極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

501 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 10:08:53.19 ID:zrbPa1+Q [1/2]
レイプ魔に乳首を食いちぎられるようなのを書くとすれば、ここか…


503 名前:501[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 11:10:47.70 ID:zrbPa1+Q [2/2]
「ぐぎゃぁ〜〜〜〜っ!」
これまで体験したことのない激烈な痛みに、女性はまるで獣のような悲鳴をあげた。
体を押さえつけていた男のうち一人が、口を押えた。
二人がかりで手と口を押さえつけられた女性は、唯一自由になっている両足をバタバタと動かした。
スカートがめくりあがって、太腿はおろか下着まで丸見えになっていることを気にする余裕など、あるはずもない。
「ん〜〜〜っ!ん〜〜〜〜っ!」
手で口を押さえられながらも必死でうめく女性を、主犯の男は女性のお腹に乗っかったまま
ニヤニヤ笑いながら見下ろしている。
口に血を滴らせて…。
プッ、と自分の掌に女性の乳首を吐き出した。
指でつまみ、まるで女性に見せびらかすように上下に軽く動かした。
(ああ…)
あり得ない位置でユラユラと揺れているそれを見て、本当に食いちぎられてしまったんだわ、と
絶望に突き落とされる女性。

「今すぐこれを持って病院に行けば、たぶん元通りになるだろうなあ」
(…えっ?)
最悪の絶望にいる女性は、根拠のないそんな男の言葉にも必死にすがろうとしていた。
「でも俺、そんなに優しくないしい…」
「ん〜〜〜っ!ん〜〜〜〜っ!」
女性は再び、激しくうめいた。それは「お願いです!それを返してください!」という哀願だった。
(どんなことでもします!だ、だからそれを…)
しかし男は、そんな女性の熱望をあざ笑うかのように、こう言った。
「さーて、これどうしよっかな〜」
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます