極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

325 名前:RQ 桧山ひろこの受難[sage] 投稿日:2012/10/12(金) 13:14:10.22 ID:kUBn0UB9 [1/5]
オリキャラRQを題材にしました。


「っん!放してぇ!!放してって言ってるでしょ!んっん゛ぁあ゛…んっん!!」
あたしは髪を掴まれて、引っ張られながらそこに来た…所謂、拉致られたってやつ……。
「ぅん゛ぁあ!!…ちょ…マジでありえないわよ!!」
あたしは乱暴に投げ飛ばされるように埃塗れのソファに突き倒され…すぐさま、立ち上がろうとすると…ノート型PCを突き付けられた。
「…な、なによ…し…知ってるわよ……」
そのディスプレイに写しだされたHP…寒気がするほど気持ち悪くって…ムカつくページ……
『RQ桧山ひろこを嬲り殺しにする会』…あたしはそのHPの存在を知っていた…。
元はあたしが冷たくあしらわれたヤツが腹いせに立ち上げたHPみたいで…兎に角、気持ち悪いページだった。
手足を捻り千切るだの…内臓を引き摺り出すだとか……兎に角、私を嬲り殺す手段を色々書き込みあってる、キチガイ共の溜り場…。
まぁ、彼らにとって私は、非人…家畜らしいけどね。
「…で…マジで殺す(ヤル)気…だとでも言う気……」
薄気味悪い笑みを浮かべる、あたしの前に立つ気持ちの悪い男を睨み付ける。
その男、ノート型PCを弄って、また、あたしに見せてくる…。
「バ、バッカじゃないの!!」
あたしはノート型PCを払い退けた。男がわざわざ見せた画像…
ホント、寒気がした……あたしがギロチンに掛けられている画像と…晒し首にされてる画像だった…。

「マジで気持ち悪いし、アタマ可笑しいって!!なんで?当然でしょ!?無視して悪いわけ?誰にでも愛想振り撒けって!?
出来るわけ無いじゃん?眼中に入るのもいやなの!!キモイのよ!!」
あたしは怒鳴りつけてやった…この手のやつ等って、こうやって怒鳴りつけたら逃げていくから……でも…。
「…っんぁあ゛!!…ぅう゛っん…ぁあ゛ぁああっ…!!」
そいつは違った…思いっきりあたしを殴って、髪を捻るように掴んであたしを引き上げた……こいつの目…イっちゃってるよ……。

「…っん゛ぁくぅんっん!!…ぁあっん…ぅう゛っぶぅん゛っん…ん゛っん…んっん!!」
そいつ…あたしの口に無理やりクスリみたいの捻じ込んだ…そして、ペットボトルを押し込む…あたしは飲み込んじゃったの…。
「…っはぁあ!!はぁあ!!どけっ!!」
あたしはそいつを押し倒して、立ち上がった……あれ…?
立ち上がってあたしはすぐに倒れこむ……床がぐにゃぐにゃしてる……まるでゼリーみたいで…。
「…ぐぅぶぅうっん゛!!…ぅう゛ぅん…ぅうんっん!!!」
とっさに口を押さえたけど間に合わずに、あたしは吐いた…頭が痛い…チカチカする……床がぐにゃぐりゃしてる…目が回る……。

「…っんはぁあ…はぁ、はぁ…はぁあ………」
腕を引っ張り上げられ、自分でも笑えるぐらいのふやけた声を上げた。
だらしなく半開きになった口元…覗かせる舌……涎まで垂らしてたよ…あたし……。
指を絡ませ…数回撫でられ……そいつに針を見せられた…そして…。
「…ぅくっん…ぁあ゛ぁあぁあんっ!!!」
そいつは爪の付け根に針を突き刺した…あたしは、身体を震わせながら声をあげる。
「…ぅんくぅんっん!!ぁあ゛ぁあっ…ぁあ゛ぁあんっ!!」
腕を取られたまま、あたしは何度も頭を振る…痛いだけじゃない……。
「…き、きもち…いい……」
マジで可笑しいって思うけど…気持ち良いだ…これが……。
「ぅん゛ぁあ゛ぁあっん!!…ぁあ゛ぁあっん!!!」
針は貫通して、反対側から飛び出る。あたしはイっちゃった時のような顔で声をあげる。
「っんぁあ…ぁあぁあんっん!!ぃいいっ!!はぁ、はぁあ…ぁあっあ…もっとぉ…ねっ?こっちにも…この指にも…刺してぇ!!」
あたしは指を広げた両手を震えながら差し出すようにそいつに向かって伸ばす。
「…ぅぐぅう゛!!ぁあ゛ぁあん゛!!ぁあァ゛ぁあ――んっ!!ひぃ、ひぃい…はぁ、あはっ…あははっ…」
あたしの指全部に針が突き刺された…真っ赤に染まった指……。
「…っうんっん…っんふぅっ…ふぅっ…ふぅんっん…はぁあ…」
身体が熱い…全身、汗だく……髪が纏わり付く……。
「…ぅん゛ぁあ…っんはぁあ…ぅんっんはぁ…ぁあぅんっん…はぁあっああ!!」
あたしは我慢出来なくなって、その指で胸を揉み扱き…お腹なんかも撫で回した…。
「…ぁあっんぁあ!!ぉいいぃっん…っんはぁ、はぁああ!!」
お腹はあっという間に傷だらけ…それでも構うことなく、スカートに手を忍ばせ……。
「ひぃっ!!ぁあ゛ぁぁあ!!ぎぃやぁあ゛――ぁああ!!!」
オナろうとした瞬間、腕を引っ張られて、そのまま叩きつけるように床に突き飛ばされて…その上、手を踏みつけられた。
「…はぁあっぁあ…ぁあっあ…ぁあっああ…」
床に突っ伏して、瞳を震わせ…だらだらと唾液を垂らすあたしにPCの画面が突きつけられる。
「この屑、オナろうとしてるぜ」「キチガイごみ屑女が拷問されてラリってやがる」「屑!ただひたすらに屑!!」
今のあたしの姿はネットで晒されてるみたい…キチガイ…ごみ屑……あたしに投げつけられた罵声……。
口元が卑猥な形に歪む…気持ち良い…もっと…あたしを蔑んで……壊れたんだな…あたし…。

