日本の政治家の生い立ちや経歴についてまとめたサイトです。主に関東の政治家を中心にまとめておりますが、将来的には全国ネットで政治家の生い立ち・経歴をまとめていきたいと考えております。関東の主な政治家、松本文明(東京都)、萩生田光一(東京都)、中谷真一(山梨県)、長崎幸太郎(山梨県)、奥野総一郎(千葉県)、小西洋之(千葉県)、今野智博(埼玉県)、関口昌一(埼玉県)、水戸将史(神奈川県)、三宅隆...など

■武田良太氏の生い立ち

福岡県田川郡赤池町生まれ。叔父は元衆議院議員の故・田中六助氏である。
高校は福岡県立小倉高等学校卒業。高校卒業後は早稲田大学文学部に進学した。

■武田良太氏の経歴

1992年 大学卒業後、衆議院議員亀井静香氏の秘書となる。

1993年 叔父の田中六助氏の地盤であった旧福岡4区から自民党公認候補として衆議院議員総選挙に出馬した。しかし、最下位で落選した。

1996年 衆議院議員総選挙に自民党公認候補として福岡11区から出馬するも落選。得票数は3位だった。

2000年 衆議院議員総選挙に自民党公認候補として福岡11区に再度出馬。無所属議員に破れ落選。得票数は2位だった。

2003年 衆議院議員総選挙に無所属で福岡11区から出馬。自民党公認候補を破り初当選。初めて出馬してから10年かかっての初当選となった。当選後は自民党系の無所属の新人議員が集まり院内会派の「グループ改革」を結成した。

2004年 自民党入党が認められ、入党後はかつて秘書を務めた亀井静香氏率いる亀井派に所属。

2005年 衆議院議員総選挙には自民党の公認が得られず無所属で出馬。公認を得られなかった理由は郵政民営化法案の採決で反対したから。選挙では無事当選した。2選目。なお当選後は郵政民営化法で賛成している。

2006年 自民党に復党。亀井派から山崎派(現在の石破派)に入会。

2007年 衆議院法務委員会理事に就任。早稲田大学大学院公共経営研究科に入学。

2008年 福田康夫改造内閣で防衛大臣政務官に就任。その後麻生内閣でも務めた。

2009年 衆議院議員総選挙には福岡1区から出馬。自民党から公認を得た他、公明党からも支援を受け当選。自民党公認候補として当選したのはこの時が初めてだった。3選目。衆議院海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会理事就任。

2010年 自民党遊説局長就任。山崎派を退会。無所属での活動を始める。

2012年 衆議院議員総選挙に福岡11区から自民党公認候補として出馬。当選した。4選目。衆議院安全保障委員長、自民党国防部会長に就任。

2013年 第2次安倍内閣で防衛副大臣に就任。

2014年 衆議院議員総選挙に福岡11区から自民党公認候補として出馬。当選した。5選目。衆議院外務委員会理事、自民党副幹事長就任。

2016年 自民党幹事長特別補佐就任。その他、決算行政監視委員会理事、幹事長特別補佐兼副幹事長、安全保障調査会事務総長、地方創生実行統合本部筆頭副本部長、スポーツ立国調査会幹事長としても活動している。

■武田良太氏の趣味特技など

絵画、書道、ゴルフ、音楽鑑賞が趣味。
信条は「正規堂々」

■武田良太氏に関するリンク

自民党 たけだ良太オフィシャルホームページ
https://www.ryota.gr.jp/#firstPage

武田 良太 | 国会議員 | 議員情報 | 議員・役員情報 | 自由民主党
https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator...

衆議院 武田良太君
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.ns...

自由民主党福岡県支部連合会
https://fukuoka-jimin.jp/
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます