ゲーム概要

恋人同士がキスをするまでには、いくつかのステップがあります。
どのようなステップを踏むかは恋人次第。
素敵なキスを重ねていきましょう。

ゲーム情報

  • プレイ人数:2〜5人
  • プレイ時間:10分
  • 対象年齢:12歳以上

ルール

内容物
・カード:36枚(1-9:各4枚)
・説明書:1枚
・チップ:白10枚、黒20枚
 (チップはご自分でご用意ください。チップの代わりに紙とペンでもOKです)
概要
このゲームは手札を使い切る(アガる)ことを目指すゲームです。
アガることができれば白いチップを獲得します。
手札を受け取ってから、いずれかのプレイヤーがアガるまでを1シーズンと呼びます。
シーズン終了時に手札が多いと黒いチップを受け取ります。
誰かが黒いチップを3枚受け取ったときに、白いチップが多い人の勝利です。
準備
(1)すべてのカードを裏向きにして混ぜ、裏向きのまま1つの山札を作ります。
(2)各プレイヤーは山札から5枚ずつカードを引き、手札にして、自分だけがカードの内容を確認します。
(3)スタートプレイヤーを決めます。スタートプレイヤーは最近階段をのぼった人です。もしくはじゃんけん等で決めてください。※(3)は最初のみ
流れ
(1)スタートプレイヤーは好きなカードを1枚手札から表向きにして場に出します。
(2)左隣のプレイヤーは場に出されているカードより、1だけ大きいカード1枚を表向きにして場に出します。
 出せない場合もしくは出したくない場合は、山札からカードを1枚引いて手札に加え、パスします。引いたカードはすぐには出せません。
 山札がない場合、山札からカードを引きません。この場合はパスをするのみです。
 パスした後、他のプレイヤーがカードを出した場合、パスしたプレイヤーもカードを出すことができます(ソフトパス)。
(3)カードを出したプレイヤー以外の全員が連続でパスをしたら、場にあるカードをすべて流します(ゲームから除外します)。
 最後にカードを出したプレイヤーから(1)を行います。
(4)出したカードが9だった場合、場にあるカードをすべて流します(ゲームから除外します)。
 9のカードを出したプレイヤーから(1)を行います。
(5)誰か一人のプレイヤーが手札を使い切ったらアガりです。
 アガったプレイヤーは白いチップを1枚受け取ります。
 その時、一番多くの手札を持っていたプレイヤーは黒いチップを1枚受け取ります。
 最多の枚数の手札を持っているプレイヤーが複数いる場合は、最多の枚数の手札を持っている全員が黒いチップを1枚受け取ります。
 今のシーズンでアガったプレイヤーを次のシーズンのスタートプレイヤーにして、次のシーズンを「準備」から始めます。
終了条件
いずれかのプレイヤーが黒いチップを3枚受け取ったら、ゲーム終了です。
黒いチップを3枚受け取ったプレイヤーはゲームから脱落します。
脱落していないプレイヤーの中で、もっとも多くの白いチップを持っているプレイヤーが勝ちです。
白いチップの枚数が同じ場合はそのプレイヤーの中で黒いチップが少ないプレイヤーの勝ちです。
それでも勝負がつかないときは勝利を分かちあいましょう。

クレジット

  • ゲームデザイン:佐藤敏樹
  • イラスト:ツクダヒナミ
  • スペシャルサンクス:高橋幸子先生、ぽてさん
  • 発表:α版 2023年5月13日

デザイナーズノート

とっかかり
今年長女が中学受験をしたのですが、その入試の待ち時間、その学校の図書室で何気なく手に取った雑誌に「交際の12段階」が紹介されていました。
これは産婦人科医の高橋幸子先生が提案されているもので、交際には段階があるというものです。
1段階目の「目と目が合う」から始まり、「言葉を交わす」「並んで歩く」という具合にだんだんと親密度が増していきます。12段階目は「性器の挿入を伴う性行為」となっているのですが、昇順に並んでいることに「ロストシティ」のようなゲーム性を感じました。
このリアルな段階が楽しく、みんなで遊んだら面白そうと思い、ゲームとして開発することを決めました。テーマ的に段階を大きく飛ばさない(数字を飛ばさない)方がいいだろうと考え、いろいろなルールを試していきました。

つづきはこちら↓

他サイトの情報

ゲームマーケット:
ボドゲ―マ:

参考ゲーム

  • ページワン
  • ニューマーケット(トランプゲーム)
  • ラマ

管理人/副管理人のみ編集できます