Although it’s not getting quite so much publicity, visual search is changing the way we interact with our environment, too.

新しい批評は一般的に「精読」の手法で特定されているという事実にもかかわらず、その主要な福音の指標であるウェレックとウォーレンの文学理論(1956年、最初に発行された1949年)が、読者への言及と、項目「reading」への2つ以下の短い参照。 1つ目は、「読書の大衆」、適切な文学の研究に対する「外因性」への関心です。 2つ目は、著者が文学(「創造、芸術」)と文学研究(「知識または学習の種」)を区別する必要性を概説する冒頭の章の最後の段落にあります。彼らは、文学研究の最優先の基本的な目標は、科学の方法とは異なるものの、「有効な知識の方法」の名声をエミュレートする方法の組織であると主張している。
文学研究は読書の芸術だけに役立つと言うことは、組織化された知識の理想を誤解することですが、この芸術は文学の学生にとって不可欠かもしれません。 「読書」は批判的な理解と感性を含むほど広く使われていますが、読書の芸術は純粋に個人的な耕作に理想的です。このように、それは非常に望ましいものであり、広く普及した文学文化の基礎としても機能します。しかし、超個人的な伝統として考えられている「文学奨学金」の概念を置き換えることはできません。
Storytelling for business
私たちが見たように、私たちが見たように、リチャーズの重要な立場から離れる鍵となる、客観的で知的に有効な規律の利益のために、読書の主題をこのように抑圧することは目的でした。批判が実行可能で自明の規律になる場合、ウェレクとウォーレンは、物事に根ざしており、そのオブジェクトの存在モードに「本質的」であることに懸念を抱かなければならない。結果として、文学理論は理論的に「実践的批判」とその必要なエージェントである読書主体を包含するように作られています。この変化はほぼ同じ理由で起こりますが、リチャーズの「実践的批判」が「原則」を包含したため、逆になっています:批判的慣行が無秩序で終わりのない「一連のライセンス」に変わるのを防ぐために(Wimsatt 1970a、 p。27、最初に公開された1954年)は、文学的な意味の解釈について。
芸術作品の概念化された「超個人的な伝統」への「読み」のウェレックの従属は、形式主義的および構造主義的理論で強化された、より大きな区別(固有/外因性、私的/公共、通時的/シンクロニックなど)の一部ですプラハ言語サークルとの関係からインポートされた概念(Hawkes 1977、pp。74–5を参照)。この構造は、コールリッジから受け継がれ、リチャーズによって永続化された、一見不可解な問題から逃れる主題の完全な理論に対応することを目的としています。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます