中々、企業間契約での法的整備が整っていない中、一方的な規約内容・契約内容変更が一部出店者の中では話題になっている。本wikiにて規約変更へ契約変更等をまとめる。

「楽天市場における問題点(編集はこちらよりお願いします)」のコメント一覧へ

コメント詳細

これもトピックに入れておいていいのかも。

2019年4月17日
公正取引委員会は17日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の取引実態に関するアンケートの結果を公表した。
「一方的に規約を変更された」との回答が一部の巨大ITで9割を超えたほか、出店や出品が認められなかった際の理由について「説明がなかった」との回答も多かった。一方的で不透明な取引慣行に対する取引事業者の不満が浮き彫りになった形で、政府はこうした厳しい「下請け構造」の是正に向け、取引環境を整備するルールづくりを急ぐ。

調査対象は、ネット通販を行うオンラインモールにおいて取引事業者を対象に行れたものである。

■規約を「一方的に変更された」と答えた出店者の割合
楽天 93.2%
Amazon 72.8%
YAHOO 49.9%


■上記規約変更において 変更後の規約で店舗側にとって
「不利益な内容があった」と答えた出店者の割合
楽天 93.5%
Amazon 69.3%
YAHOO 37.7%


■モールの利用料に「問題がない」と答えた出店者の割合
尚、問題があると考える理由では「他のオンラインモール
と比べて高額」「利用料に合理的な根拠がない」「交渉の
余地なく一方的に決められた」といった回答が多かった。
楽天市場 2.2%
Amazon 27.4%
YAHOO 70.8%


■モールの検索結果に「問題がない」と答えた出店者の割合
楽天市場においては「検索アルゴリズムが不透明」との回答が目立った。
楽天市場 14.5%
Amazon 27.7%
YAHOO 33.3%

7
Posted by 少し前の記事ですが 2019年09月01日(日) 00:09:49

どなたでも編集できます

メンバー募集!