岡山大学の抱える問題点を告発し、大学執行部による懲戒処分の背景を解説します。

岡山大学職員組合からの要求に対する理事の回答

2014年4月11日に岡山大学職員組合より以下の要求が行われましたが、4月18日付の阿部理事の回答はそれに対して正面から向き合うものではありませんでした。
20140418組合だより
20140528組合だより(回答)

このページへのコメント

3.論文不正に関しては問題なかったと岡山大学の調査委員会が結論を出していますが、メディアなどにはその結論に疑いがあるという意見があります。調査委員会の結論に納得できなかった場合、異議申立をする制度が岡山大学にはあり、今回森山氏はそれを行ったけれども取り上げられなかったと報道されています。異議申立が適切に取り上げられなかったと判断した場合は、それに対する方策が残されているのでしょうか。

0
Posted by 名無し 2016年03月04日(金) 23:30:57 返信

3.論文不正に関しては問題なかったと岡山大学の調査委員会が結論を出していますが、メディアなどにはその結論に疑いがあるという意見があります。調査委員会の結論に納得できなかった場合、異議申立をする制度が岡山大学にはあり、今回森山氏はそれを行ったけれども取り上げられなかったと報道されています。異議申立が適切に取り上げられなかったと判断した場合は、それに対する方策が残されているのでしょうか。

0
Posted by 名無し 2016年03月04日(金) 23:00:36 返信

そこで、現在の状況を理解するために以下の質問を致します。岡山大学にとって大変重要な問題と考えていますので、文書で2月10日までにご回答頂きますようお願い致します。1.森山氏らは懲戒解雇ではなく普通解雇であると報道されていますが、普通解雇とはどのような制度でしょうか。本件処分に至った手続きについても教えてください。また森山氏らが懲戒解雇ではなく、普通解雇となった理由は何でしょうか。2.メディアなどでは論文不正を告発したために解雇されたという論調で報道がなされていますが、岡山大学職員が論文不正を外部に告発した場合、岡山大学からの解雇を検討されることが一般的にあるのでしょうか。

0
Posted by 名無し 2016年03月04日(金) 22:58:46 返信

岡山大学職員組合「組合だより」第196号・2016年2月17日より抜粋(以下、原文まま)
『2/1「普通解雇および論文不正問題に関する質問書」を提出しました』現在、メディアなどで報道されている元薬学部長森山氏と元薬学部副学部長榎本氏の解雇問題と森山氏が告発した論文不正問題については、岡山大学職員組合にも岡山大学内外から多くの問い合わせもあり、大変憂慮しています。何より岡山大学からの公式な情報がほとんどないため、岡山大学の教職員は事情がよく分からず、大変困惑しております。また、岡山大学の悪い風評が広がるのではないかと危惧しております。

0
Posted by 名無し 2016年03月04日(金) 22:56:28 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます