戦国花札合戦を攻略するための初心者向けのよくある質問。




初心者が引くべきガチャはどれ?

  • 初心者のうちは、所持武将が少ないので金剛石を貯めて10連をやるのがおすすめ。
    • 10連は10回分の金剛石で11武将入手できるので、シングルのガチャをやるよりお得になっている。
  • お得にガチャをやるコツは、イベントガチャや選抜武将ガチャが入れ替わったタイミングの初回だけやるのがおすすめ。
  • イベントガチャはガチャ画面の1番上のガチャで、イベントによって5日から10日で入れ替わる。
    • 初回は25個、2回目40個など、消費金剛石がお得なガチャになっている。
  • 選抜武将ガチャはガチャ画面の2番目のガチャで、毎週水曜日に入れ替わる。
    • 選抜武将ガチャは特定の武将の排出率がアップし、強い兵法や計略の武将がピックアップされる。
    • 初回は30個で10連+1ができる。
  • イベントガチャや選抜武将ガチャなら、55個の金剛石で22武将を入手できるので、所持武将数が少ない初心者が効率的に武将を集めることが可能。
    • イベントガチャはステップアップ形式なので、まわすほどお得なガチャになっている。
      • 金剛石215個貯めれば55武将入手でき、さらに3回目、4回目、5回目は1番強い武将シリーズの【極】の排出率が2倍、3倍に上昇。【極】の排出率だけがあがるガチャはイベントガチャのだけなので5回やるのがお得だと思われる。
  • イベントガチャと選抜ガチャを初回だけやると、金剛石2.5で1武将獲得できる。
    • 金剛石215個貯めてからイベントガチャを5回やると、金剛石3.909個で1武将獲得でき、イベントガチャの初回だけまわすのに比べて金剛石は割高だが【極】の入手確率は最大3倍になる。
    • なおイベントガチャの煌ガチャでは、4回目に【極】相当の限定武将カードである【煌】が1枚確定するのがおいしい。
  • 215個を無料で集めるのは大変なので、金剛石を購入するのもあり。金剛石はSALEやパックがあるので通常より安く買うことができる。
(※開催中のガチャイベント


敵について

甲斐姫に勝てない

  • 甲斐姫に勝つ方法は2パターンある。
    • 攻撃が10,000以上のデッキにする。
      • 1文で10,000のダメージを与えることができる。6文であげれば60,000ダメージがでる。
    • 対局ごとに攻撃が上昇する兵法を使う。
      • 対局ごとに攻撃が上昇する兵法を持つ武将を総大将にする。持っていなければ援軍を探す。
      • この兵法を使えば、「ダメージを与える⇔回復される」を繰り返しているうちに対局回数が増えて攻撃力があがっていき、攻撃力が甲斐姫の兵力を超えるので超えたタイミングで一撃で倒せる。
(※回復する敵の攻略

ダメージが全然与えられない

  • あがった文数のダメージしか与えられないのは、敵の防御が強く防御値を超えられないからである。
  • 防御値が高いことを「高防御」という。
  • 基本的な倒し方は、固定ダメージの計略を発動させて倒す。
  • 固定ダメージの計略とは、敵の防御値を無視してダメージを与えることができる計略のこと。
(※高防御の敵の攻略

敵が札を取るとダメージを受けて負けてしまう

  • 敵が札を取るたびにダメージを受けるのは、敵の特殊効果で「ターンダメージ」という。
  • ターンダメージには、「ターンダメージ蒼」と「ターンダメージ紅」の2種類ある。
ターンダメージ蒼の対策
ダメージの強さ・防御値が高いほどダメージを受ける
・属性効果が高いほどダメージを受ける
対策・できるだけ防御の低いデッキにする。
・デッキに入れた武将の防御の合計がマイナスになるとダメージを受けない。
・防御値をマイナスにするには、防御値がマイナスの武将を入れる。
・回復の計略を入れる。
(※ターンダメージ蒼の攻略

ターンダメージ紅の対策
ダメージの強さ・攻撃値が高いほどダメージを受ける
・防御値が低いほどダメージを受ける
・属性効果が高いほどダメージを受ける
対策デッキの防御が高く、攻撃が低いデッキにする。
・防御が上昇する兵法を使う。
・回復の計略を入れる。
(※ターンダメージ紅の攻略

敵があがった時に計略が発動してダメージが増えた

  • 計略の中には、自分の攻撃値が増えるし、受けるダメージが増える計略がある。
  • 敵があがった時に受けるダメージが増えるリスクがある分、与えるダメージの増加率が高くなっている
  • 計略の説明には、「攻撃値とダメージが増加。」と書いてある。

対局について

だるまの意味は?