多分、さっき飲まされたクスリ…それが影響している…あたしを狂わしているんだろうなぁ…

「…っんはぁあ…はぁあ…っんはぁあ…ぁあっん…ひぃ、ひぃん…」
あたしは男に命令されるままに、膝立ちでトップスを捲りあげた。
指を貫通した針で傷を付けながら、両胸を差し出すように下から持ち上げる。
「…っんはぁあ…ぁあっあ…っんはぁあ…ぁあ…っはぁあ…」
胸は引っかき傷で血が出てる…あたしは胸を張りながら身体を逸らす…。
「あっあ…えへっ…えへへっ…はぁ、はぁあ…はぁ…」
あたしは男性の手にしたそれに、期待を込めて視線を向ける。…真っ赤になった大きな杭…。
「ぅくぅんぁあ゛ぁああ゛!!!ぁあ゛ぁあっはぁあっん!!ぃい゛ひぃいぃい!!」
あたしは二人掛りで押さえつけられ、その杭を右の乳房に突き刺された…。
「ぁあ゛ぁぅん!!ぁはぁん゛…ぉお゛ぉお!!…ぉお゛ぉおおお!!!」
熱く熱しられた杭は脂肪を焼き溶かしながら、あたしの乳房の中を進んでいく…。
大きく見開いた血走らせた瞳…髪を舞い乱れさせるようにデタラメに振り回す。
「…ぉお゛ぉお…ぉお…ぉお゛ぉお…!!」
熱を感じて下を見ると、右の乳房を横に貫通した杭が飛び出している…。垂らした唾液が杭の上でじゅっと音を立てて煙を上げる。
「…ぎぃいひぃい!!ぃぎぃいい!!ぉお゛ぉおおお!!!」
あたしはデタラメな声をあげながら、身体を海老反らせる。右胸を貫通した杭が今度は左胸を貫通して行くように突き進む…。
「…ぅぐぅんぁあ゛ぁあ!!ぎぃい…ぎもぢぃいいいぃいっ!!あ゛ぁあ!!ァ゛ぁあぁああ!!」
押さえつけられた身体を大きく仰け反り、或は捩りながら悶える。
「…ぅぐぃひぃい…ぁあ゛ぁあ…ぁあ゛ぁああ…ぉお゛ぉお…ぉお…っはぁあ、はぁ…はぁあ…」
杭はあたしの両胸を貫通した…いやな匂いがする……あたしはその杭に指を絡ませるようにして乳房を揉もうとした。
「ぅぐぅん゛ぁあ…ぅぅうう゛っん…!!!」
じゅっと音がする。杭はまだ熱くてあたしの手は火傷する。それでも…
「…ぅう゛ぅんはぁあ…はひぃ…ひぉいぁはぁ…あはっ…はぁああ…ぅんんっん!!えへっ…えへっ…」
乳房を揉み扱いた。気持ち良い…あたしの胸串刺し…気持ち…いい……?
「ぎぃやぁああ!!!痛ぁあ゛!!いだぁいい゛!!!ぎぃやぁああ゛ぁあああ!!!」
あたしは激痛に身体をネズミ花火のように床をのたうち回った。
「い、いいぃい…いだぃい!!ぎひぃいひぃい!!あぁあ゛ぁあああ!!」
さっきまであんなに気持ち良かったのに…何で…何で…。
がちがちと震えながら両手で顔を抑える…。
「ぅぐぃいひぃい゛ぃい!!!」
顔は引っかき傷だらけになって、血塗れになる。
「…ぉお゛ぉおぉお…ぉおぃぎうぃいひぃい…ひぃい!!ど、どうじでぇえ゛…どうじでぃだいのぉお゛!!!」
あたしは床に這い蹲りながらそいつに手を伸ばす…縋り、救いを求めるように…。
そいつは笑って、床に錠剤状のクスリをばら撒く……若しかして…。
「…はっぶぅんっん!!ぅぶぅんっぶぅん゛…はぁ!!はぁあっ…」
あたしは貪りつくようにそのクスリを口に押し込む…そう、このクスリさえあれば…。
「…ぅぶぅっん!!…ぉお゛ぉおぉお!!ぅごぉ゛ぉおごぉぇええ!!」
苦しい…苦しい……あたしは胸に息苦しさを感じて、喉や胸元を掻き毟る。
当然、針が傷をいっぱい付ける。そんな事より…苦しい…。
「…ぉお゛ぉおっん゛…ぶぶっぶぅぶっん…ん゛っん…!!!」
…後になって例のHPの書き込みを読ませて貰ったところ…「ホント、ひろこのやつ死に掛けのゴキブリみたい」だ、そうです。
デタラメに攀じ曲げた手足…泡を噴出し…白目を向き出して痙攣していた…そうです…。

