岡山大学の抱える問題点を告発し、大学執行部による懲戒処分の背景を解説します。

「トップページ」のコメント一覧へ

コメント詳細

【岡山大学訴えられる】これはひどい。被害者の方に心よりお悔み申し上げます。大きな心の傷を負った症状は重く、岡山大学は真摯に受け止め、謝罪とケアに全力で取り組んでほしい。
■脳死し肺を提供した男児(当時1)の移植手術の様子を、事前に説明なく放送されたとして、男児の両親が4月中旬にも、番組を放送したTBSと手術をした岡山大学病院、日本臓器移植ネットワークなどを相手取った損害賠償訴訟を広島地裁に起こす。両親が5日、東京都内で記者会見を開いた。
 両親と代理人弁護士によると、番組は2017年7月に全国放送された。移植医に密着取材する内容で、両親には放送前に連絡はなかったという。肺が画像処理されずにそのまま映っており、番組を見た男児の母親は髪の毛が大量に抜けるなど精神的苦痛を受けたという。母親は「夢で息子に会うことだけが慰めだったのに、夢の中の姿さえ肺になってしまい唯一の安らぎを奪われた」と話した。
 また、男児の名前などドナーだと直接わかる情報は含まれていなかったが手術した日などから知人に知られたとし、プライバシーの侵害に当たるとした。
2019年4月5日 朝日新聞デジタルより抜www.asahi.com/articles/ASM4456MHM44ULBJ00L.html
岡山大学病院には訴状が届いているよね。
今後の移植に対するイメージの低下も招いた責任は重大。岡山大学病院企画・広報職員は懲戒処分を受けてください。この失敗を機に、もっと丁寧な広報活動をせよ。移植ドナー登録者の減少を招く要因を作り出した責任は重責。室長は辞職し、組織を改編しなさい。

0
Posted by 緊急報道局 2019年04月17日(水) 22:28:40

管理人/副管理人のみ編集できます