  • だるまは、対局中に突如現れるボーナスゲームが始まる合図である。
  • だるまが出現するクエストは、合戦クエストと覇王演技と一撃必殺である。
  • 出現確率は非公開だが、覇王演技は対戦武将選択画面にだるまのアイコンと出現率が表示されている。
(※だるま・乱入について

兵法効果リセットって何?

  • 兵法効果リセットとは、対局毎に強くなる兵法や累計こいこい回数で強くなる兵法の効果がリセットされる敵にギミックである。
  • 兵法の効果がリセットされると、その対局から再度1からのカウントになる。
  • 対局回数に影響しない兵法には関係ない。
(※兵法効果リセットの解説

対局が始まる前のデッキの炎は何?

  • デッキボーナスが適用された場合に炎があがる。
発生条件ボーナス内容
全ての武将の属性が重複していない全武将の計略効果が上昇する
全ての武将の属性が重複していない全武将の計略効果が上昇する
全ての武将が【極】武将(【煌】があっても可)ステータス(兵力と攻撃)が上昇
(※デッキボーナスの解説


属性効果ってなに?

  • 属性効果とは、自分のデッキと敵武将の相性といえる。
    • 騎馬属性や軍師属性など全部で9つの属性があり、騎馬には調略が強い、槍には騎馬が強い、軍師は忍者に弱い...という様に相性がある。
  • 属性効果は最大300%、最低20%以下である。
  • 属性効果が高いと、与えるダメージが増えて、受けるダメージが減る。
  • 属性効果が100%の時、10,000ダメージを与えるとする。この時属性効果が300%なら、30,000のダメージを与えることができる。また、属性効果300%の敵から受けるダメージは20%まで減少するため、属性効果が100%の時1,000ダメージを受ける場合、属性効果300%なら200ダメージ受けることになる。
  • 属性効果が高いと計略が発動しやすくなる。計略には一定確率など確率で発動する計略があるが、計略の発動確率には属性効果が影響するので、属性効果が高いことで発動する計略が増え、与えるダメージを増やしたり、受けるダメージを減らすことができる。
(※属性効果の基本

デッキについて

デッキ編成の順番って関係ある?

デッキ編成の順番は、重要である。
  • デッキ編成画面の1番上は総大将枠である。
    • 総大将に設定した武将は、ステータス(兵力・攻撃・防御)が2倍になり、兵法が適用される。
    • 初心者の場合は、無条件に【極】を総大将(1番上の枠)に設定することをおすすめする。武将のシリーズは、【極】や【真】など7種類あるが、1番強いのが【極】だからである。一番弱いのが【真】である。(参考:武将の強さ順
  • デッキ編成の順番通りに計略が発動するため、デッキ編成の順番でデッキは強くなるし弱くもなる。
  • 計略の中には、デッキの上の方にいれたほうが良い計略(補助系の計略)や最後に入れた方が良い計略(ループ系の計略)がある。
(※デッキ編成の基本

コストオーバーでデッキに入れられない

  • デッキコストは、ランクアップの際にあがることがある。
  • コストは金剛石1個につき、5コスト追加できる。
    • ショップメニューの「武将編成コスト」から追加可能。

総大将と副将の違いは?

  • 総大将はステータス(兵力、攻撃、防御)が2倍になる。
  • 兵法がデッキに適用される。
  • 総大将は、デッキ編成画面の1番の上の武将が総大将になる。

おすすめの総大将は?

  • 序盤はステータスが高い武将にすると良い。
    • 【極】がおすすめ。なければ【将】でも良い、
  • 一撃必殺や敵陣突破の攻略するなら、兵法の強さが活かせる【極】にすると良い。

強いデッキを編成する方法

  • 全部【極】にする
    • 全部【極】にするとデッキボーナスが入る
  • 武将を強化、進化する
  • 計略を強化する
  • 敵の武将に対して、属性効果が高くなるデッキにする。最大300%。
    • 敵が騎馬属性の場合は、デッキを全員調略属性にすると300%の力で戦える。
  • 総大将の兵法の効果が活かせる副将を選ぶ
  • 副将が強くなる援軍を選ぶ

兵法について

兵法ってなに?

