アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

超高校級の幸運。 学園に抽選で選ばれた超高校級の幸運の持ち主。 飄々としていて、つかみどころのない性格。 自称「超高校級の超高校級マニア」でもあり、超高校級の才能の持つ希望の力を信じている。

矛盾点

ハイジャック事件

2の通信簿イベントにおいて、「小学生の頃ハイジャック事件を経験した」と語られているが、第4話の最後に出てきた履歴書には「中学生の頃」と書かれている。
なお、BDでの修正はされていない。

海外旅行

7話にて、飛行機に乗っていたことを示唆するシーンがあったが、アイランドモードの狛枝は飛行機を苦手としている。

…考えてみたんだけど、戦闘機って相当悲惨だと思うんだ。だって脱出装置が壊れてたら最後の瞬間まで意識がありそうだし…。万一、脱出できたとしても、無事に地面の上に着地出来るとは限らないだろう?怖いよ…戦闘機は…

小高:アニメ第1期で苗木のシャワーシーンがあったんですが、あれがすごく衝撃的で。
アニメ第1期では僕はシナリオ監修だけだったので、放送で観たときに「まさかの苗木のケツ!」と思い(笑)。
これは次も、やらざるをえないと。
オトメディア 2016年10月号より (9月10日発売 絶望編9話放送終了後)

なお、小高氏はTwitterで絶望編の感想。ダンガンロンパアニメの苗木のシャワーシーンを見て、絶対に例のシーンだけは入れたいと思いました。と語っている。
絶望編は尺が足りず、どのキャラも描写不足感がぬぐえないのにも関わらず、今回のような今後の伏線にもならないギャグシーンをねじ込み該当のキャラクターまでもが崩壊するという結果になった。

なお、この疑問点については狛枝役の緒方氏がパーソナリティーを務めるラジオ『緒方恵美の晴天ヘキレキ!Vol.44』にてゲストの海法氏に「狛枝は飛行機が苦手だったのではないか?」との質問が寄せられた。
海法氏は説明しようとするとラノベ三冊分くらいになるとは発言したが、結局質問内容には答えていない
その程度のノリでキャラに矛盾を生じさせてしまったのかと落胆するファンもいる。

疑問点・残った謎

停学の意味

試験の中止を訴えるため決行された作戦がきっかけで、4話にて無期限の停学処分を下された。
しかしながらその停学そのものがなにかしらストーリーに影響を与えたわけでもなく、ファンの間では「必要なかった」と言われることが多い。
ストーリー展開に邪魔だった説
2における狛枝はストーリーをひっかきまわすいわゆる「トリックスター」的な立ち位置であったため、今回の絶望編のストーリーを円滑に進める際に持て余してしまうからなのではないか。
実際2の狛枝も2章は監禁、3章は絶望病、と行動制限が多い。

管理人/副管理人のみ編集できます