の技で相手の技を無効化した時、相手を強制交代させる。

軽減系・剛性
『○○○の胸甲』… 自身が攻撃を行っていない時、相手の技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『○○○の甲板』… 場に出た時、T終了時まで自身の「防/特防」を2倍にする。
『○○○の大楯』… 自身が場に出て最初に受ける技のダメージを半減する。
『○○○の剛性』…  相手の「威力:50」以下の技を無効化する。

参考ページ
「育成」型
種族ポテンシャル(五期)


【僕トレ作成に役立つツール】

  • 外部リンクは繋いでおりません。
  • あくまで作成者個人でよく使用するツールです。
  • 「」でWEB検索して下さい。
「(´д`)Edit」
「OrinrinEditor」
コピーしてスレに貼られるので、最初からAAとしてズレの無い状態に。
「JaneStyle」 他
過去ログを残しておいて、ログ検索してどんなキャラが居たか どんなポテンシャルがあったか確認しよう。 板への負荷軽減にも。

【僕トレ作成に役立つWEBページ】

  • 外部リンクは繋いでおりません。
  • あくまで作成者個人でよく使用するページです。
  • 「」でWEB検索して下さい。
「google」
検索ツール。なんでもござれ。 下のWEBページへ行くのにも使えます。
「AAMZ Viewer」
「新・マンガ総合AA保管庫」
「KakoTemp」
まずはAA探しから。
「yahoo!辞書」
神も使ってる!?WEB辞書。 漢字1字から、それに関する言葉や単語を探せる。※サービス停止 ポテンシャル名に行き詰ったら。
「類語辞典・シソーラス - Weblio辞書」
「google」で「単語 類語」で検索すると大体トップに出てくる。 他の言い回し、近い意味の言葉を探すのに便利。 ポテンシャル名に行き詰ったら。
「必殺技辞典」
原作があるなら、検索ワードにそれを追加。 名前や能力(効果)をうまく取り入れよう。
「ポケモンwiki」
実機のことを検索するなら。
「ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)」
なんだかんだで僕トレ作成の参考にしています。
「ポケモンの複合タイプ組み合わせ評価ツール XY版」
ポケモンのタイプにチェックをいれるとそのタイプに対応した、抜群(2倍、4倍)、半減(1/2、1/4、無効)が表示されます。※サービス停止
「ポケモン タイプ ツール」
実機にはないタイプ組み合わせを作る際、使います。
他「ポケモン 中国名」等で検索すると、(新規)ポケモンの種族名のヒントが得られたりします。
とにかく基本はキャラ名や単語による検索です。

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
副管理人です
現在、神 ◆t3BWP2Ah3Qが投稿を行っていた掲示板自体が削除された為、神自身との連絡が取れない状況となっています
神自身が何か伝えたいことがありましたら、このwikiを使って下さい
新しくポケマス用の板が欲しいという事であれば、その相談も受けます
このwikiは神最優先です。そして他作者様のスレ運営、その参加読者の一助の為に継続します
それ以外の頁は機を見て削除します