  • 兵法とは、全武将に設定されているデッキを強くするための効果である。
  • 主に、ステータスを上昇させる兵法と、計略を強くする兵法がある。
  • 兵法は、総大将(デッキの1番上)と援軍に設定した武将の兵法が適用される。
    • たとえば、「騎馬の攻撃が上昇」という兵法を持っている武将を総大将にした場合、デッキ内の騎馬属性の武将に対し効果が適用されるため、副将や援軍に騎馬属性がいなければ、その兵法の効果は十分に発揮されない。
  • 初心者のうちは、兵法の内容で総大将を決めるより【極】の武将を総大将にした方が強い。
    • 兵法が良さそうな【真】を総大将にするより、兵法が活かせない【極】の方が強いので【極】を総大将にした方が良い。
    • 【極】を総大将にしてて勝てなくなった時は、なるべくレア度の高い武将の中から兵法の効果を活かせるデッキ編成をすれば良い。
(※兵法の基本

超上昇と大上昇ってどっちが強い?

  • 超上昇の方が強い。
減少←→上昇
極減少大減少減少微上昇上昇大上昇超上昇激上昇極上昇爆上昇
(※兵法の強さ

「こいこいする毎に...」と「累計こいこい回数」の違いは?

  • 「こいこいする毎に...」は、対局毎にこいこい回数がリセットされる。
  • 「累計こいこい回数」は、対局回数をまたいでこいこい回数をカウントする。
(※こいこい回数系の詳しい解説

兵法の使い分け

  • 敵の兵力の多さで使い分けたり、月齢によって使い分ける。
    • 兵法は月齢によって効果が強まる。
(※月齢の解説

計略について

計略ってなに?

  • 計略とは、ダメージを増やしたり、敵から受けるダメージを減らしたり、兵力を回復する効果のことである。
  • 計略は武将ごとに異なり、うまく使う事で対局を有利にすすめることができる。
  • 計略にはレベルがあり、計略レベルをあげると発動確率と効果が上昇し強くなる。(参考:計略レベルの上げ方
  • 計略は文数計算が終わったあとに発動する。
(※計略の基本

計略が発動しないのはなぜ?

  • 計略レベルが低い
    • 計略レベルが低いと発動しにくい。計略レベルを上げると発動確率も上がる。(参考:計略レベルの上げ方
  • 属性効果が悪い
    • 属性効果が悪いと計略レベルが最大でも計略は発動しにくくなる。(参考:属性効果とは)
  • 発動条件を満たしていない
    • 発動条件を満たしていないために発動しない。たとえば、「札役であがると発動する」など。
  • 防御系の計略しかデッキに入れていない
    • 「ダメージが減少する」という計略は、敵があがった時に発動する計略なので、自分が上がってダメージを与える時計略は発動しない。与えるダメージを増やしたいなら、攻撃系の「攻撃値が増加」と書いてある計略を入れる。
(※計略の基本

上級戦術書が足りなくて計略レベルを上げれないんだけど…

  • 最終進化した武将をさらに進化すると計略レベルが1つあがる。
  • 上級戦術書は入手が難しいので、【極】★7以外には使わないほうが良い。
(参考:最終進化した武将を進化させた場合

強い計略と弱い計略が知りたい

  • 計略の強さは、「確率発動する計略>条件達成で確実に発動する計略」になっている。
    • 確率発動の計略とは、「一定確率で」「低確率で」「高確率で」と書いてある。
    • 条件達成で確実発動の計略とは、「札役であがる」「7文以上であがる」などがある。
(※計略の種類

計略が2回発動する時としない時があるのはなぜ?

  • 初陣対象の武将は計略が2回発動する。
(※今の初陣対象の武将を確認する

計略レベルが5から上げれない

  • 計略レベルは、進化段階に応じて上限が決まっているので、計略レベルを6にするためには、1回進化させる必要がある。
(※武将進化について

武将について

コストって何?

  • 武将にはコストというポイントみたいなものがある。
  • 【闘】【覇】の強い武将はコストが高い傾向にある。
  • コストはデッキ編成の際に影響してくる。(参考:コストオーバーでデッキに入れられない

武将カードの【極】とか【将】とかってなに?

