極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

368 名前:おりこ☆マギカ[sage] 投稿日:2011/07/26(火) 23:14:28.94 ID:/qLieiup

私の行く手に居る生徒の群衆の中に、一人だけ服装の違うのが混じっていた。
いや、生徒ではない、教師だ。確か去年英語を教わった、早乙女先生だ。童顔で生徒と変わらない背丈なものだから、つい間違えてしまう。
当時は、単に子供っぽい変な教師だと思ったが、今ならその魅力が良く分かる。
なんて可愛い人なんだろう。私は思わず後ろから彼女に抱きつく。突然の抱擁に、彼女が小さく悲鳴を上げる。
ごめんよ、織莉子。これは決して浮気なんかじゃないんだ。君への思いは何時だって永久に変わらないよ。でも先生への欲求もまた、抑えきれないほど強くなっているんだ。
私は思わず彼女にキスをする。その艶めかしい首筋に、肉付きのよい腕に、豊かな胸に、柔らかな頬に、耳たぶに、唇に……
その都度、彼女は悲鳴を上げる。男をとっかえひっかえしてるくせに、どうも、この先生は初心らしい。
私はそれにかまわず彼女への口づけを続け、そのまま押し倒した。
目の前で繰り広げられるお子様には見せられない展開に、生徒たち一堂が悲鳴を上げる。
構うもんか、私はなおも早乙女先生への口づけを続ける。ああ、可愛い先生、あなたの全てはもはや私のものなのだ。


二巻P65で、キリカの使い魔がキリカの人格を持ってたら、というifです。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます