初陣とは

初陣とは、期間限定で対象武将の攻撃、兵法、計略が強化されるイベントである。
初陣イベントは、初陣対象武将の排出率が高い初陣ガチャと連動している。

初陣の効果

一撃必殺イベントで攻撃が2倍になる。
敵陣突破イベントで兵力が3倍になる。
計略が発動した場合、2回連続で発動する。
援軍は初陣効果の対象にならない。

初陣対象中の武将

期間:2020/6/5 3:59まで
No:547
【極】島左近
★★★★★★★ (7)
属性無双兵力(50)4798兵力(200)19192
コスト21攻撃(50)515攻撃(200)1024
シリーズ【極】防御(50)97防御(200)388
兵法累計こいこい回数に応じて無双の攻撃が上昇。
計略過ぎたるもの:一定確率で攻撃値が増加。計略レベルに応じて発動確率と効果が上がる。
  • 攻撃ステータスが高い無双の攻撃上昇兵法は強力。
  • 無双属性は300%の属性効果が出せる属性がいないが、ステータス上昇兵法を使うことで、属性効果300%の属性並みの火力が出せる。
  • 無双デッキの総大将に最適。

No:555
【極】井伊直虎
★★★★★★★ (7)
属性騎馬兵力(50)9548兵力(200)38192
コスト21攻撃(50)543攻撃(200)1157
シリーズ【極】防御(50)206防御(200)824
兵法女将と騎馬の全能力が激上昇。
計略おんな城主:一定確率で兵力が回復。計略レベルに応じて発動確率と効果が上がる。
  • 攻撃力と兵力が高い。
  • 女将と騎馬2属性のステータス上昇系の兵法は、回復の計略が必要な敵との対局に欠かせない。

No:585
【極】内藤昌豊
★★★★★★★ (7)
属性兵力(50)7584兵力(200)30336
コスト21攻撃(50)519攻撃(200)1092
シリーズ【極】防御(50)60防御(200)238
兵法槍と騎馬の全能力が激上昇。
計略馬上槍:一定確率で攻撃値が増加。計略レベルに応じて発動確率と効果が上がる。
  • 攻撃力が高い。
  • 槍と騎馬の2属性の全能力が上昇する兵法は、敵陣突破で活躍する兵法。
    • 複数属性は、単一属性対象の兵法より効果が弱いが、全員対象の兵法より強い。

No:586
【極】板部岡江雪斎
★★★★★★ (6)
属性調略兵力(50)8184兵力(200)32736
コスト18攻撃(50)461攻撃(200)987
シリーズ【極】防御(50)177防御(200)706
兵法調略の攻撃と防御が大上昇。
計略右筆評定衆:一定確率でダメージが減少。計略レベルに応じて発動確率と効果が上がる。
  • ステータスは全能力並み。
  • 計略は防御系。敵陣突破の弓一斉射撃と騎馬隊蹂躙のダメージ防御用に使える。

No:589
【極】織田信忠
★★★★★★ (6)
属性鉄砲兵力(50)6070兵力(200)24280
コスト18攻撃(50)480攻撃(200)993
シリーズ【極】防御(50)66防御(200)264
兵法残り兵力の割合が少ないほど鉄砲の攻撃が上昇。
計略木瓜紋:一定確率でダメージが防御値に関係なく250ポイント増加する。計略レベルに応じて発動確率が上がる。
  • ステータスは兵力系。
  • 兵法は強いが、効果を引き出すために兵力をできる限り減らす必要があるので、ターンダメージの敵の時が兵力調整しやすい。
  • 防御が高い敵に有効な固定ダメージ。250ポイントのダメージを与えられる。


期間:2020/5/18 3:59まで
No:584
【煌】北条氏康
★★★★★★★ (7)
属性騎馬兵力(50)5348兵力(200)21392
コスト21攻撃(50)527攻撃(200)1033
シリーズ【煌】防御(50)-156防御(200)-627
兵法対局毎に騎馬の攻撃が上昇。
計略向疵:10文以上で攻撃値が増加。計略レベルに応じて効果が上がる。
  • 対局毎に騎馬が強くなる兵法は【極】伊達政宗と同じである。(⇒対局毎に攻撃上昇する兵法の解説
    • 【煌】北条氏康を手に入れることによって、総大将に【煌】北条氏康、援軍に【極】伊達政宗を選び、且つ【極】や【煌】でデッキ編成すれば、同じ兵法を使いながら極デッキボーナスの恩恵を受けれる。
  • 10文以上であがると確実に発動する計略持ちなので使いどころはたくさんある。
    • 一撃必殺で高ダメージを出しやすくなる。
      • 使い方としては、計略が発動しないように9文以下であがり続けて、兵法効果(対局回数)リセットの直前で10文以上であがることで高ダメージが出せるだろう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


管理人/副管理人のみ編集できます