  • 武将カードの【極】や【将】は武将のシリーズを表している。シリーズによって開放できるレベルの上限やアイテム使用回数が異なるため、強さに影響する。武将シリーズは武将レア度とは異なる。

・武将シリーズの強さ順:【極】=【煌】 > 【将】 > 【絆】 > 【闘】 >= 【覇】 > 【真】 > 【素】
シリーズ特徴入手方法
【極】1番強いシリーズ。序盤はデッキに【極】を入れると効率よく攻略できる。【極】は最終的にレベル400まで上げることができる。デッキが全部【極】だとデッキボーナスが得られる。最終進化した【極】1まで極ガチャ確定券と交換できる。進化してない【極】5枚で極ガチャ確定ガチャ券と交換できる。イベントガチャ
選抜武将ガチャ
レア武将ガチャ
極ガチャ券
【煌】【極】同等のシリーズ。煌ガチャ限定のシリーズで、期間が過ぎると手に入らない。煌ガチャは4回目で1枚確定で入手できる。デッキボーナスの対象になる。イベントガチャ(煌ガチャ)
【絆】2番目に強いシリーズ。ガチャでの排出率が高いので進化させやすい。【将】は最終的にレベル350まであげることができる。最終進化した【将】5枚で極10%ガチャ券と交換できる。イベントガチャ
選抜武将ガチャ
レア武将ガチャ
【将】絆ガチャ限定のシリーズ。金剛石を使わず入手できるカードの中で強い方に入る。めったにでない。絆ガチャ
【闘】一撃必殺と敵陣突破でドロップするシリーズ。★4、★5、★6がある。序盤にあると強いが、コストが高い。指定された最終進化の【闘】を10武将集めると、交換限定武将の【覇】と交換できる。最終進化した【闘】5枚か【真】5枚を合成すると別の【闘】武将を作成できる。一撃必殺
敵陣突破
武将合成
【覇】覇王演義限定と交換限定がある。対局に勝利で入手できるので進化させやすい。序盤にあると強いが、コストが高い。最終進化した【覇】を5枚集めると、【素】の素材カードが作成できる。覇王演義
武将交換
【真】1番弱いカード。できれば早くデッキからなくしたい。序盤は合戦クエストをすすめていくと【真】のカードがたくさん増えるので、同じ武将を入手したら進化させ、デッキを圧迫したら強化素材にするのもあり。最終進化した【真】5枚を合成すれば【闘】武将を作成できる。合戦クエスト
絆ガチャ
【素】素材カード。デッキにいれて使用することもできるが弱い。素材カードは武将強化の際の素材に使用すると効率よく武将レベルをあげることができる。合戦クエスト
絆ガチャ
覇王演義
武将合成

防御がマイナスの武将の使いどころはどこ?

  • ターンダメージ蒼の武将の時に使う。
    • ターンダメージ蒼は、デッキの防御値が高いと受けるダメージが増えるため、デッキの防御値を下げるために使うことが多い。
(※ターンダメージ蒼の攻略

強力な武将カードがどうやったら入手できるの?



武将強化について

武将カードを楽に育てる方法は?

  • 武将カードを楽に育てるには、強化素材に素材カードを使うことである。
  • 素材カードは、覇王演義や絆ガチャで入手できる。
(※素材カードの入手方法

銭が足りなくて武将強化ができない

  • 銭が足りない場合は、対局で高い確率でドロップする招き猫を売却する。
売却金額が高いカード

武将進化について

武将カードはどうやったら進化できるの?

  • 武将進化は、同じ武将を使って進化する。
  • 進化は3回できる。最終進化させるには、同じ武将がさらに3枚必要になる。
※武将進化のやり方

同じ武将が手に入らない。同じ武将を2枚使う以外に進化させる方法はある?

  • 武将進化は同じ武将を合成する方法しかない。

武将レベルを200以上に上げるやり方は?

  • 勾玉を使うと武将レベルの上限を開放できる。
  • 武将レベルの上限を200以上に開放することを限界突破という。
  • シリーズによって、解放できるレベル上限が異なる。
(※シリーズ別のレベル上限
(※勾玉の入手方法

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


管理人/副管理人のみ編集できます