アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

超高校級の希望。 第十四支部所属。希望ヶ峰学園78期生。 元・超高校級の幸運。 コロシアイゲームで絶望を打ち破ったことから「超高校級の希望」と呼ばれている。 絶望の残党を匿ったとして、未来機関から糾弾されている。 特別な才能はもたないが、前向きなのが唯一の取り柄。

未来編の主人公。絶望編にも少しだが登場している
無印ダンガンロンパの主人公だが当時より髪型や顔つきが変わっており青年っぽくなった
一応未来編の主人公なのだが出番が少なくあまり活躍しない

評判

活躍の少なさ

主人公という立場でありながら未来編での彼の活躍は少ない
そのためよく何もしていないのでは?と言われてしまう。
一応彼が作中でした行動を抜き出してみると
  • 分裂した仲間に対して自らのNG行動を晒しながら演説を行い協力を呼びかける
  • 月光ヶ原(モナカ)と共に外部に救助を求める
  • 暴走し仲間を皆殺しにしようとする宗方と対決し彼を止める
  • トリックを暴くために自ら囮になる、黒幕の狙いを暴く
など文字にして書き出すと何もしていないわけではないというのがわかる
だが上記の行動の大半が何か良い結果に結びついたかと言われるとそれも難しく演説はあまり効果がなく救助を要請した十神たちは逆に助けに来て崩落に巻き込まれてしまった(一応外で襲われていた葉隠を十神が救出しているので全くの無駄ではないが)
結局活躍らしい活躍は宗方を止めたことと襲撃者のトリックを暴いたことぐらいだろうか
苗木の出番に対しての発言
ゲームとして言葉を武器に戦ってきた苗木が、真の戦場に放り込まれたらどうなるのか…それが『ダンガンロンパ3』のコンセプトの1つでもあります。
その中でも彼の希望を輝かせるにはどうしたらいいか?という点が一番苦労しました。
結果的に「希望は伝染する」という彼の言葉に集約される形となりました。
戦えるキャラクターではないので、『1』のときほどは活躍できませんが、宗方との決着のシーンは声優さん達の演技もあいまって、震えました。
ダンガンロンパ3 Blu−ray BOX 未来編公式設定資料集より引用

―苗木くんは、テレビアニメの『ダンガンロンパ3』で、再び主人公を務めました。
ゲームとアニメでは、作りかたに違いはありますか?
小高:ゲームと比べて、視聴者とシンクロさせることはあまり考えませんでしたね。
アニメの場合は、主人公の視点よりも、もっと高いところから作品に触れると思います。
苗木の視点に偏りすぎないように、もっと群像劇として楽しめるように、意識して作りました。
ファミ通 2017年2月23日発売号 記事・「ゲーム的主人公。」より引用

曰く、苗木の活躍シーンがあまりないのは戦うキャラでないため。さらに、群像劇として楽しめるようにとのこと。
それにしても希望ヶ峰シリーズ最終話での活躍のしなさはすごいものである。

設定補足

幸運の才能
周囲からは超高校級の希望と呼ばれるようになっているが幸運の才能(?)は健在の模様
同じ幸運という才能から狛枝とよく比較されるが苗木の幸運についてはよくわかっていなことが多い
おそらく「不運な目にあうが結果としてそれが幸運につながる」というものだろうか?
江ノ島は苗木の幸運は狛枝と違い波がありそのせいで分析できないと評価していた
ちなみによく作中で苗木に起きた事例や現象をなんでもかんでも幸運に結びつけようとする人がいるが苗木の幸運が原因で起きたものについては他のキャラクターなどが「幸運のくせにツイてない」「全然幸運じゃない」ときちんと説明しておりこれは苗木の幸運のせいだという補足が入るようになっている(例えば部屋のシャワールームのドアノブや希望ヶ峰学園への入学など)のでそれ以外は大体何も関係ないと思われる
そもそも運という才能自体が主観でも客観でも観測しにくいものなのでこういった補足を入れるのはある意味当然だろう

管理人/副管理人のみ編集できます