「……………」
天井が見える……あたしは気を失っていたんだろうなぁ……。
今は床に横たわっているみたい…。
「…ぐぅげぇえぶぅうぅう!!!」
横たわらせた身体がくの字に跳ね上がる。え?今見えたの…。
「…ごぉぉお゛ぅぉお゛ぉおお!!…ぅごぅげっげっ…ぁあ゛ぁあ゛ぁあ…げほっ!!ごぉおぇえ゛ぅう゛…」
今、あたしのお腹…杵って言うやつで搗かれてる…。
「…ぉお゛ぉあ゛ぁぁああ゛!!!」
また、搗かれた…お腹がぐっぷり凹んで、少ししてその杵を押し戻す…。
「ぉお゛ぉぐぅうえ゛ぇえ!!ぉお゛ぉお!!ぉお゛ぉお!!…ぅぐぅう゛ぅん!!!」
あたしは床に転がり回って、吐いたり…血なんかも吐いてる。
でも…どんなに痛くっても、転がり回った後はちゃんとあたしのお腹…叩きやすいポジションに戻す…。
言っちゃった…ほら、あたし…イっちゃってるからさぁ…。
「…き、気持ちいい…も、もっとぉ…つ、搗いてぇ……」
…だってさ…。頭の後ろで腕を組んで、腰を振る……犯して…の時と同じ誘うセクシーポーズってやっで…。
「…ぅう゛ぅぐぅうげっげぇえ゛ぅ!!!…ぉお゛ぉお…ぉおぉ…ぉお゛ぉ…!!!」
お腹を搗かれながら、合間、あいまにスカートの下に手を捻じ込んでオナっちゃった…。
「ぅぐぇええ゛!!ぉお゛ぉお!!…ぉおごぉおっぉお!!…ぉお゛ぉおお!!」
何回も血を吐いて、顔中…血まれ……大口を開けては血の糸を引き、突き出した舌なんかにも血の糸が絡んでる…。
顔中そんな感じだから、髪なんかもべっちゃびちゃ……酷い状況だね…でも…。
「…き、気持ち…ひぃい゛…も、もっとぉお!!…ぅぐぅげぇえ!!…っぉお゛ぉおお!!!」
ヤバイぐらい気持ち良いだよ…。
そうこうしてる内、お腹は紫色になっちゃって…そう、そう…血のおしっこまで出ちゃってる…。
「…ぶぅっぶぅう゛ぅん゛!!!」
もう、声も出ない…出るのは血だけ…。そうそう、お腹を叩かれるとぐちゃって音が頭に響き…凄く良い音…。
跳ね返していた杵も、もう、ぐちゃってお腹に沈むだけ…。あぁ…もう、内臓がぐっちゃぐっちゃ…自慢のお腹…腹筋もズタズタなんだろうね…。

あたしはこの先も、クスリが効いてる最中はヨガリ狂い……クスリが切れた瞬間、激痛にわめき散らし…
…クスリを与えられたら、ゴキブリのように死に掛ける惨めな姿を晒す……これを繰り返すのだろう…。
例の『桧山ひろこを嬲り殺しにする会』には、あたしのその姿が動画や写真で載せられ…書き込まれる拷問を受け続ける…。
HPのトップに出てるあたしの生首…あれがいつか本物とすり替わる日まで……。



以上です。お邪魔しました。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます